2012年06月29日

épisode / ジン来夢.part:W -final-






         :サンドリオンの店内 -----



ジ ン  「確かにそうかも知れませんね ...
      二ヶ月前 ... ここへ来る途中でケンカ別れさえしなければ、今頃この指輪は
      彼女の薬指に収まってたものなんですよね ...
      でも ... あれから時間は流れて、二人の状況も変わった ...
      今更、この指輪は ... 」

マスター 「それでもそのシルバーリングは、あの時のまま、彼女の薬指のサイズである
      お客様の小指で輝いている ...
      それは紛れもない、心の表れではないでしょうか ... 」

ジ ン  「あの時のまま ... 」


         :男、ゆっくりとカクテルを飲み干し -----


ジ ン  「マスター、同じものを ... 」

マスター 「 ... かしこまりました」


         SE:シェーカーにキューブアイスが入れられる -----
          :そこへドライ・ジン(1/2)、クレーム・ド・バイオレット(1/4)
           レモンジュース(1/4)が入れられ --- シェイクされる
          :カクテルグラスが用意され ---
          :静かに注がれる -----


マスター 「どうぞ」

ジ ン  「どうも ... 」

マスター 「いかがでしょう ...
      やはり先程と同じく、ブルーな彩りをしたカクテルでしょうか ... 」

ジ ン  「 ... いや 気のせいか、少しだけ違った色合いに見えますね ... 」

マスター 「それは何色でしょうか ...?」

ジ ン  「とても綺麗で透き通った ... 薄い紫ですね ... 」

マスター 「変わりましたね ... 心の色が ... 」

ジ ン  「 ... ボクも彼女も所詮、身勝手な者同士なんですよね ... 」

マスター 「時として ... 人は皆、身勝手なもの ... 以前、何方かがそんなセリフを
      おっしゃってたのを聞いたことがあります ... 」

ジ ン  「人は皆、身勝手なもの ... 」


         :波の音 -----


ジ ン(Na) そんなマスターの言葉を最後に、サンドリオンを後にした ...
      ふと見上げると ... 青かったはずの月の色が、金色に輝いて見えた ...
      真夜中の月の色は心の色のバロメーターなんだろうか ...?
      そんなことを思いながら気がつくと、オレは携帯電話を手にしてた ....


         :アドレスから検索をし、コールオン -----
         :しばらく続く呼び出し音 -----

         :やがて -----


ジ ン  「----- あ、オレ ... ジンだ。
      ----- 遅くにすまない ....
      ----- それより ... 来週の金曜日、あの店に来てくれ ... 待ってるから。
      ----- そう、あの店だよ ... バール・サンドリオンだ ...」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276944120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。