2012年06月11日

épisode / ジン来夢.part:V -final-






         :サンドリオンの店内 -----



マスター 「どうしてこのクローバークラブが、その女性とのラストカクテルに ...?」

ジ ン  「(微かに笑って)... 今から思えば、軽薄で気障なセリフだったと思いますね。
      でもその反面、真剣だったことも事実なんですから ...
      『このカクテルのレシピには、玉子の卵白を使って黄身は使わない ...
       オレにももう ... キミは必要じゃないんだ』って ... 」

マスター 「キミは必要ない、ですか ... 」

ジ ン  「結構酷い男だったんですよね ... ボクも ... 」


         :男、カクテルをゆっくりと一口 -----
         :腕時計に目をやる -----


ジ ン  「もうこんな時間か ...
      この調子だと、彼女来る雰囲気じゃないですね ... 」

マスター 「お約束は何時に?」

ジ ン  「別に詳しい時間は ...
      ただ日付が変わってすぐのサンドリオンにってことだけで ...
      やっぱり忙しいんじゃないかな ... 別の人とのデートでね ... 」

マスター 「それもやっぱり、以心伝心で伝わってくるものでしょうか ... 」

ジ ン  「 ... 経験から云えば、そうかもですね ... 」

マスター 「経験 ... ?」

ジ ン  「キミは必要じゃなかったから ... 」

マスター 「ケース・バイ・ケース ... キミが必要なカクテルもございますが ... 」

ジ ン  「なるほど ...
      でもこの場合、時間が物語ってます ... 彼女はもう来ないってね」

マスター 「... いいえ
      ここで過ごされる時間は、止まったままかと ... 」

ジ ン  「止まったまま?」

マスター 「ここサンドリオンのあの時計はまだ、12時を指したままです ... 」

ジ ン  「12時 ...?」

マスター 「それは ... 」


         SE:ドアの開く音 -----


マスター 「いらっしゃいませ、ようこそ ... 」

ジ ン  「 ... ?! 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274312166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。