2012年09月06日

anecdote / 雨色のレシピ File-X -Page:final-









         :かろうじて弾を避けたジン -----


アサミ  「先生 ...!!」

ジ ン  「クソーッ、汚ねえ奴らだ!」


         :一気にアサミの元へ走る、ジン -----


男    「クソッ! また命拾いしやがって! 今度は逃さんぞ ... 奴を殺せ!」


         :一斉にピストルを撃ちだす男達 -----


ジ ン  「あいつら節操がねえな ... 撃てばいいってもんでもねえのにな」

アサミ  「やっぱり、私のこと心配してくれてたんですね、先生!」

ジ ン  「バカ ... お前に死なれたら、誰が葬式代出すと思ってんだ」

アサミ  「エッ?!」

ジ ン  「それよりいいか、あの倉庫まで突っ走るぞ ...!」

アサミ  「えっ?! あんな所まで?」

ジ ン  「いやならいいんだ ... ここで奴らの餌食になれ。俺はその間に逃げるから」

アサミ  「ひっどい ... わかりましたよ! 行けばいいんでしょ、行けば」

ジ ン  「そういうことだ ... じゃ行くぞ ... ワン ... ツー ...、スリーッ! それ!」


         :ジンとアサミ、全力で突っ走る ---
         :二人に向けて撃たれる拳銃 -----


男    「何してる! さっさと片付けてしまえ!」


         :倉庫にたどり着く二人 ---
         :二人とも肩で息をしている -----


ジ ン  「よし、これでもう安心だ ... 」

アサミ  「先生 ... 」

ジ ン  「どうした ... 情けない声出して ... 」

アサミ  「ごめんなさい ... 私のせいで大事なフロッピーを ... 」

ジ ン  「ああ、あれなぁ ... あれだったらここに(ポケットから出し) ...ほれ」

アサミ  「それは ...?!」

ジ ン  「これ、本物 ... あっちニセ物 ... 奴らには俺の芸術的ポエムなんぞを
      したためたフロッピーをプレゼントしてみたんだが」

アサミ  「さっすが!」

ジ ン  「それじゃボチボチ、助けを呼ぶとするか ... 」

アサミ  「助けを呼ぶって ...?!」

ジ ン  「これだよ ... これさ」

アサミ  「火災報知機?! なるほど ... 」

ジ ン  「これから始まるハードボイルドの、幕開けのベルだ」


         :ジン、火災報知機のスイッチを押す -----

        SE:辺りに響き渡るベルの音 -----

 

マスター(Na) 一秒、そしてまた一秒と ...
      止まることなく刻まれていく時間(とき)の流れのように .....
      疑惑と言う名の謎が真実を語り始めた -----

      この季節の雨にも似た、透明な輝きを放ちながら -----


        SE:激しい雨音 ----- 





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。