2012年10月08日

épisode / V.S.O.P 第三夜 「誤 算」 -scene:4-







        :サンドリオンの店内 -----



マサヤ  「それで ... 式はいつ頃?」

レイコ  「どうしてそんなこと聞くの ...?」

マサヤ  「昔の男は、聞いちゃいけないのかな?」

レイコ  「そういう訳じゃないけど ... 」

マサヤ  「まさか極秘結婚でもあるまし ... オープンにいこう、オープンにね」

レイコ  「 ... 来年の ... 春頃、かな ... 」

マサヤ  「フーン、半年先か ... まだ結構、時間があるんだ ... 」

レイコ  「そうでもないわ ... 女の場合は何かと準備が大変だから、あっという間
      なのよ、半年なんて ... 」

マサヤ  「そんなものなのかね ... 独身貴族のボクにはよくわからんな、その辺の
      ことは ... 」

マスター 「女性の場合 ... 結婚は人生にとって最大にターニングポイント ...
      いろんな意味での身支度が必要ですから ... 」

マサヤ  「それは男にとっても言えることですよ、マスター。
      自分にとってかけがえのない女性と一緒になるんですからね。
      ただならぬ責任感と義務が、結婚によって与えられるわけですよ ...
      これ以上のターニングポイントはないと思うな ... 」

レイコ  「それって、当然のことでしょう ...
      身も心も捧げてくれた一人の女性を、守ってゆくのが男性の役目だもの。
      その辺の意識ぐらいは、しっかりと持ってもらいたいわ ... 」

マサヤ  「女性にだって、それなりの責任と義務はあるはずだが ... 」

マスター 「いずれにしましても ... まったく生まれも育ちも違う男性と女性が、その日を
      境に同じ屋根の下で暮らし始めるわけですから ...
      お互いの深い信頼と理解が必要だと思いますね ... 」

レイコ  「深い信頼と理解、か ... 」

マサヤ  「その辺のところはどうなの? ちゃんとキープしてるのかな?」

レイコ  「ご心配なく ... 言われるまでもなく、深い絆で結ばれてるわ」

マサヤ  「まいったな ... よくそんなセリフを臆面もなく、サラリと言ってくれるね」

レイコ  「そうかしら ... 別に気にならないけど ... 」

マサヤ  「ところで ...
      ピアノはどうするつもりなんだい ...? 続けるのか?」

レイコ  「そうね ... そのつもり。
      私からピアノを取り上げたら、何も残らないもの ... 」

マサヤ  「これからはそんなことはないだろう ...
      少なくともキミのそばにはいつも、愛する人がいるんだから」

レイコ  「それとこれとは別問題だわ ... 違う次元の話よ」

マサヤ  「そうかな ... ボクにはそう思えないけど ... 」

レイコ  「それだって違う次元の感覚よ ... 私とあなたのね」

マサヤ  「やっぱりいつもと違うな ... と言うより、ホントに変わったのかな ... キミは」

レイコ  「だから言ったでしょう ... 私は変わったんだって。
      もうあの頃とは違うのよ、何もかも」

マサヤ  「 ... 何もかもが、違うか ... 」

レイコ  「あなた自身だってこの間、そう言ってたじゃない ...
      いくらなんでも、人間少しぐらいは変わるよ ... 5年もあればねって」

マサヤ  「人が言ったことは、よく覚えてるんだな ... キミは」

レイコ  「 ... そんなつもりはないわ」

マサヤ  「じゃ、どんなつもりなんだろうね ... 」


         :マサヤ、おもむろにタバコをくわえて ---
         :デュポンで火を点ける ---
         :そしてゆっくりと一口 ---


レイコ  「それより ... まだあなたの手元にあるのね、そのライター ... 」

マサヤ  「エッ ...?」

レイコ  「付き合って間もない頃 ... 私がプレゼントしたそのデュポン ... 」

マサヤ  「どういう意味かな ... そのセリフは」

レイコ  「あれから8年経った今でも、そのライターをそうして大事に持ってるあなたは
      ... やっぱりあの頃のまま ... 何も変わってないのよね ... 」

マサヤ  「それは違うね」

レイコ  「エ ...?」

マサヤ  「これは ... キミにもらったデュポンとは ... 
      違うものなんだから ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。