2012年10月20日

épisode / V.S.O.P 最終夜 「慕 情」 -scene:4-







         :サンドリオンの店内 ---



マサヤ  「マスターも知っての通り、あれから例の彼女にあったんですよ ...
      長い間うやむやにしてた、プロポーズの返事を言うためにね ... 」

マスター 「その彼女は、さぞかし喜ばれたでしょうね ... 」

マサヤ  「そりゃ喜びましたよ ... 子供みたいにはしゃいでね ...
      異様なぐらいだった ... 」

マスター 「待ち焦がれていらっしゃったんですね、きっと ... 」

マサヤ  「そうだと思いましたね ... いや、そう感じさせられた ...
      それに ... 今まで見えなかったものが、見えたような気にもなったな ... 」

マスター 「見えなかったものが見えた ...?」

マサヤ  「彼女の目の奥にある輝きみたいなもの ...
      人に恋して恋された時に放つ、不思議な輝き ...それが見えたような気がした
      ... 初めてね」

マスター 「もしそうだとしたら... 素敵な発見ですね、それは ... 」

マサヤ  「でもその反面、ボクは一瞬怯みましたね ... 」

マスター 「怯んだ ...?」

マサヤ  「彼女のその目の輝きみたいなものに、怯んだんですよ ...
      いや、むしろ ... 拒否反応したのかもしれない ... 」

マスター 「それは ... どういうことなんでしょうか ...?」

マサヤ  「実のところ、自分でもよくわからない ...
      わからないけど、彼女のその目の輝きに怯んだことだけは、実感としてあるん
      ですよ ... 自分のこの胸に ... 」

マスター 「そのことがキッカケとなって、結果に至ったんでしょうか ... 」

マサヤ  「それに近いものはあった ... 兆候として ... 」

マスター 「それじゃ一体、何が原因で ... 」


         :マサヤ、ゆっくりとブランデーを一口 -----


マサヤ  「 ... レイコですよ ... 」

マスター 「レイコさん ...?」

マサヤ  「その夜 ...
      彼女と一緒に派手に飲んで、そのまま一晩一緒だったんですよ ...
      その時 ... 」

マスター 「その時 ...?」

マサヤ  「どうやら寝言で、レイコの名前を口にしてたらしいんです ... 」

マスター 「レイコさんの名前を ... 」

マサヤ  「それを彼女がしっかり聞いてた ...
      まさに幸せの絶頂から、一挙に不幸のドン底へ突き落とされたような雰囲気
      だったな、彼女 ... 」

マスター 「それで彼女とは ... 」

マサヤ  「一巻の終わり ... ジ・エンドってわけですよ ... 」

マスター 「そうでしたか ... 」

マサヤ  「最初の頃は友達感覚の付き合いだったんで ... 折に触れレイコの話しも
      ちょくちょく彼女にしてたから、それなりに意識してたみたいで ...
      それが一緒になろうって言ったその日のうちに、寝言でレイコの名前を口に
      したものだから ... もうダメだって思ったみたいで ...
      ポツリと ... 『8年越しの彼女には勝てない ... 』そう言ってた ...
      その彼女の横顔は、悲しいというより諦めの表情を漂わせてた ... 」

マスター 「心の奥に潜む、レイコさんへの無意識な想いが、彼女の目の輝きを怯ませたり
      威圧感を与えたんでしょうか ... 」

マサヤ  「レイコへの想い ... 」

マスター 「それも出逢ってから今日までの8年という、長い歳月を乗り越えた想い ... 」

マサヤ  「でも ... そのレイコも、二度とボクの目の前にもう現れることもない ...
      そう ... 彼女は結婚するから ... 」


         :マサヤ、グラスのブランデーを一気に飲み干す -----


マサヤ  「フゥ ... マスター、もう一杯ください ... 」

マスター 「 ... よろしければこの際是非、お勧めしたいブランデーがあるのですが ... 」

マサヤ  「エ ... それって ...?」

マスター 「それは ... V.S.O.P 」

マサヤ  「V.S.O.P ...?」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

épisode / V.S.O.P 最終夜 「慕 情」 -scene:3-








         :微かな波の音 ---

         :デュポンで火をつける音 ---
         :マサヤ、ゆっくりとタバコを一口喫う -----


マサヤ(Na) 5年ぶりに彼女と出逢ったあの瞬間から ...
      確かに ... 過去という時間の彼方に身を潜めた、沈黙の想い出たちが
      微かに囁き始めていた ---

      何気なく交わす会話をつかさどるあの声のトーンも ...
      さりげなく振舞われるいろんな仕草やその癖も ...
      間違いなく5年前に、このオレの目の前で消えうせていたものだった ---

      途絶えていた記憶が、蘇る瞬間(とき) ---

      それは ... セピア色したハートが仄かに色付き始めることであり ...
      忘れかけていた切なさというものを、不条理にも感じ始めることだった ---
      もう過去のものでありながら ---
      想い出の欠片は真新しいときめきへと、その姿を変えた ---

      しかし ...
      彼女から聞かされた5年ぶりの告白は「結婚」というセリフだった ---
      その事実を知らされた瞬間から ...
      色付き始めていたセピア色のハートが、別の色に染まり始めた ---

      そして自分なりに、ある一つの決心が芽生えた ...

