2013年01月01日

spin-off / BLUE MOON NIGHT -scene:1-








         :バード・バーの店内 -----

         :ジッポーの音 ---
         :タバコに火をつけ、軽く一口吸う男 -----


男    「もう、合わない方がいいと思う ... 君のためにも」

女    「そうなんですか ...? ホントに」

男    「ああ ... 本当に」

女    「(ポツリと)... そうですか ... 」


         :シェイカーの音 ---
         :やがてグラスにカクテルが注がれる -----


マスター 「お待たせしました ... どうぞ(グラスを置く)」

女    「 ... どうも ... 」

男    「あ、マスター ... オレにも同じやつもらえるかな」

マスター 「はい。かしこまりました ... 」


        SE:キューブアイスを入れたシェーカーにドライジン(1/2)
          クレームドバイオレット(1/4)、レモンジュース(1/4)が
          入れられシェイクされる -----

         :その音にまぎれて -----


女    「シンドウさん ... 」

男    「 ... ウン?」

女    「気が、つきませんでしたか ...?」

男    「えっ ... ? 何が?」

女    「私今までこのお店に来て、このカクテルを注文したのは、今夜が初めて
      なんですよ ... 」

男    「そういえば ... 」

女    「ねえマスター ... そうですよね」

マスター 「確かにそうですね ... いつもなら、ホワイトレディだったかと ... 」

男    「それが ... どうかした?」

女    「いいえ別に ... 大したことじゃないですから ... 」

マスター 「どうぞ ... ブルームーンです ...(グラスを置く)」

男    「ありがとう ... 」

女    「 ... どうしても、ですか ... ?」

男    「 ...(ゆっくりとカクテルを一口)」

女    「 ... そうですか ... 」

男    「一番いいと思うんだ、それが ... 」

女    「 ... 」

男    「 ... お互いのために ... 」

女    「 ... 私、帰ります ... 」

男    「ン? もう ..?」

女    「 ... 嫌でしょう ... こんな所で女に泣かれるのって ... 」

男    「ユキコ ... 」

女    「それじゃ ... 」


         :身支度をし、店を出ようとする女 ---

        SE:ドアの開く音 -----


女    「サヨナラ ... ですね ... 」


        SE:ドアの閉まる音 -----


男    「ユキコ ... 」


        SE:マスター、ライターの火を点け -----


マスター 「どうぞ ... 」

男    「エッ ...?」

マスター 「タバコの火が... 消えてましたので ... 」








タグ:さよなら
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

Mémoires / Père Noël '98 - final -








         :北野の街角 -----

        SE:辺りに響く、ヒールの音 -----


女(Na)  その夜、私はいつの間にか不思議な気分になっていた ...
      あの店で ... 確かに最初は、やけになってカクテルを口にしてたはずなのに
      ... あのおじいちゃんと話ししてたら、何となく気持ちが穏やかになって ...
      それで気がついたら私 ... いつか置き去りにしてた笑顔を取り戻してた ...
      そう ... 笑顔を ...
      ホント ... 不思議な時間だったな ... あの店でのひと時は ...

      そう云えばあのおじいちゃん ... 今夜初めて会った気がしなかったけど ...
      ひょっとして ...


        SE:女の携帯が鳴る -----


女    「ったく、もう ... 誰なのよ、こんな時間に ...
     (電話を受け)はい、もしもし ... 」

電話の声 「一日遅れの、Merry Christmas ... 」

女    「エッ ...? もしかしてタツヤ ...?! タツヤなの?」

電話の声 「悪かったな ... 昨日は ... 」

女    「(泣き声で)... タツヤ ... 」



         :サンドリオンの店内 -----


マスター 「そうでしたか ... そんな方がお見えになってたんですか ... 」

藤 堂  「まったく不思議な人だったよ ... クリスマスはこれからだなんて、私に
      云うんだからね ... 」

マスター 「そうですか ... そう云っておられましたか ... 」

藤 堂  「マスターは何か引っ掛かっているようだね ... その老人に」

バーテン 「エ ...? そうなんですか? マスター」

マスター 「実は、そうなんです ... あれはそう ... 海岸通りにまだこの店があった
      頃に、こんなことを云われたお客様がいらっしゃいました ...
      ... 酒場は人の宿り木 ... だからクリスマスには立派なツリーになるんだ
      と ... 」

バーテン 「酒場がツリー ... 」

藤 堂  「なるほどな ... 常緑樹である宿り木は、確かに立派なツリーだ ... 」

マスター 「もしかすると ... 私が今夜ここへ戻ってきたのも ...
      そのご老人のせいかもしれませんね ... 」

藤 堂  「そうなると ... 差し詰め私にとって今夜は、一日遅れのクリスマスって
      ところだな ... 」

バーテン 「そうですね ... それって素敵ですね」

マスター 「昔から北欧では、クリスマスが一年の区切りだとされてました ...
      それぞれのこの一年を振り返り、そしてやがて来る新しい年に、人々は夢と
      希望を胸に、クリスマスを祝うときいております ...
      今宵私たちも、この一年につかの間想いをめぐらせ、新しい年に祝福あれと
      一夜を過ごすのも、悪くないような気がしますね ... 」

