2011年12月25日

spin-off / Père Noël -final-






         :バード・バーの店内 -----


バーテン 「そうでしたか ... そんなことがあったのですか ... 」

マスター 「それから数日後に ... 予定日だったクリスマスの夜にちょうど
       元気な男の子が生まれたんだ ... 」

バーテン 「それじゃ、何よりも嬉しいクリスマスプレゼントになったんですね ... 」

マスター 「そう ... あの彼もそう言ってたな ... それにイシハラさんは自分にとって
       サンタクロースだとも ... 」

バーテン 「イシハラ様が、サンタクロース ... 」

マスター 「何もかもを捨てようとした自分に、もう一度新しい命の息吹をプレゼントして
       くれた ... 彼にとってイシハラさんは命の恩人であり、サンタクロースでも
       あるわけなんだ ... 」

バーテン 「確かにそういえるでしょうね ... 」

マスター 「だから、彼にとって処女出版であるこの本を、イシハラさんには絶対読んで
       もらいたかった ... 」

バーテン 「それでこの本をイシハラ様にと、置いて行かれたんですか ... 」

マスター 「きっと ... イシハラさんをイメージして、書かれたものなんだろうな ... 」

バーテン 「どうしてそう ...?」

マスター 「この本のタイトル「Pere Noel(ペール・ノエル)」は、フランス語でサンタクロースって
       意味なんだ ... 」

バーテン 「そうでしたか ... でも、どうするつもりなんですか? この本を ... 」

マスター 「このままこの店で預かろう ... 」

バーテン 「でも、マスター ..... イシハラ様はもう ... 」

マスター 「いいや ... この本がこのままこの店に置かれている限りは ... 少なくとも
       イシハラさんは「Pere Noel(ペール・ノエル)」として、彼や僕たちの胸の中で
       生き続けるんだから ... 」

バーテン 「 ... そうですね ... きっとそうですよね ... 」


        SE:店のドアが開き、何人かの客が入ってくる -----


客1   「今晩は、マスター」

客2   「メリークリスマス、マスター!」

マスター 「いらっしゃいませ、ようこそ ... 」

バーテン 「いらしゃいませ ... 」


マスター(Na) Pere Noel(ペール・ノエル) .....

      それはこの店「バード・バー」に実在したサンタクロースでした ...
      残念ながら今ではもう、お目にかかることは出来ませんが、この本の中では
      お元気にされてるようです ...
       
      Pere Noel(ペール・ノエル).....
      それはこの店だけに存在した、サンタクロースの名前です -----



posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メリークリスマス
素敵なクリスマスをお過ごしください♪
Posted by 青い海 at 2011年12月25日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。