2012年11月20日

épisode / ベンジャミンの涙 -scene:1-








         :夜の街 ---

        SE:濡れた路面を走り去る車 ---
         :微かに聞こえるパトカーのサイレン音 ---
         :そして、音もなく振る霧雨 -----


女    「悲しいほど静かだね ... 何だか嘘みたい ... こんなのって ... 」

男    「 ...(ライターでタバコに火を点け、ゆっくりと喫う)」

女    「音もなく降る雨って、このことを言うんだ ... 」

男    「それでも確かに雨は降ってる ... 紛れもない事実だよ」

女    「そうね ... そうだわ ... 嘘じゃないんだ、この雨は。それに ...
      今夜の出来事も、嘘じゃないのよね ... 」

男    「 ...(タバコを一口喫い)夢じゃないってことだけは云える ... 」

女    「(淋しく笑い)起きたまま見る夢なんて、ないものね ... でも ... 」

男    「 ... どうかした?」

女    「 ... どうかなァ ... 」

男    「何が ...?」

女    「出逢ってから今日まで ... ひょっとしたらこれは夢だったかもしれない ... 」

男    「 エッ ...?」

女    「 ... そう ... 夢よ、夢 ... 案外そうかもしれない ... 」

男    「 ... エミ ... 」

女    「 ... だってそう思う方が、いいもの ... 」

男    「 ... 」

女    「(消え入りそうな声で)そう思う方が ... 」


        SE:時を告げる鐘の音 -----


女    「 ... そろそろ時間だね」

男    「 ... そうだな ... 」

女    「じゃ、ここで ... サヨナラしょう ... 」

男    「いいさ ... 送るよ、家まで」

女    「ううん、いい」

男    「そう言わずに、送らせろよ」

女    「ホントにいいの、ここで」

男    「 ... どうして」

女    「ちょっと寄りたい所もあるし、それに ... 」

男    「それに ...?」

女    「この雨で少し目を覚ましたいの、だから」

男    「そうか ... わかった ... じゃ行くよ」

女    「 ... ウン ... 元気でね」

男    「 ... お前もな」

女    「ご心配なく ... 私はいつだって元気だから」

男    「そうだな ... そうだったな ... 」

女    「そっちこそ、元気でね」

男    「ああ ... それじゃ ... 」


        SE:歩き出す男の靴音 ---

         :しばらくして、呼び止める女の声 -----


女    「ねえ ...!」


         :立ち止まる男 ---

         :少し距離のある二人 ---


女    「(少し大きな声で)今度私をどこかで見かけても ... その時は ... 」


        SE:雨が少し強くなる -----


男    「(大声で)その時は何だ ...?」

女    「(つぶやく)その時は ... 
      (大声で)その時は ... エミって呼び捨てにしないでねーッ!」


        SE:雨音 -----


男    「(つぶやくように)そうだな ... そうだよな ... (大声で)わかった ...!」


        SE:再び歩き出す男の靴音 -----

         :強く振る雨 -----


女    「(ポツリと) ... サヨナラ ... 」





タグ:
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/302701631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。