藤 堂  「この一年を振り返り ... 」

バーテン 「明日を信じて生きるか ... 」

マスター 「いかがでしょう? この辺でシャンパンで乾杯というのは」

藤 堂  「いいね ... まさに気の利いた飲み物だ」

マスター 「それじゃ、お願い ... 」

バーテン 「はい、かしこまりました ... 」


         :バーテン、シャンパンを用意する -----


藤 堂  「ところでマスター ... 子供じみた質問かもしれないが ... 」

マスター 「何か ...?」

藤 堂  「 ... マスターは、サンタクロースを信じるのかな?」

マスター 「 ... そうですね ... 私は ... 信じております」

藤 堂  「 ... エ ...?」


        SE:シャンパンが抜かれる音 -----


マスター 「それでは ... 今宵より、すべての人々に幸あれと ... 乾杯」

全 員  「乾杯!」


        SE:グラスの重なる音 -----





- Another Christmas -
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

Mémoires / Père Noël '98 - scene:4 -








         :サンドリオンの店内 -----


老 人  「昔、いましたよ ... やっぱりそんな子がね ... 物心ついた頃に、周りの子
      みんなに、そんなのいるわけないって云われて、悲しい思いをした子供がね
      ... それで少しずつ、その小さな手のひらから夢をなくしていき、やがてみんな
      大人になっていくんですよ ...

      知ってましたか? 生まれたばかりの赤ん坊が、手のひらをぎゅっと握り締め
      ているその訳を ...

      そこには夢があるんですよ ... 汚れなき心に宿る夢が、その手のひらにある
      んですよ ... だからその夢が逃げないよう、ぎゅっと握り締めているんです
      ... 何も見えない生まれたばかりの赤ん坊は、その夢を信じて、一日一日を
      生きていくわけなんじゃな ...

      だから夢ってやつは、見るものじゃぁなくて信じるものじゃないかなってね。
      私はね ... そんな風に思うんですよ ...

      アハハハハ ... これはこれは、説教じみた話になってしましましたなぁ ...
      失敬失敬 ... なーに、年寄りの独り言だと思って聞き流してくださいな」

