2011年06月28日

monsieur 〜 紳 士 〜 -scene:3-


ある者は静かで長い夜に星の間を彷徨い...
またある者は、帳の隙間から月の明かりに愁う...
それぞれの想いを胸に一夜を過ごす...

その心模様は、儚い夢なのか...
それとも、微睡みの蜃気楼なのか...

今宵この店に集いし人々の心根は...
どんな色合いの時間を過ごすのだろう-----



バーテン 「それにしても...  今夜は珍しいカクテルを、オーダーされたんですね... 」

   女 「エ...? 」

バーテン 「いつもならスィート・マティーニがお決まりでしたので... 」

   女 「そうですね... 今夜はそんな気分じゃなかったんで... 」

バーテン 「それでX・Y・Zですか... この店では初めて口にされたように思いますが... 」

   女 「お店というより... 私自身、今夜初めて飲むカクテルですよ... 」

バーテン 「そうでしたか... 」

   女 「バーテンさん」

バーテン 「ハイ...?」

   女 「このカクテルの意味って、知ってますか?」

バーテン 「はい... マスターから教わってます... 」

   女 「そうですか... 私もある人から聞かされたんですけど... このカクテルには
      すべてが終わりという意味があるらしいですね... 」

バーテン 「すべてが、終わり...?」



男はタバコを取り出して火を点けた---
そして、ゆっくりと一口-----


   男 「時に何ですが、マスターさん」

マスター 「マスターと、及び頂ければ... 」

   
   男 「ああ... それでは、マスター... あの女性はよくここへ?」

マスター 「ハイ... ?」

   男 「いや、顔見知りの女性とよく似てるものなので... 」

マスター 「左様でございますか... 
      あの方は週に一度ぐらいの間隔で、お見えになりますが... 」

   男 「それなら常連さんだな... 」

マスター 「そうですね... 」

   男 「いつも一人でですか?」

マスター 「いえ... 大概はお連れの方と... 」

   男 「それは男性でしょうか?」

マスター 「...失礼ですが、お客様... どうしてそのようなことを...?」

   男 「いや... ですから、顔見知りの女性と... 」

マスター 「だとしても... 少し不自然ではないでしょうか... 」

   男 「そうですか? そうかなァ... いや、これは参ったな... 」

マスター 「それに先程... ここへはお仕事でと、そうおっしゃってましたが... 」

   男 「エッ...? エエ... まあ、そんな感じで... 」

マスター 「この店にいらっしゃる方の事を、あれこれと詮索なさることが... 
      お客様のお仕事なんでしょうか...?」

   男 「ン... 
      私はどうやらあなたに理解される前に、誤解されているようですね... 」

マスター 「そのようなつもりではございませんが... 」

   男 「... わかりました... それじゃ、こうしましょう」

マスター 「...?」

   男 「私が今からクイズを言いますから、あなたはそれに答えてもらえますか...?」

マスター 「クイズに...?」

   男 「そしてそのクイズに見事あなたが正解した場合... 
      あなたにすべてをお話しましょう... いかがですか?」

マスター 「果たして意味があるんでしょうか...? この駆け引きに... 」

   男 「時として無意味な言動が、思わぬ結果を招くこともあります... 
      いやこれは、私の経験上のことですが... 」

マスター 「...承知致しました... 仰せのままに... 」

   男 「ありがとう... 感謝します... それでは、問題を... 」

マスター 「何なりと... 」

   男 「冷蔵庫にパンダを入れる、三つの不可欠条件とは何でしょうか?」

マスター 「え...?!」

   男 「さあ、どうぞ... お答えください... 」


posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。