2012年09月18日

épisode / タクシー・バラード「北野 篇」 -scene:3-








         :サンドリオンの店内 -----



女    「それじゃ ... いろんな人と出会い、いろんな所へ行くんですね」

源次郎  「まあ、そうだね ... 確かにいろんな人間乗っけて、いろんな所に向かって
      走るねェ ... 疲れた人や元気な人、それにたまには怪しい奴なんかもな」

マスター 「そうでしょうね ... 喜びに胸躍らせる人や、悲しみに肩震わせる人 ...
      様々な人がそれぞれの思いを秘め、つかの間の道行きに通り過ぎて行く ...
      タクシーは、そんな空間でもあるんですね ... 」

源次郎  「でもマスター ... 現実は意外に滑稽だよ ... 味気ないもんだ。
      特に夜なんかに乗ってくる人間のほとんどは、少し疲れたサラリーマンや
      酔っぱらいだ ... そこにはみんなが思うような、色気やほだされるものは
      残念ながら何もないね」

マスター 「そうなんですか ... 」

女    「でも、いろんな所へ行かれるのは事実ですよね」

源次郎  「それはそうだね ... いろんな場所へ走らされるからなァ」

女    「特にこの街は海と山に囲まれた、素敵な港街ですものね ... 」

源次郎  「俺はその中でも、この辺りが一番好きだね ... 」

女    「この辺りが ...?」

源次郎  「そうだよ ... 特に異人館界隈なんか最高だよ」

女    「異人館 ... 」

源次郎  「いやなに、異人館にはちょっとした思い入れがあってね ...
      ここは俺にすれば、心休まる場所でもあるんだよ ... 」

女    「心休まる場所、ですか ... 」

源次郎  「だからこの店にも、ちょくちょく寄せてもらってるんだ」

バーテン 「それは初耳ですね、源さん」

源次郎  「そうだったかな ...? いや、そうかもしれんな ... まあどっちにしろ、この
      店からなら、異人館は母屋みたいなもんだからな」

バーテン 「異人館が、この店の母屋ですか?」

源次郎  「にしては、ちょっと雰囲気が違うかな ...?」

バーテン 「かなり違うとおもいますが ... 」

源次郎  「まあいずれにせよ、俺にとってはどっちも大事なものには変わりないってこと
      だよ、バーテンさん」

バーテン 「ありがとうございます、源さん」

女    「(ポツリと)ここからだと ... ホント近いですよね、異人館は ... 」

源次郎  「お嬢さんも好きなんだね、この辺りが」

女    「エッ?」

源次郎  「顔にそう書いてあるよ」

女    「まさか ... 」

源次郎  「いやいや、なかなかどうして ... これでも仕事柄、乗ってくるいろんな人の
      顔見てるから、結構わかるんだよ、その胸の内が ... 」

女    「 ..... 」

バーテン 「源さん、失礼ですよ ... 」

源次郎  「おっと、悪気はないんだ ... 気に障ったならごめんなさいよ ... 」

女    「いいえ、そんなことは ... 」

源次郎  「そうかい ... それならお詫びの印ってわけでもないが、この店からの異人館
      ルートってのを、お嬢さんに教えてあげるよ」

マスター 「サンドリオンからの ...?」

女    「異人館ルート ...?」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

épisode / タクシー・バラード「北野 篇」 -scene:2-








         :サンドリオンの店内 -----



マスター 「実は ... こちらの方も、お客様と同じ種類のカクテルを、オーダーされている
      お一人なんです」

女    「そうなんですか ... それじゃお酒が駄目で」

源次郎  「いや、俺の場合はそうじゃないんだけどね ... 何せ仕事が仕事なもんだから
      ... 下手すりゃオマンマの食い上げだからねェ ... だから今だって、ほら、
      このとおり ... 」