女    「夢は見るものじゃなくて ... 信じるもの、か ... 」

藤 堂  「いい話ですね ... それは」

老 人  「これはどうも ... 年寄りの戯言です ... 忘れてくだされ ... 」

藤 堂  「いやいや ... 逆に忘れてはいけないことを、思い出させてくださるような
      お話しでしたよ」

老 人  「たとえお世辞だとしても、そう云っていただけると嬉しいものですな ... 」

バーテン 「いいえ ... 決してそんなことはございませんでしたよ。ねえ、藤堂様 ... 」

藤 堂  「珍しく ... 意見が同じだな、バーテン君」

女    「いろいろと、ありがとね、おじいちゃん ... 私、元気が出てきたみたい」

老 人  「そうですかそうですか ... そりゃ良かった ... 」

女    「クリスマスには笑えなかったけど ... 明日からなら私、笑えそうな気がする
      わ ... 」

老 人  「そうそう ... 笑顔が一番じゃ、笑顔がな」

女    「 ... それじゃ私、帰りますね ... ホントにありがとうね ... おじいちゃん」

老 人  「いやいや ... どういたしまして」

女    「さよなら ... またいつか会いましょうね、おじいちゃん ... 」

老 人  「ああ、そうだね ... また会えたら、嬉しいね」

女    「どうもごちそうさまでした ... おやすみなさい ... 」

バーテン 「ありがとうございました ... 」


        SE:女が店から出て行く --- ドアの閉まる音 -----


老 人  「(ポツリと)今夜があのお嬢さんにとって ... 本当のクリスマスになるじゃ
      ろう ... 」

藤 堂  「クリスマスか ... 私にとっては今年も、最悪だったな ... 」

老 人  「いやいや、なかなかどうして ... 満更捨てたものではありませんよ、今年の
      クリスマスは、きっとね ... 」

藤 堂  「エ ...? それは一体 ... 」

老 人  「さて ... そろそろ引き上げるとするかな ... 」

バーテン 「もうお帰りですか?」

老 人  「ああ ... そろそろ迎えが来る頃なんでね」

バーテン 「お迎えですか ... 」

老 人  「アッハハハハハ ... 誤解しないでくださいよ、バーテンさん ...
      本当に私を迎えに来てくれるものがいるんですよ」

バーテン 「い、いえ ... 決してそういう意味では ... 」

老 人  「オッホホホホホ ... あったかい人なんじゃな、バーテンさんは ... 」

バーテン 「いえ、私はそんな ... 」

老 人  「来年もまた ... 出来れば寄せてもらいますよ、このお店にね」

バーテン 「ありがとうございます ... その時を、心よりお待ちしております ... 」

老 人  「それじゃ ... 」

藤 堂  「あのう ... 」

老 人  「ン ... 何か?」

藤 堂  「失礼ながら、以前 ... どこかでお会いしたことはないでしょうか ...?」

老 人  「ホッホホホホホ ... そう云われてみれば、ひょっとして ... 遠い昔に
      お目にかかったかもしれませんなァ ... 」

藤 堂  「遠い昔 ...?」

老 人  「それでは ... 私は、これで ... 」

バーテン 「ありがとうございました ... お気をつけて ... 」


        SE:老人、店を出て行く -----


藤 堂  「確かに ... どこかで会ったような気がするんだがな ... 」

バーテン 「実は私も ... そんな気がするんですよね ... 」

藤 堂  「 ... これも長旅の疲れかな ... 今夜は引き上げるとするか ... 」

バーテン 「エッ ...? もうお帰りですか ...?」

藤 堂  「何せ ... 私のクリスマスは、もう終わったからな ... 」


        SE:ドアの開く音 -----


マスター 「そんなことはございませんよ ... 」

バーテン 「! マスター ...?」

マスター 「お帰りなさいませ ... 藤堂様 ... そして、ようこそ ...
      今宵、バールサンドリオンへ ... 」

藤 堂  「マスター ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

Mémoires / Père Noël '98 - scene:3 -








         :サンドリオンの店内 -----


バーテン 「お久しぶりです ... お元気そうで何よりです」

藤 堂  「随分とバーテン君とも会ってなかったせいか ... 新鮮だね、そのセリフも。
      何かこう、素直に耳に入ってくるよ ... 嫌味がなくて」

バーテン 「どういう意味なんでしょうか? それは」

藤 堂  「他意はない ... そのままの意味だよ、バーテン君」

バーテン 「なるほど ... そうですか ... いや実は私もそれを聞いて安心しました ... 」

藤 堂  「ン ...?」

バーテン 「相も変わらずのご様子ですので」

藤 堂  「何かな? その変わらずというのは ...?」

バーテン 「(嫌味っぽく)店に入ってくるなり、何方かをお探しのご様子なので」

藤 堂  「それはそれはバーテン君、さすがだね ... 卓球だよ」

バーテン 「卓球?」

藤 堂  「ピンポーン ... 正解だよ」

バーテン 「やはり ... 並みの方ではなかったのですね ... 」

藤 堂  「いやいや ... 帰国早々、申し訳ない ... 何せ旅先で、いろんな人間模様を
      垣間見たものでね ... どうやら本来の自分を見失ってたようだ」

バーテン 「果たしてそうでしょうか ... 私にはその言葉が信じられないのですが」

藤 堂  「ひょっとして君は何か ... 僕が冗談も言わない男だと思ってたのか?」

バーテン 「(ポツリと) ... 藤堂様 ... 」

藤 堂  「何かな ...?」

バーテン 「もうそろそろ ... ご注文の方を ... 」

藤 堂  「そうだな ... 君との挨拶はこれぐらいにするとして ... それじゃ久しぶりに
      いつものをロックでもらおうか ...」

バーテン 「はい ... かしこまりました」


        SE:グラスに氷が入れられる音 -----


老 人  「 ... なるほど、そうか ... そういう理由だったのか ... 」

女    「だから私 ... サンタクロースなんて ... 信じない。いるわけない、そんな人
      この世の中に」

老 人  「本当に ... そう思うのかね?」

女    「だって ... そうじゃない ... 」

老 人  「本当にそうかな?」

女    「 ... エッ ...?」

老 人  「お嬢さんがまだ小さかった頃も ... 本当にそう思ってたのかな ... ?」

女    「 ... それは ... 」

老 人  「クリスマス・ツリーに靴下をぶら下げて、プレゼントを心待ちにしていた
      覚えがないのかな ... お嬢さんには」

女    「それは子供の頃の話 ... サンタの正体は、父親だったわ」

老 人  「だとしても ... サンタクロースという名前は存在していた ... 」

女    「でもそれは ... 」

老 人  「どうなんだじゃろうな ... この世にいるはずもない人なのに、名前だけが
      存在するなんて ... 不思議ものだな、まったく ... 
      果たして、目に見えるものだけが、真実なんだろうかねェ ... 」


