2012年09月24日

épisode / V.S.O.P 第一夜 「再 会」 -scene:2-








        :サンドリオンの店内 -----

       SE:ミキシング・グラスに氷(3〜4個)が入れられる ---
        :そこへカナディアン・ウイスキー(2/3)と
         スィート・ベルモット(1/3)、アロマチック・ビターズ(1d)が
         それぞれ入れられ、バースプーンで軽くステアされる ---
        :ミキシング・グラスにストレーナーがかぶせ、グラスに注ぎ ---
        :仕上げにレッド・チェリーがカクテルピックに刺されてグラスに
         沈められる -----


マスター 「お待たせいたしました ... どうぞ」


        :グラスが置かれる -----


レイコ  「どうも ... 」


        :レイコ、ゆっくりと一口 -----


レイコ  「 ... さすがマスターのカクテル ... やっぱり美味しい ... 」

マスター 「そうおっしゃって頂けると、光栄です ... 」

レイコ  「あの頃のままの味がするわ ... 」

マスター 「それは ... 少し複雑なご感想ですね ... 」

レイコ  「エ ...?」

マスター 「懐かしんでおられるのか ... それともお褒め頂いているのか ... 」

レイコ  「いやだな、マスターったら ... 当然でしょ ... 両方に決まってるわ」

マスター 「(少し笑い声で)変わっておられませんね ... レイコさんはあの頃のまま」

レイコ  「マスターだってそうよ ... あの頃のまま ...
      それにこのお店だって ... 何も変わってない ...
      街の景色や人の服装に、時の流れみたいなものをまともに感じさせられたけど
      ここだけはあの頃のまま ... 時間が止まってたみたいで ... 」

マスター 「確か ... 」

レイコ  「5年 ... あれから5年経ったの ... 」

マスター 「そうですね ... それぐらい経ちましたでしょうか ... 」

レイコ  「今更ながら、長いようで短かった気もする ... この5年間は」

マスター 「それほどに ... 充実されてた年月だと、言えるのではないでしょうか」

レイコ  「充実した年月か ... 」

マスター 「で、いかがでしたか? 海外での生活は」

レイコ  「そう ... アメリカ、ヨーロッパを転々として、まるで音楽の武者修行みたいな
      感じの毎日だったから ... うん、そうね ... なんて気取った返事をできる程
      余裕はなかった ... けれどその反面、辛くとも苦しくとも何ともなかった ...
      ただ夢中で、いろんなものを見たり聞いたりしてたから ...
      毎日がいつも発見であり、感動だった ... その繰り返し ... 」

マスター 「素敵じゃないでしょうか ... そんな日々を過ごされて ... 」

レイコ  「そう ... 確かに素敵な毎日だったと言えるでしょうね ... 」


         :レイコ、グラスのカクテルをゆっくりと一口 -----


レイコ  「(ポツリと)でも ... 」

マスター 「 ... でも?」

レイコ  「何かが足りなかった ... 」

マスター 「何かが足りない ...?」

レイコ  「そう ... 何かが足りなかった ...
      自分でもよくわからないんだけど、何かがね ...
      (少し笑い)別に大したことじゃないとも思うんだけどね ... 」

マスター 「そうですか ...
      (話題を変える風に)... それで、しばらくは神戸にいらっしゃるんですか?」

レイコ  「ええ ... そのつもりです」

マスター 「それでしたら、精々ご利用くださいませ ... このお店を」

レイコ  「そうよね ... 」


         :ドアの開く音 -----


マサヤ  「こんばんは、マスター ... お久しぶり!」

レイコ  「!... マサヤ ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。