2012年05月31日

épisode / パール来人.part:V -final-






         :サンドリオンの店内 -----


マスミ  「私、今 ... このグラスをどうすればいいのかわからないんです ... 」

マスター 「プレゼントされるために頼まれたものですから、やはり ... 」

マスミ  「でも今の私は ... 彼に対して何も出来ない ...
      このバカラのカクテルグラスに注いであげられるものがなにもない ... 」

マスター 「そうでしょうか ... 」


マスミ  「エ ... ?」

マスター 「そのバカラのグラスには、あふれるほど注がれているように見えます ...
      お客様のその想いが ... 」

マスミ  「マスター ... 」

マスター 「それも、ちょうどそのクリスタルのように透き通って ... 」

マスミ  「でも私は今 ... 」

マスター 「もう一人の自分がいたら、どうなさるんでしょうか ... 」

マスミ  「それは ... 」


         :沈 黙 -----


マスター 「パナシェというカクテルはその名前の意味より ... もっと大切なことが
      あります ... 」

マスミ  「大切なこと ... ?」

マスター 「そのカクテルは、あくまでも透明でなければならないとされています ... 」

マスミ  「透明 ... 」

マスター 「ですので、このパナシェの場合 ... 中にはフレッシュのレモンジュースを
      流用されるレシピもありますが、そうすると色が濁り、本来あるべき姿では
      なくなります ...
      パナシェにとっての透明感は、そのバカラのクリスタルと同様に、どこまでも
      クリアでなければならないものなのです」

マスミ  「どこまでもクリア ... 」

マスター 「パナシェという名前の意味よりも ...
      その姿に拘られてみてはいかがでしょうか ... 」


        SE:ゆっくりとシャワーの音が聞こえ出す -----


マスミ(Na) そんなマスターの言葉を最後に、私は店を後にした ...
      マスターにあのバカラのグラスを預けて ...


        SE:シャワーの音が止む -----


      彼にあのグラスを送ることが罪なのか ...
      それとも手元に置いておくことが罪なんだろうか ...
      もう一人の自分に問いかけている私 .....


        SE:グラスに氷が入れられ -----
         :そこへミネラルウォーターが注がれる -----


      そう考えること自体が、罪 ...?!


         :女、携帯電話を取り ---
         :電話をかける ---

         :少しこぼれて聞こえる呼び出し音 -----

         :コールが繰り返される -----
         :やがて -----


マスミ  「 あ ... もしもし、ジン ...?」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。