      --- オレも結婚しよう ... と ---

      その女性に対して、純粋にそう思ったことなのか ...
      それとも ... すがるような想いからなのか ...
      自分では判断がつかなかった ---

      ただ ... 一つだけ言えることがあった ...
      それは ... 少なくともその女性は、今のオレにとって、レイコよりも
      身近な存在であるということだった ---

      オレはその女性に想いを告げ、一夜を伴にした -----

      だが ...



         :サンドリオンのドアが開く音 -----


マスター 「いらっしゃいませ ... 」

マサヤ  「(少し元気なく)こんばんは ... マスター ... 」

マスター 「どうかなさいましたか ...?
      今夜はいつもより少し、お元気がないご様子ですが ...?」

マサヤ  「別に ... そうでもないけどな ... 」

マスター 「果たして ... そうなんでしょうか ... 」

マサヤ  「(ため息まじりに)マスターには敵わないな ... 」


         :マサヤ、タバコをくわえデュポンで火を点け ---
         :ゆっくりと一口喫う ---


マスター 「 ... 今夜は、いかがいたしましょうか ... 」

マサヤ  「そうだな ... 今夜はブランデーでももらおうかな ...
      それもオーソドックスに、ストレートでね」

マスター 「銘柄はいかがいたしましょう ...?」

マサヤ  「それはマスターにお任せ」

マスター 「かしこまりました ... 」


         :ブランデー・グラスが用意され ---
         :ボトルからゆっくりとブランデーが注がれる -----


マスター 「どうぞ ... 」


         :グラスが置かれる -----


マサヤ  「どうも ... 」


         :マサヤ、グラスを包み込むようにして持ち ---
         :ゆっくりと味わいながら一口 -----


マサヤ  「(微かに)フゥ ... 」

マスター 「やはり ... 今夜はご様子が、いつもと違いますね ... 」

マサヤ  「実はね、マスター ... オレ、ふられたんですよ ... 」

マスター 「ふられた ...?」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

épisode / V.S.O.P 最終夜 「慕 情」 -scene:2-








         :サンドリオンの店内 -----


マスター 「やはり ... どうしても行かれるおつもりですか ... 」

レイコ  「 ... 決心は変わらないみたいだから ... 」

マスター 「そのままで、行かれてよろしいんでしょうか ... 本当に」

レイコ  「そのままでって?」

マスター 「足りない何かを、この日本で見つけられないままで ... 」

レイコ  「そう ...
      だって ... 過去にこだわる自分のままじゃ、何も始まりはしないもの ...
      そういう意味で彼との5年ぶりの再会は、今の私に本当の自分の心の模様を
      教えてくれたし、海外での生活が私にとって何だったのかも考えさせられた
      ... それほど影響を与えた人と、過去に同じ時間の所有があることを忘れない
      限り ... 私はいつまでたってもあの頃のまま ... このままだもの ...
      だから ... 」

マスター 「それは ... 過去からの逃避ということでしょうか ... 」

レイコ  「結果的にはそうなるかもしれない ...
      でも私自身はそうは思ってない ... 少なくとも新たな旅立ちだと思ってる
      し、そう考えてもいたい ...
      その上で、私にとって足りない何かを見つけたいと思うの ... 」


         :レイコ、カクテルをゆっくりと一口 -----


マスター 「一つだけ、質問させて頂きたいのですが ... 」

レイコ  「なに ...? マスター」

マスター 「こんなことをお聞きするのは愚問かもしれませんが ...
      レイコさんにとってのこの5年間は、一体なんだったのでしょうか ...?」

レイコ  「 ... 私にとっての、この5年間 ... 」


         :レイコ、グラスを見つめながらしばらく考えている -----


レイコ  「(ポツリと)あの人の存在を ...  眠らせるためだけの時間だったのかも」

マスター 「 ... 出会ってから今日までの、8年間の貯蔵ということですね ... 」


         :レイコ、グラスのカクテルを飲み干し -----


レイコ  「それじゃマスター ... 私、行くわ ... 」

マスター 「レイコさん ... 」

レイコ  「ほんの数回だったけど、またここへ来て良かったと思ってるの、私 ...
      本当に色々とありがとう ... マスター」

マスター 「 ... まだ時間も早いですし、もう少しごゆっくりなされては ... 」

レイコ  「ごめんなさい、マスター ... そう言ってもらえるのはとても嬉しいんだけど
      ... 今夜最後に、どうしても行っておきたい所があるから ... 」