女    「じゃそれは ... 」

源次郎  「お嬢さんが飲んでるのと、おんなじ類のもんだ」

マスター 「こちらのカクテルは、フロリダと呼ばれているものです... 」

女    「フロリダ ... 」

源次郎  「俺の場合、仕事中はいつもこれで、それ以外の時はここにジンを入れて飲む
      んだ ... 」

女    「ジンを入れる ...?!」

源次郎  「こいつがまた美味いんだよ ... なあ、マスター」

マスター 「そうですね ... 口当たりの良い、飲みやすいカクテルとなりますから ... 」

女    「そんなカクテルがあるんですか?」

マスター 「フロリダにジンを加えますと、オレンジ・ブロッサムというカクテルになるん
      です」

女    「そうなんですか ... 」

源次郎  「だから、仕事の合間にここでこうして、こいつで一息入れてるって訳なんだ」

女    「それにしても ... 遅くまでお仕事されてるんですね」

源次郎  「アハッハハハ ... 仕事って言ったって、気楽なもんだけどね」

女    「でも、こんな時間なのに、まだ仕事中だなんて」

源次郎  「なーに、その気になりゃ、帰ったっていいんだけどねェ ... やっぱり好きなんだ
      ろうね ... この仕事が」

バーテン 「そうでしょうね ... 源さんにはピッタリの仕事だと思いますよ。
      何しろ仕事中の源さんは、絵になってますからね」

源次郎  「おや? バーテンさんもそう思うかい?」

バーテン 「ええ ... どうしてですか?」

源次郎  「いやなに、この間乗っけた若いカップルも、そんなこと言ってくれたんでね。
      ... やっぱり天職なのかなって、自分でも思うんだよ、近頃」

女    「あのう、失礼ですが ... 」

源次郎  「ン? 何だい、お嬢さん」

女    「一体、何のお仕事をされてるんですか?」

源次郎  「アハッハハハ ... そうかそうか、そうだろうな、わかんねえだろうな ...
      こんな会話じゃ、無理もないか ... 俺はね、運転手なんだよ、運転手」

女    「運転手 ...?」

源次郎  「そう ... タクシーの運転手だよ」

女    「タクシーの ... 」

源次郎  「格好よく言ゃ、お嬢さん ... 俺はタクシードライバーってやつなんだよ」

女    「タクシー、ドライバー ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

épisode / タクシー・バラード「北野 篇」 -scene:1-



バーテン(Na)それは ...
     この店が北野にオープンして、ちょうど一年ほど経った頃の出来事でした -----









         SE:辺りに響くヒールの音 -----


女(Na) 辺りは静かだった ...
     一定のリズムで歩く私の、ヒールの音だけが囁くだけで
     この辺りは静かだった ...

     誰も話しかけてこないし、誰にも話しかけない ...
     私は一人でただあてもなく、彷徨うように歩いてる ...

     淋しくはないけれど、少し切なくて ...
     悲しくはないけど、少しやるせなくて ...

     それは ... たとえばため息が出るような ... うつむき加減になうような
     そんな気分のものじゃなく ...
     ちょうどそれは、瞬きを忘れた様な ... そんな気分のものだった ...

     私は今、歩いてる ...
     いつか来たこの道を ... この街を ... あの時と同じ景色の中を歩いてる ...
     でも、一つだけ違う事が ...

     それは -----



        SE:ドアの開く音 -----


バーテン 「いらっしゃいませ」

マスター 「いらっしゃいませ ... ようこそ」

女    「 ... あのう ... このお店はいつからここに ...?」

マスター 「はい ... かれこれ一年ほど前に、こちらでオープンさせて頂きました ... 」

女    「一年前から ... そうですか ... 」

マスター 「それが何か ...?」

女    「いえ、別に ... ただ前にこの辺りへ来た時には、こんな感じのお店、見かけた
      記憶がなかったもので ... それで」

バーテン 「ということは ... 一年以上、ご無沙汰されてたんですね、この街とは」

女    「正確に言えば ... 三年になりますね」

バーテン 「では、その三年ぶりの北野でのお飲物は、何にいたしましょうか?」

女    「そうですね ... じゃ、サラトガ・クーラーを ... 」

バーテン 「はい? サラトガ・クーラーですか ... かしこまりました ... 」


         :グラスにクラッシュド・アイスが入れられ ---
         :そこへライムジュース(20ml)とシュガー・シロップ(1tsp)が
          注がれる ---
         :最後に、適量のジンジャーエールが入れられ、ステアされる -----


マスター 「サラトガ・クーラー ... 珍しいカクテルを、ご存じなんですね」

女    「そうでもないんですよ ... これって実は受け売りなんです ... ある人のね」

マスター 「受け売り ...?」

女    「実は私、もともとはお酒飲めない人で、それじゃサマにならないからって
      その人がこれを教えてくれたんです」

マスター 「そうでしたか ... 」

バーテン 「お待たせいたしました ... どうぞ(グラスを置く)」

女    「どうもありがとう ...(一口飲む)」

バーテン 「いえ、私の方こそ ... 」

女    「エッ ...?」

バーテン 「お客様のおかげで、久しぶりにそのカクテルを作らせてもらえましたので ...
      お礼を申し上げたいのは、私の方です ... 」

女    「それには及びません ... 
      私もこんなに美味しいカクテルを頂いてるんですから ... 」

バーテン 「恐縮です ... 」

マスター 「いずれにしましても ... その類のカクテルをオーダーされる方は稀で、種類も
      そう多くはございません ... この店でもごくわずかな方が、あえてオーダー
      されるぐらいでして ... 」

