2012年08月06日

anecdote / 雨色のレシピ File-T -Page:4-








         :サンドリオンの店内 ---

         :グラスにバーボンが注がれる音 -----


ジ ン  「どこの何方かは知らないが ... 他人の素性をそれだけ調べられるんなら、
      わざわざ探偵なんぞに頼まなくたって、テメエで捜しゃいいじゃねえか」

マスター 「どうぞ ...(グラスを置く)」

ジ ン  「ありがとう、マスター」

佐 山  「失礼じゃないのかね、君」

ジ ン  「(一口飲み)どっちがだ ...?」

佐 山  「仕事を依頼する探偵の事を調べて、何が悪いんだ?」

ジ ン  「俺はそもそも、調べられることを好まない ... 調べることが好きでもな」

佐 山  「何だと ... 」

マリコ  「どうやら、あなたのご機嫌を損ねたようね ... 」

ジ ン  「充分にな ... 」

佐 山  「貴様 ... 」

ジ ン  「タバコ1本、いいかな?」

佐 山  「な、何だと?」

ジ ン  「ちょうど切らしたんだ ... 」

佐 山  「私は喫わん!」

マリコ  「これでよければ、どうぞ」

ジ ン  「 ... 悪いな」


         :ジン、マリコの差し出すタバコをくわえ、ジッポーで火を点ける -----


ジ ン  「(一口喫い) ... このタバコも、そう不味くはないんだな ... 」

佐 山  「なんて奴だ ... 人からタバコをもらっておきながら」

マリコ  「どう ...? 機嫌直して、引き受けてもらえないかいら」

ジ ン  「タバコ1本でも喫わせれば、気が変わるとでも思ったか?」

マリコ  「まさか ... 」

ジ ン  「そうだよな ... 」


         :ジン、グラスのバーボンを一気に飲み干し -----


ジ ン  「さて ... 帰るとするか ... 」

佐 山  「まだ話は終わってないぞ」

ジ ン  「それはそっちの都合だろ ... 俺には俺の都合があるんだよ」

佐 山  「何を ...!」

ジ ン  「あんた、自分で凄んでるつもりだろうが、全然迫力がねえな ...
      もっと勉強した方がいいぜ ... ドス効かせるならな」

佐 山  「貴様のような男に、兎や角云われる筋合いはない」

ジ ン  「それなら ... そんな男に仕事頼むのは筋違いってもんだよ」

佐 山  「クッ ...!」


         :ジン、ドアを開けて出ようとするが、立ち止まり -----


ジ ン  「そうだ、マスター ... 今度夢の中で逢った時は、もう少し優しくしてもらいたい
      もんだな ... 」

マスター 「 ... 夢の中だけで、よろしいんでしょうか?」

ジ ン  「(微かに笑い)フッ ... マスターには、適わんな ... 」


         :ジン、店を出て行く --- ドアの閉まる音


佐 山  「このままでいいんですか?」

マリコ  「大丈夫 ... 彼は必ずこの仕事を引き受ける ... いえ ... 引き受けたくなるのよ」

佐 山  「マリコ様 ... 」

マリコ  「マスターのこのカクテル、なかなかの逸品だわ ... お代わり頂けるかしら」

マスター 「お褒めに与り、光栄です ... しばらくお待ちください」

マリコ  「佐山さん ... 」

佐 山  「はい ...?」

マリコ  「マスターのこのカクテルのレシピのように ... 私のレシピも完璧なのよ。
      (微かな笑い)ウフフフフ ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。