2013年01月03日

spin-off / BLUE MOON NIGHT -scene:final-








         :北野の街頭 -----

        SE:あたりに響くヒールの音 -----


女(Na)  私はホント、馬鹿な女 ---
      帰るところのある人を好きになったりして ...

      結局、どうなるわけでもないのに、見合いの話を断って、あの人のそばに
      ずっといたいなんて思ったりして ... ホント、馬鹿よね ...

      (少し泣き出し)でも私 ... 本気でそう思ったんだもの ...
      本気でずっとそばにいたいと思ったから ... だから ...

      ... いいの、別に。
      ... 二番目だって ...

      ... かまわないの、ホント。
      ... 週に一度しか会えなくても ...

      ... ただ私は ... 

      ... 一分一秒でもあの人と同じ時間が過ごせれば、それでいい ...
      ... ただそれだけなのに -----


        SE:街の雑踏 -----

         :女の携帯が鳴る -----
         :電話に出る女 -----


女    「 ... はい、もしもし ... 」

男(電話の声) もう一度 ... カクテルを飲みなおさないか、今から ... 」

女    「エ...?」


マスター(Na) そもそもブルームーンというカクテルは -----

      その名前のようにグラスを青い色に染めるカクテルではなく、むしろ透明感の
      ある薄い紫色した、スミレの香り漂うお酒です ...

      ... そしてその名前の由来は ...「恋人のいない時に見た月は青かったけれど
      あの人と出逢ってからの今は、金色に輝いて見える」と歌われた1930年代の
      名曲「ブルームーン」にまつわったものだと聞いています -----







posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。