2012年10月26日

spin-off /「神戸物語」 第二章 -前 編-








ジュンジ(Na) あの出来事以降 ... フィアンセだったアヤカと再会した俺は、意外な
      セリフを彼女から聞かされた -----


アヤカ  「ある人を好きになったの ... だから ... 」


ジュンジ(Na) ホントなら、去年の6月に俺たちは結婚するはずだったのに、すべてが
      あの日を境に変わってしまった ... そして彼女の心まで -----


         :とあるバーの店内 ---

        SE:静かに流れるジャズ -----


アヤカ  「あの時 ... 5階建ての私のアパートは半壊の状態だった ...
      2階は押し潰され、その上である3階の私の部屋はかろうじてその難から
      救われた。けれど肝心の私自身は、倒れてきた家具の下敷きになり、身動き
      出来ない状態だった。
      ... 私は必死だった ... このまま死ぬのいやって ... 腰から下が家具の
      下敷きで身動き取れないのに、必死になって抜け出そうとしてた ...
      痛みも忘れて、もがいてた ... それでいて、目の前にジュンジが現れて
      助けてくれたらなんて思ってた ... でも、誰も来てはくれなかった ...
      そのうち私は気を失い、どれくらいの時間だったんだろう ...
      覚えてないけど、咳き込んで気がついたの ... そう、煙に巻かれてたの。
      どこかの部屋が燃え出したのよね ... 
      私怖くて怖くて、ありったけの声で叫んで助けを求めてた ...
      煙のせいで咳き込みながらも、必死になって叫んでた ...
      『誰か助けて』って ... そうしてたらしばらくして、私の声に返事が
      帰ってきたの ...
      『どこだ! どこにいるんだーッ!』... そう、それが私を救ってくれた
      あの人の声だったの ... 」

ジュンジ 「それでお前は助けられた ... その人のおかげで命拾いをした ...
      だからその人は命の恩人 ... 」

アヤカ  「そう ... そういうことなの」

ジュンジ 「ここまではわかる、常識でな ...
      けどその命の恩人が、イコール好きな人っていうのはどうしてなんだよ。
      単純すぎないか? 軽いぜ」

アヤカ  「 ... 」

ジュンジ 「だってそうだろ? お前は婚約してたんだだよ、この俺と。半年後には結婚
      しようって言ってたんだぜ? それがどうしていきなり目の前に現れた男に
      惚れるんだよ? 好きになるんだ?」

アヤカ  「結婚結婚って言ってても、ジュンジの両親は反対してたじゃない!」

ジュンジ 「 ... 」

アヤカ  「やれ家柄だとか親戚がとか、おしまいには私が一人住まいからだからろくな
      家庭に育ってないだとか ... 誰も私を歓迎してくれなかったじゃない!」

ジュンジ 「アヤカ ... 」

アヤカ  「婚約って言うけど ... 誰も認めてくれなかった ... 」

マスター 「アヤカさん ... 」

アヤカ  「ごめんなさい、マスター ... 久しぶりに会えたのに、こんな話しで時間
      つぶしちゃって ... 」

マスター 「いいえ、とんでもありません ... 」

アヤカ  「私、帰る ... 」

ジュンジ 「まだ話しは全部終わってない」

アヤカ  「もう、いい ... 」

ジュンジ 「よくない ... 少なくても俺はまだ納得してない」

アヤカ  「何を納得したいの? もうわかったでしょう、あなたと一緒にならなかった
      理由が」

ジュンジ 「ならどうして今頃になって帰って来たんだ? 何で俺に連絡した? どうして
      なんだ?」

アヤカ  「今ならこのこと話せると思ったから ... 」

ジュンジ 「わざわざ神戸くんだりまで話しに来たって訳か?」

アヤカ  「 ... 」

ジュンジ 「電話でも済むことなのに?」

アヤカ  「いいじゃない ... 私の勝手じゃない ...!」

ジュンジ 「それにその命の恩人とはどうなったんだよ ... 付き合ってでもいるのか?」

アヤカ  「まさか ... その人ともそれっきりよ ... 」

ジュンジ 「それっきりって?」

アヤカ  「もういいでしょ! 私帰る!」

ジュンジ 「アヤカ!」


         :アヤカ、店を出る ---

        SE:ドアの閉まる音 -----





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。