バーテン 「お待たせいたしました ... どうぞ(グラスを置く)」

藤 堂  「ありがとう ...(軽く一口)」

バーテン 「 ... 日本へは、いつお戻りに?」

藤 堂  「ついさっきだよ ... だからほら、まだ背中から湯気が立ってるだろう?」

バーテン 「(少し笑いながら)なるほど ... そのようですね ... マスターもきっと
      喜ぶと思います」

藤 堂  「そうだよ ... その肝心のマスターは今夜は?」

バーテン 「それが ... 生憎とその ... 」

藤 堂  「大の男が語尾を濁すんじゃないよ、バーテン君 ... どうしたんだ?」

バーテン 「はい ... それが今夜は、急用が出来たとかで ... お休みをいただいて
      おりまして ... 」

藤 堂  「(深いため息)これだよ ... まったく、クリスマスもサンタもあったもん
      じゃないな ... 」

バーテン 「申し訳ございません ... 」


老 人(Na) なるほどなァ ... 笑顔のないクリスマスか .....





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

Mémoires / Père Noël '98 - scene:2 -








         :サンドリオンの店内 -----


老 人  「(ポツリと)フッ ... 今年も無事、終わったなァ ... 」

バーテン 「お待たせいたしました ... どうぞ ... (グラスを置く)」

老 人  「おお ... どうもありがとう」


         :老人、味わいながら、ゆっくりと一口飲む -----


老 人  「ああ ... 美味い ... 毎年のことながら、この一口が私服の瞬間じゃな ... 」

バーテン 「感無量のご様子ですね ... 」

老 人  「いやいや、これは失敬 ... ついついつまらぬことを口にしてしまって」

バーテン 「いいえ、とんでもございません ... 
      お客様にとって、至福の時間をこの店で過ごしていただけるということは ... 
      それはそれで私共にとって、ありがたいことなのですから ... 」

老 人  「フーン ... ますます私の気分を和ませてくれる店なんだな、ここは」

バーテン 「恐れ入ります ... 」

老 人  「いや、私こそ感謝するよ ... 一仕事終えてからのこの一杯を、こんなにも
      気持ちよく飲ませてもらえるんだからね ... まったくありがたいもんだよ」

バーテン 「では ... いつもお仕事の後に、お飲みになるんですか?」

老 人  「そうだな ... いつもそうだね ... でも仕事といっても私の場合は、年に
      一度だけのお勤めだがね」

バーテン 「年に一度 ...?」

老 人  「それも、たった一日限りなんじゃ」

バーテン 「一日だけのお仕事 ...? ですか ... 」

老 人  「オッホホホホ ... そうなんじゃよ ... 一日だけなんじゃよ ... 」

バーテン 「珍しいお仕事をされてるんですね ... きっと」

老 人  「そうじゃな ... 珍しいといえば珍しい仕事かもしれんな ... 何せ誰にでも
      出来るというものでもないからのう ...」

バーテン 「何やら ... 意味深なお仕事のようですね」

老 人  「オッホホホホ ... 実のところはそう大したものでもないんじゃよ。
      なーに、泥棒と同じようなもんだからな、フォッフォッフォッフォ ... 」

バーテン 「ド、泥棒 ...?! 」

老 人  「冗談じゃよ、バーテンさん ... 冗談(笑っている)」

バーテン 「お客様 ... 」

老 人  「時に、バーテンさん ... 」

バーテン 「はい ...?」

老 人  「あなたはサンタを信じるかな?」

バーテン 「サンタと云われますと ... ひょっとして、あのサンタクロースのことで
      しょうか?」

老 人  「そう ... そのサンタクロースじゃ」

バーテン 「そうですね ... 出来れば信じたいですね ... 存在を」

老 人  「もしかして、子供の頃からそう思ってたのかね?」

バーテン 「いや ... 子供の頃は、そんな風には ... 」

女    「いるわけない ... そんなの」

老 人  「ン ... ?」

女    「いればクリスマスには、みんな楽しい時間過ごしてるはずだもの ... 」

老 人  「それじゃお嬢さんは、サンタなんかいるわけないと?」

女    「そう思う ... 少なくとも私には去年も今年も、クリスマスには笑顔を
      忘れてたもの ... 」

老 人  「そうか ... 笑顔を忘れたか ... 」

女    「現にイヴの日も ... それにクリスマスの昨日だって ... 」

老 人  「 ... バーテンさん ... 悪いが、もう一杯もらえるだろうか ... 同じものを」

バーテン 「はい、かしこまりました ... 」


        SE:グラスに氷が入れられる音 -----


女    「だからサンタなんて ... クリスマスなんて ... 」

老 人  「お嬢さん ... 良ければその理由を ... 聞かせてはもらえんだろうか ... 」

女    「 ... エッ ...?」


        SE:ドアの開く音 -----


バーテン 「いらっしゃいませ ... 」

藤 堂  「久しぶりだな ... バーテン君」

バーテン 「! 藤堂様 ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。