2012年07月31日

épisode / シンデレラ イマージュ part-V -scene:final-






         :サンドリオンの店内 -----


イツカ  「涙3滴分のエッセンス ...
      このカクテルにそんなエピソードがあったなんて ... 素敵だな ... 」

マスター 「気に入って頂けましたでしょうか ... その『キール』を ... 」

イツカ  「そうですね ... 味も悪くなしい、エピソードも良かったし ...
      さすがですね、マスターは ... 」

マスター 「恐れ入ります ... 」

イツカ  「哀しい目をしてたんだね、私きっと ...
      自分こそがまさか、浮気だなんて思ってもみなかったから ...
      ユウにとって、いつも自分が一番だと思ってた ... そうだと信じてたから ... 」

マスター 「イツカさん ... 」

イツカ  「あ、マスター ... 今、名前で呼んでくれたね ... 」

マスター 「あ、はい ... 」

イツカ  「思わず呼んでしまったって感じかな ...
      今夜の私、そんなに哀しい女に見えるのかな ... 」

マスター 「 ... いいえ、そうではなく ... 」

イツカ  「いいのいいの、気にしないでください ... それよりマスター」

マスター 「はい ...?」

イツカ  「私 ... 残念ながら、涙3滴さえも流さなかったね ... 」

マスター 「エ ... ?」

イツカ  「私、今夜ここへ来て ... 今、思ったの ...
      私は彼が ... ユウが一番目 ... 他の誰よりも一番好きだって ...
      多分 ... 私が泣けなかった理由はこれかも ... 」

マスター 「泣けなかった理由、ですか ... 」

イツカ  「そう ... 泣かなかったんじゃなくて、泣けなかった ...
      だからマスター ...
      今夜のこのカクテル、私には少し似合わないのかも知れませんね ... 」


         :女、カクテルを一口飲み ---
         :ゆっくりとグラスを置く -----



マスター(Na) それから彼女はいつものように、午前零時をここで迎えることもなく
      ドアの向こうへ消えて行かれました ...
      灰皿に3本の吸い殻と、グラスに少しカクテルを残して .....

      たった今、生まれ変わったばかりのような笑顔と夢とを抱えて、この店を
      後にされました .....

      やはり彼女は、可憐なシンデレラのイメージを漂わせる女性でした ...
      何故なら ... 今夜彼女は、最後にこんなセリフを残したのですから ...

      「 ... 私はやっぱり ... 待つことしか出来ないみたいです ... 」と -----





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。