2012年05月07日

épisode / パール来人.part:U -final-






         :サンドリオンの店内 -----

         :静かに流れるジャズ -----


マスミ  「ジンとは全然違うタイプの人なんですよ、彼は ... 」

マスター 「だから魅かれていった ... 」

マスミ  「新鮮だった ...
      ジンで満たされない心の隙間を、彼が満たしてくれるようで ... 」

マスター 「それは願望でしょうか ... それとも ... 希望?」

マスミ  「微妙なニュアンアスね ... でも多分、今の私にとっては、願望なのかも
      知れません ...
      所詮、都合のいいように解釈してるんですね、私は ...
      自分勝手に、相手のことを ... 」

マスター 「そういういセリフを口にされると、本当に孤独(ひとり)になってしまいます」

マスミ  「... いつもの私らしくないですね、なんか今 ... 」

マスター 「少なくとも今は ... 酔っていらっしゃるかと ... 」

マスミ  「酔ってる ... そう、確かに今はジンよりあの人のことが ... 」

マスター 「本当にそうなんでしょうか ... 」

マスミ  「 ... 」

マスター 「本当に ... ?」

マスミ  「 ... 自分でもよくわからない ... 」

マスター 「それは戸惑い ... それとも ... 」

マスミ  「 ... それとも?」

マスター 「手探りでしょうか」

マスミ  「手探り ...?」

マスター 「ご自分の居場所がわからなくなった ... そのための心の揺らぎ ... 」

マスミ  「 ... そうかも知れませんね ... 」


         :女、ゆっくりとグラスのカクテルを一口 -----


マスミ  「もしかしたら ... 」

マスター 「 ... はい?」

マスミ  「私の口には少し、辛すぎるかのな、このカクテル ... 」

マスター 「今夜は特に、そうかも知れませんね ... 少し、ドライですから ... 」

マスミ  「(軽く笑って)マスターにはかないません ... 」


         :女、何気なく店の時計を目にして ...


マスミ  「マスター ... あの時計、遅れてませんか ... ?」

マスター 「はい、確かに ... 」

マスミ  「エッ?」

マスター 「正確にはあの時計は、いつもこの時間を差したままなんです ... 」

マスミ  「12時のまま ...?」

マスター 「はい ... 昨日と今日が、生まれ変わる時間に ... 」

マスミ  「生まれ変わる時間 ... 」

マスター 「ちょうどそれは ... 時計の長針と短針が、ピッタリと重なる瞬間ですね ... 」

マスミ  「そうなると ... 私の心の時計も、今は少し進んでいるのかな ... 」

マスター 「 ... 時を刻むことが全ての時計でさえ、リズムを狂わすことがあるのですから
      人の心のリズムなんて、もろいのだと思います ... 」

マスミ  「心のリズム、か ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。