2012年10月31日

spin-off /「神戸物語」 第四章 -後 編-








        SE:店のドアが開く ---

         :マキが入ってくる -----


マ キ  「こんばんは ... 」

マスター 「いらっしゃいませ ... 」

タクヤ  「ああ、ちょうど来たみたい ... せっかくだし、紹介するよ。
      (マキに)こっちこっち ... 」

アヤカ  「紹介 ...?!」

マ キ  「ゴメン ... 待った?」

タクヤ  「いいや ... それよりこの彼女、いつか話したと思うけど、地震の時に
      たまたま俺が ... 」

アヤカ  「失礼します ... 」

タクヤ  「エッ?


         :アヤカ、突然、店を飛び出す -----


ミユキ  「アヤカ ...! マスター、また来るね!」


         :ミユキ、アヤカの後を追って店を出る -----
         :ドアの音 -----


マ キ  「どうしたの? あの人たち急に ...?」

タクヤ  「いいや ... 俺にもよくわからない ... 」

マスター 「アヤカさん ... 」



        SE:波の音 -----


ミユキ  「かなり堪えた ...ってところかな ... 」

アヤカ  「 ... 」

ミユキ  「そりゃそうよね ... 偶然にも会えたと思ったら次の瞬間、『結婚する』
      だもんね ... そんなものかもね ... 現実って」

アヤカ  「フッフフフ ... 滑稽よね ... こんな女って」

ミユキ  「エッ ...?」

アヤカ  「いいよ ... 笑ってくれて。馬鹿にしてよ ... 」

ミユキ  「アヤカ ... 」

アヤカ  「ヒロイン気取って、実は惨めな女だったんだから ... 」

ミユキ  「惨めな女 ...?!」

アヤカ  「そうよ ... この世で一番惨めな女よ、私は!」

ミユキ  「 ... アヤカ ... いい加減になさいよ!」


         :ミユキ、アヤカの頬を叩く -----


アヤカ  「 ... ミユキ ... 」

ミユキ  「何も知らないくせに ... 何もわかってないくせに ... 」

アヤカ  「ミユキ ...?!」

ミユキ  「自分だけが惨めだなんて ... 勝手に思わないでよ ... 」



アヤカ(Na) 私はこの時 ... ミユキが何を言いたいのかが、わからなかった ---
      ただわかったのは ...
      彼女の目が少し、滲んでいたということだけだった -----


        SE:波の音 -----


ミユキ  「今だから言うけど ... あんたが小樽へ帰ってから、ホントいろんなこと
      あったんだよ、みんな。
      ジュンちゃんなんか、何で突然あんたが小樽へ帰ったのか訳わかんなくて
      ヤケ起こしたりしてさ ... 私なんかしょっちゅう呼び出されて、その度
      に愚痴聞かされたりしてた ... 」

アヤカ  「ミユキ ... 」

ミユキ  「ウウン ... 別にそれはそれでよかったんだけど、ジュンちゃんの方は
      もっと最悪な状態になっちゃってさ ... 」

アヤカ  「最悪 ...?」

ミユキ  「そう、最悪 ... 地震でケガしてたお父さんが亡くなったのよ ... 」

アヤカ  「エッ ...?! あのお父さんが ... 」

ミユキ  「ジュンちゃん、日頃は何かとお父さんとケンカして悪口言ってたけど ...
      ホントのところは一番尊敬してたし、好きだったようだから ...
      かなりショックだったみたい ... そう言えば ... 特にあんたの事では
      オヤジとよくやりあったって言ってたっけ ... 」

アヤカ  「ジュンジ ... 」

ミユキ  「それからジュンちゃん、大変だったみたいよ ... いろんな事でね。でもね
      それでもね、ジュンちゃんあんたのことだけは、ずっと想ってたよ ...
      忘れなかった ... 片時もね ... 」

アヤカ  「 ... 」  

ミユキ  「私、そんなジュンちゃんがいじらしかったよ ... 」

アヤカ  「 ... ジュンジ ... 」

ミユキ  「だからね ... それだけ慕われてるあんたが、自分のことをこの世で一番
      惨めな女だなんて言っちゃうと、ジュンちゃんもっと惨めになっちゃうじゃ
      ない ... かわいそうじゃない ... 」

アヤカ  「 ... ミユキ」

ミユキ  「あんたの気持ちもわかるよ ... 同じ女だもんね。ふと魔が差して、他の人
      を好きになることだってあるよ ... 私だって、そうだったんだから ... 」

アヤカ  「エ ...?」

ミユキ  「とにかくアヤカ ... あんた自分のことばかり考えないで、少しは周りの人
      のことも考えてよ ... もう少しよく見て」

アヤカ  「 ... 」

ミユキ  「でないと ... 自分にとってホントに大切なもの、無くしちゃうよ ...
      見落しちゃう ... 」

アヤカ  「自分にとって大切なもの ... 」

ミユキ  「あんたがしっかりしないと ... 私だって惨めになっちゃうじゃない ... 」

アヤカ  「ミユキ ... 」



ミユキ(Na) 私はこの時 ... 喉まで出かかってたセリフを、胸の中で叫んでた ...
      私はジュンちゃんのことが、好きだったんだと -----


        SE:波の音 -----





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。