2012年12月21日

Mémoires / Père Noël '98 - scene:1 -








バーテン(Na) 今宵の物語は ...

      ここ神戸、北野で ...
      この季節に起こった出来事の回顧録 -----

      そう ...
      あの藤堂様(千夜一夜 / アラカルト)が帰国された時のお話です ...

      そしてそれはマスターにとって ...
      三度の再会の時間でもありました -----



マスター(Na) こちら神戸では ...
      街並みが幾度かの衣替えをすませ、行き交う人々の吐息も白くなり始め
      街路樹たちがいっせいに、冬の支度をし始めました ...

      この季節の街路樹には灯りが点り、街はイルミネーションに包まれ
      さながら真冬のカーニバルのような賑わいをみせております .....

      そんないつもと変わりないこの地を発たれてから、はや一年と半年余り ...
      その後、お変わりございませんでしょうか ...?

      この店のオブジェとしていただいた船の錨が、私の目に留まるたび、あの時の
      ことが思い起こされ、今でも昨日のことのように想われてなりません .....

      ここ日本を離れられた今では、久しくお声を聞かないだけでなく
      お便りまでも遠のいてしまわれたので、心なしか淋しく思っております ...
      こんな気持になりますのも、この白い季節のせいなのでしょうか ...?
      それとも .....

      この街にも、まもなくクリスマスが訪れようとしております ...
      誰もが待ちわびるサイレント・ナイト ...
      静寂な夜に鳴り響くジングル・ベル ... そして ...
      人々の心に宿るサンタクロース .....

      果たして異国の地でお迎えになるイヴは、どのような趣なのでしょうか?
      私には ... 白い小雪舞い散る夜に、モミの木のツリーのそばで
      この手紙を読まれているような、そんな光景が目に浮かぶのですが ...
      いかかがなものでしょうか ... ?

      それでは ...
      いつの日かまた、お会い出来る日を愉しみにしております ...
      それまで、どうぞお体をご自愛の上、日々お過ごしください ...

      最後に ...
      遠くこの神戸より、このメッセージをお贈りけいたします ...
      Merry Christmas Mr.藤堂 -----



        SE:飛行機の着陸音 -----


藤堂(Na) こんなマスターからの手紙に反して、私がこの手紙を目にしたのは
      道行きの飛行機の中だった ...

      つまり私は、遥か白い雲の上で、味気ないイブを過ごしたわけだ。
      いやはや何とも ... 私らしい顛末だ .....


        SE:空港ロビーの雑踏 -----


藤堂(Na) そんな私が今日、日本へ帰ってきた ...
      そう ... 導かれるかのように、ここ神戸へ ...

      そしてその行き先は ... 神戸、北野の ... 場末の止まり木 -----





タグ:回顧録
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。