マスター 「そうですか ... 残念です ... 」

レイコ  「今度またいつか ... 日本へ帰って来た時には必ず ... 」

マスター 「彼にはやはり ... ご連絡されないままで ...?」

レイコ  「ええ ... このまま逢わずに行くつもり ...
      その方が似合ってると思うから ... 今度の旅立ちには ... 」

マスター 「レイコさん ... 」

レイコ  「それじゃマスター ... お元気で ... 」

マスター 「レイコさんこそ ... お体にお気をつけになって ... 」

レイコ  「さよなら ... 」

マスター 「ありがとうございました ... 」


         :ドアの開く音 -----


レイコ(Na) さよならマスター ... さよならサンドリオン ...
      私はもう二度と ... ここへ訪れることはないと思うから -----


         :歩き出すレイコのヒールの音 -----


      何故ならそれは ... もうこの地へは、帰って来ないつもりだから -----





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

épisode / V.S.O.P 最終夜 「慕 情」 -scene:1-








ナレーション  過去という時間の流れの中に
        同じ時間の所有があった ---

        唇からこぼれるその囁きが優しく響き
        瞳に映るその仕草が愛おしく感じられた日々 ---

        男にとって、それは心を酔わせた瞬間であり ...
        女にとって、それはつかの間のときめきであった ---

        そう ...

        やがてそれは心に綴られた思い出の欠片となり ...
        仄かな憧れへとその姿を変える ---

        --- すべてがセピア色に染められた、男と女の情景 ---

        そして今ここに ...
        その同じ想い出に微睡む二つのハートが
        それぞれの真実に目を覚ます ...
        真新しい恋の歴史を告げるかのように ---


        SE:ミキシング・グラスにキューブ・アイス(3〜4個)が入れられる ---
         :そこへカナディアン・ウイスキー(2/3)と
          スィート・ベルモット(1/3)、アロマチック・ビターズ(1d)が
          それぞれに入れられ、バー・スプーンで軽くステアされる -----


        その最終夜は ...
        琥珀色のベールに包まれた、心の中までもが見えそうな ...
        そんな透き通った夜に、始まった -----


        SE:ミキシング・グラスにストレーナーをかぶせ、グラスに注ぎ ---
         :仕上げにレッド・チェリーがカクテルピックに刺されて
          グラスに沈められる -----


マスター 「お待たせいたしました ... どうぞ」


         :グラスが置かれる -----


レイコ  「ありがとう ... 」


         :レイコ、カクテルをゆっくりと一口 -----


レイコ  「ウーン ... やっぱり最高 ... マスターのカクテルは」

マスター 「いつもながらお褒め頂けて、光栄です」

レイコ  「私 ... 5年間というものアメリカやヨーロッパを転々としながら、それこそ
      いろんなバーでいろんなカクテルを口にしたけど ...
      やっぱりこの店で飲むマスターのマンハッタンが最高 ... 一番好きよ ... 」

マスター 「余程、お口に合ってるんですね ... 私のカクテルが ... 」

レイコ  「合ってるって言うのかな、この場合は ...
      でも、私にすれば最高としか表現出来ないんだけどな ... 」

マスター 「いずれにしましても ... ここへいらっしゃるお客様にそう言って頂けることは
      私にとってありがたいことです」

レイコ  「それは ... 私にも言えることだわ ... 」

マスター 「レイコさんにも ...?」

レイコ  「そう ... 私にも。
      だって最高の店で最高のカクテルを飲みながら ...
      こうして最後の夜を過ごせるんですもの ... 」

マスター 「最後の夜とは ... レイコさん、それじゃ ... 」

レイコ  「明日パリへ発つつもりなの ... 」

マスター 「レイコさん ... 」

レイコ  「だから今夜が出発の夜 ... つまり最後の夜なのよ、マスター ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

épisode / V.S.O.P 第四夜 「哀 愁」 -scene:final-








         :サンドリオンの店内 -----

         :レイコ、カクテルをゆっくりと一口 -----


マスター 「この間 ... 5年ぶりにここへお見えになった夜に、お話しされていたことを
      覚えていらっしゃいますか ...?」

レイコ  「あの夜話したことって ... 」

マスター 「アメリカ、ヨーロッパを転々とし、いつも発見であり感動だった毎日を過ご
      した中で、ただ何かが足りなかったと ... そうおっしゃってたことを ... 」

