2012年12月25日

Mémoires / Père Noël '98 - final -








         :北野の街角 -----

        SE:辺りに響く、ヒールの音 -----


女(Na)  その夜、私はいつの間にか不思議な気分になっていた ...
      あの店で ... 確かに最初は、やけになってカクテルを口にしてたはずなのに
      ... あのおじいちゃんと話ししてたら、何となく気持ちが穏やかになって ...
      それで気がついたら私 ... いつか置き去りにしてた笑顔を取り戻してた ...
      そう ... 笑顔を ...
      ホント ... 不思議な時間だったな ... あの店でのひと時は ...

      そう云えばあのおじいちゃん ... 今夜初めて会った気がしなかったけど ...
      ひょっとして ...


        SE:女の携帯が鳴る -----


女    「ったく、もう ... 誰なのよ、こんな時間に ...
     (電話を受け)はい、もしもし ... 」

電話の声 「一日遅れの、Merry Christmas ... 」

女    「エッ ...? もしかしてタツヤ ...?! タツヤなの?」

電話の声 「悪かったな ... 昨日は ... 」

女    「(泣き声で)... タツヤ ... 」



         :サンドリオンの店内 -----


マスター 「そうでしたか ... そんな方がお見えになってたんですか ... 」

藤 堂  「まったく不思議な人だったよ ... クリスマスはこれからだなんて、私に
      云うんだからね ... 」

マスター 「そうですか ... そう云っておられましたか ... 」

藤 堂  「マスターは何か引っ掛かっているようだね ... その老人に」

バーテン 「エ ...? そうなんですか? マスター」

マスター 「実は、そうなんです ... あれはそう ... 海岸通りにまだこの店があった
      頃に、こんなことを云われたお客様がいらっしゃいました ...
      ... 酒場は人の宿り木 ... だからクリスマスには立派なツリーになるんだ
      と ... 」

バーテン 「酒場がツリー ... 」

藤 堂  「なるほどな ... 常緑樹である宿り木は、確かに立派なツリーだ ... 」

マスター 「もしかすると ... 私が今夜ここへ戻ってきたのも ...
      そのご老人のせいかもしれませんね ... 」

藤 堂  「そうなると ... 差し詰め私にとって今夜は、一日遅れのクリスマスって
      ところだな ... 」

バーテン 「そうですね ... それって素敵ですね」

マスター 「昔から北欧では、クリスマスが一年の区切りだとされてました ...
      それぞれのこの一年を振り返り、そしてやがて来る新しい年に、人々は夢と
      希望を胸に、クリスマスを祝うときいております ...
      今宵私たちも、この一年につかの間想いをめぐらせ、新しい年に祝福あれと
      一夜を過ごすのも、悪くないような気がしますね ... 」

藤 堂  「この一年を振り返り ... 」

バーテン 「明日を信じて生きるか ... 」

マスター 「いかがでしょう? この辺でシャンパンで乾杯というのは」

藤 堂  「いいね ... まさに気の利いた飲み物だ」

マスター 「それじゃ、お願い ... 」

バーテン 「はい、かしこまりました ... 」


         :バーテン、シャンパンを用意する -----


藤 堂  「ところでマスター ... 子供じみた質問かもしれないが ... 」

マスター 「何か ...?」

藤 堂  「 ... マスターは、サンタクロースを信じるのかな?」

マスター 「 ... そうですね ... 私は ... 信じております」

藤 堂  「 ... エ ...?」


        SE:シャンパンが抜かれる音 -----


マスター 「それでは ... 今宵より、すべての人々に幸あれと ... 乾杯」

全 員  「乾杯!」


        SE:グラスの重なる音 -----









posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/309416376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。