2012年10月14日

épisode / V.S.O.P 第四夜 「哀 愁」 -scene:4-








         :サンドリオンの店内 -----

         :レイコ、カクテルをゆっくりと一口 -----


レイコ  「 ... 確かに、このカクテル ...
      グラスを琥珀色に染めるわりには、意外と甘口だわ ...
      でも ... 何故これを私に ...?」

マスター 「それは ... レイコさんご自身が一番、おわかりではないでしょうか ... 」

レイコ  「私自身が ...?
      どういう意味なんですか? マスター ... 」

マスター 「それはつまり ...
      このカクテルそのものが ... 今夜のレイコさんのハートカクテルではないかと
      ... 」

レイコ  「私のハートカクテル ...?」

マスター 「そもそも ... このラスティ・ネールというカクテルの名前は『錆びたクギ』
      という意味の他に『古めかしい』という意味がございまして ...
      このカクテルの場合は ... そのグラスを彩る琥珀色の輝きが、古の色 ...
      つまり過去を伝えるイメージの色合いとされているのです」

レイコ  「過去の色って ...
      マスター ... それじゃ今夜の私の心の色は、このカクテルのように琥珀色だと
      ...?」

マスター 「少なくとも ... 5年振りにここで再会されたあの日からは ...
      その瞳は琥珀色に染まり出していたのではないかと ... 」

レイコ  「瞳が ... 琥珀色に ...?」

マスター 「しかも ... ご自分では気付かれないままに ... 」

レイコ  「知らず知らずのうちに ... ですか ... 」

マスター 「そして ...
      それが今夜 ... 心までもが染められた ... 」

レイコ  「心まで ... 染めた ...?
      マスター ... 今夜の私が、どうしてそんな風に見えるの ...?
      元気がなかったから? それとも淋しそうだったから?
      どうして ...? どうしてなの、マスター ... 」

マスター 「それは ...
      お元気がない訳でもなく ... かと言って、淋しそうにされているからでも
      ない... つまり ...
      その瞳や声や仕草など ... すべてにもの悲しさを漂わせていらっしゃるから
      です ... 」

レイコ  「もの悲しさ ... 」

マスター 「そう ... 哀愁と呼ばれるものでしょうか ... 」

レイコ  「琥珀色の哀愁 ... 」


         :レイコ、カクテルをゆっくりと一口 -----


レイコ  「そうなると ... この琥珀色の哀愁は ... 甘い味がするのね ... 」

マスター 「それは少し、違うかも知れませんね ... 」

レイコ  「エッ ...?」

マスター 「甘い味がするからこそ ... 琥珀色の哀愁なんだと思います ... 」

レイコ  「マスター ... それって ... 」

マスター 「同じように聞こえるかも知れませんが ... かなり意味合いが変わります ...
      要するに ...
      辛口の想い出に、哀愁というものは漂わないのではないかと ...
      そう思うのですが ... 」

レイコ  「マスター ... 」

マスター 「言い忘れておりましたが ...
      そのラスティ・ネールのベースはスコッチ・ウイスキーですが、スィートな
      口当たりを醸し出しているのは『ドランブイ』というイギリスのリキュール
      なんです ... 」

レイコ  「ドランブイ ...?」

マスター 「そしてそのドランブイは ... ゴール語で『心を満たす飲み物』という意味を
      表すのです ... 」

レイコ  「心を満たす飲み物 ... 」

マスター 「つまり ...
      過去にその心を満たした想いを愛おしむ女性だけが、琥珀色した哀愁を漂わ
      せるものではないかと ... 私はそう思うのですが ... 」

レイコ  「マスター ... 私 ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。