レイコ  「確かにそういってたわね、私 ... 」

マスター 「手を伸ばせばすぐそこにあるものなのか ... それともここには無く、遥か彼方
      にあるのもなのか ... 
      ここしばらくこちらにいらっしゃっていかがだったでしょう ...?
      その輪郭ぐらいはおぼろげに見つかりましたでしょうか ...?」

レイコ  「足りない何か ... か ... 」

マスター 「それを見つけられない限りは ...
      何をされても、どこへ行かれても ... その琥珀色した哀愁を拭うことが出来
      ないのではないかと ... 」

レイコ  「哀愁を拭いきれない ... 」

マスター 「 ... この間、結婚されると言っておられたので ...
      もしや、その足りない何かを見つけられたのかと ... そう思いまして ... 」

レイコ  「マスター ... 実はあれは ... 」

マスター 「よろしいんじゃないでしょうか ...
      この際、時期は別としても ... いずれは想い想われる方と、結婚なさるのです
      から ... 」

レイコ  「マスター ... 」

マスター 「早く見つけられればよろしいですね ... その足りない何かが ... 」

レイコ  「 (ポツリと) ... そうよね ... 」


         :レイコ、カクテルを一口 ---

         :短い沈黙 -----


レイコ  「マスター ... 私また、旅に出ようかと ... 」

マスター 「旅に ...?」

レイコ  「マスターがさっき言ってたように ... 今度はその足りない何かを見つける
      旅になりそうだけど ... 」

マスター 「レイコさん ... 」

レイコ  「私 ... あの夜ここであの人と再会するまで、ずっと気付かなかった ...
      自分がこんなに過去にこだわってたなんて ...
      5年間という海外での生活で、私は私自身の中で勝手に身も心も変わったと
      思ってた ...
      ものの見方や考え方、そして ... 自分の色合いまでも ...
      でも、ホントはそうじゃなかった ...
      私は私のまま ... あの頃のままだったのよね ... 」

マスター 「だから、旅に出ようと思われたのでしょうか ... 」

レイコ  「それもある ... 確かにあるけど ... それだけじゃなくて ... 」

マスター 「それだけじゃない ... ?」

レイコ  「だってこのままじゃ ... 少し辛いから ... 」

マスター 「辛い 、ですか ... 」

レイコ  「 ... あの人が結婚するんだもの ... 」

マスター 「レイコさん ... 」

レイコ  「すべて身からでたサビ ... 私の誤算だった ... 」


         :レイコ、カクテルをゆっくりと一口 ---
         :微かに聞こえるグラスの氷の音 -----


レイコ  「だから私 ... 旅に出たいのよ、マスター ... 」

マスター 「 ... 逢わずに行かれるのですか? このまま彼とは」

レイコ  「そのつもり ... もう逢う意味もないし ... 」

マスター 「せめて、ご連絡だけでもされてみては ... 」

レイコ  「そうね ... それは考えてみるわ ... せっかく彼の名刺が手元にあるんだから
       ... それに ... 」

マスター 「それに ...?」

レイコ  「彼とここで再会したのも ... 偶然だけじゃなかった気もするし ... 」

マスター 「 ... いつ頃、こちらを発たれるおつもりですか ...?」

レイコ  「遅くとも ... 来週ぐらいには出発しようかと ... 」

マスター 「そんなにお急ぎにならなくてもよろしいのでは ... 」

レイコ  「ウン ... だけど、それがいいかと ...
      マスターとこのサンドリオンには、名残惜しいけど ... 」

マスター 「レイコさん ... 」

レイコ  「でもマスター ... 出発前の最後の夜には、顔を出すつもりだから ... 」

マスター 「お約束ですよ ... 必ずお見えになってください ... 」

レイコ  「ええ ... 約束よ ... 必ず来るわ ... 」

マスター 「お待ちしておりますので ... 」


レイコ(Na) この夜 ... 私は旅立ちを決心した ---
      足りない何かを見つけるために ... そして過去を拭うために ---
      私が私に問いただしてで出てきた ... 一つの結論 ---

      もう振り返ることもなく ... 過去にこだわることもない ...
      そのために私は旅立つ ... もう一度 ---

      でも ...

      この旅立ちは何故か ... 心が泣いている ...
      琥珀色の涙を流しながら -----



ナレーション  こうして今 ---
        琥珀色の哀愁を漂わせた一つのハートが
        涙を流した ...
        心を満たしていた過去との別れを告げるために -----





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。