2012年09月30日

épisode / V.S.O.P 第二夜 「追 憶」 -scene:2-








        :回 想 -----



マサヤ  「しかし参ったな ... まさか彼女と会うなんて ... しかもここで。
      彼女が視界に入ってきた時、自分の目を疑ったね ... ホント」

マスター 「それも5年ぶりに、偶然にですからね ... さぞかし驚かれたことでしょう ... 」

マサヤ  「 ... 変わってなかったな ... 彼女。昔のままだ ... 」

マスター 「そうでしょうか ... 随分と女らしくなられて、一段と綺麗になられたように
      思いますが ... 」

マサヤ  「いいや ... そうかな ...
      昔っからあの程度のものだったように思うんだけどな ... 」

マスター 「かなりシビアなご意見なんですね」

マサヤ  「そんなつもりはないんだけどね。ただ ... 途切れてた何かを辿ると、こういう
      見解になっちゃう ... 」


マスター 「途切れていた何か ...?」

マサヤ  「それが ... 想い出なのか単なる記憶なのか、それとも ... 」

マスター 「それとも ...?」

マサヤ  「未練なのか ... 」

マスター 「未練、ですか ... 」

マサヤ  「なんか、純日本風の演歌のフレーズだね、これって。
      少し粘っこいかな ...(おどけて少し笑う)」


         :マサヤ、グラスに少し残ったカクテルを飲み干し -----


マサヤ  「マスター、もう一杯いいかな」

マスター 「同じものでよろしいんでしょうか?」

マサヤ  「ウーン、そうだな ... じゃ久しぶりにブルームーンを ... 」

マスター 「かしこまりました ... 」

          
        SE:キューブ・アイスを入れたシェーカーが用意され ---
         :そこへドライ・ジン(1/2)、クレームド・バイオレット(1/4)
          レモン・ジュース(1/4)が入れられ、シェークされる ---
         :やがてグラスにカクテルが注がれ ---


マスター 「お待たせいたしました ... どうぞ(グラスが置かれる)」

マサヤ  「やっぱり ... 相変わらずの腕前だな、マスターは」

マスター 「恐れ入ります ... 」

マサヤ  「それにこのカクテルの微妙な色合い ... さすがだ ... 」

マスター 「このカクテルは、その微妙な色合いがすべてだといわれております ... 」

マサヤ  「確か昔、そんなきいたことがあったっけな ...
      このブルームーンというカクテルの名前にちなんだ謂れを ... 」

マスター 「そのカクテルを口にされる方の心のバロメーターによって、グラスに透き
      通って見える色合いが、それぞれに微妙にちがうと ... 」

マサヤ  「恋人のいない時に見た月は青かったけれど、恋人のいる今は金色に輝いて
      見えるって ... あのブルームーンは確かそんな内容の歌詞だったっけ ...
      そこからきてるんだな、このカクテルの由来も ... 」

マスター 「よくご存知なんですね」

マサヤ  「あの頃はカクテルが、よく青っぽく見えてたっけ ... 」

マスター 「青色ですか ... 」

マサヤ  「(ポツリと)淋しい色合いだな、ブルーは ... 」


         :マサヤ、ゆっくりとカクテルを一口 -----


マサヤ  「でもマスター ...
      このカクテルの名前のもう一つの意味って知ってるかな ... 」

マスター 「もう一つの意味?」

マサヤ  「そう ... もう一つの意味」

マスター 「いいえ ... 残念ながら存じませんが ... 」

マサヤ  「それは ... 出来ない相談って意味なんだ ... 」

マスター 「出来ない相談 ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294779017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。