女    「中でもそのカクテルは、この店では特に珍しいオーダーですね ... 」

源次郎  「そうだろうなァ ... 俺だって久しぶりだな、サラトガ・クーラーなんて名前
      耳にしたのは」

バーテン 「そうでしょうね ... 源さんでもオーダーされたことがないんですからね」

女    「源さん ...?」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

anecdote / 雨色のレシピ Last File -Page:final-









         :サンドリオンの店内 ---
         :ジンとアサミがいる ---

        SE:グラスにクラッド・アイスが入れられる音 -----

         :そこへバーボンが注がれ ---
         :やがてジンの手元へグラスが置かれる ---


マスター 「お疲れさまでした ... どうぞ」

ジ ン  「ありがとう、マスター ... 」

アサミ  「それにしても、強かな女性でしたね ... あのマリコって人は ... 」

ジ ン  「そうだな ... 
      ここでよく口にしてた、あのカクテルそのものの女だったな ... 」

マスター 「確か ... ブラディーマリーでしたね ... 」

アサミ  「その名の由来通り、冷ややかな血の流れる女性だった訳だ ... 」

マスター 「でも ... 綺麗な女性でしたね ... 彼女は」

ジ ン  「そうかな ... 本当の意味で綺麗な女ってのは、もっと違うような気がするな」

アサミ  「どう違うんです?」

ジ ン  「(一口飲み)... 例えば、金があるとか贅沢出来るとか、そんなことで自分を
      着飾ってる奴らの綺麗さってのは、メッキのように上辺だけ光ってて、中身は
      お粗末なものさ ... だが本当に心から綺麗な女ってのは、キラリと瞬くように
      光ってるものなのさ ... 」

アサミ  「瞬くように光るねぇ ... 」

ジ ン  「ちょうどこのグラスの中の氷のように、透き通って輝くものなんだよ ... 」

マスター 「透き通って輝く、ですか ... 」

アサミ  「今夜は妙にロマンチックなんですね、先生」

ジ ン  「俺は昔っから、ロマンチックさ ... 」

アサミ  「そうですかねぇ ... 」

ジ ン  「それよりマスター ... この期に及んで俺にはまだ、解けない謎がたった一つ
      だけ残ってるんだが ... 」

アサミ  「解けない、謎 ...?」

ジ ン  「その答えをマスターに教えてもらいたいんだ ... 」

マスター 「この私にですか ...?」

ジ ン  「そう」

アサミ  「先生、それってあの事件に関係あることなんですか?」

ジ ン  「まったくないとも言い切れんな ... 」

アサミ  「まだそんな謎が ...?」

マスター 「それでその謎とは、一体 ...?」

ジ ン  「この仕事もいよいよクライマックスだとか何とか言ってここへ来たあの夜 ...
      いつものオーダーをした俺に、いつもとは違うバーボンを、マスターは出して
      くれた ...

マスター 「はい ... 確かに」

ジ ン  「あの時、俺の問いかけにマスターは別に意味はないと答えたが ...
      俺にはどうも納得できなかった ... マスターがいつもとは違うあのバーボンを
      俺に出してくれたことが ... 」

アサミ  「先生、それはマスターの気分の問題でしょ ...?」

ジ ン  「それは違うな ... 」

アサミ  「どうしてです?」

ジ ン  「マスターの場合 ... 気分やノリで、お客が頼みもしない酒を勝手に出したりは
      しない ... そうだよな、マスター」

マスター 「 ... そうですね ... そのようなことは、決して ... 」

ジ ン  「ならどうして、あの夜あのバーボンを俺に?」

マスター 「 ... 勝手なことをいたしまして ... 申し訳ございませんでした ... 」

アサミ  「マ、マスター ... 」

ジ ン  「何か意味があったんだろ? マスター ... 」

マスター 「はい ... お察しの通り、あのバーボンをお出ししたのにはそれなりの意味が
      ございました ... 」

ジ ン  「やっぱりな ... それでその意味っていうのは ...?」

マスター 「ご承知のように、あのバーボンは『オールド・フォレスター』と呼ばれる
      アメリカでも歴史のある代表的なウイスキーです ...
      その歴史は古く、1874年に生まれたものと聞いております ... 」

アサミ  「100年以上も前なんだ ... 」

マスター 「当時のアメリカはバーボンの草創期でありながらも、密封されない状態の樽で
      市場に出回っていたために、容易に混ぜものを作ることが出来て、粗悪な密造
      ウイスキーが多かったようです ...
      そこで高品質のウイスキーを作ろうということで、他に比類なき高品質のこの
      バーボンが誕生し、品質を守るためにあえて『瓶詰めをして密封する』事を
      ラベルに記し、約束をしたとか ... 」

アサミ  「じゃつまり ... 100年以上も前に約束されたことを、今でも守ってるバーボン
      だってことなんだ ... 」

マスター 「そういうことですね ... 」

ジ ン  「そんな謂れのある酒を、どうしてあの時、俺に ...?」

マスター 「いつも仕事のクライマックスを向かえた夜にはここへお見えになり、帰りがけ
      に『また来る』と必ずおっしゃる約束を ... あの夜は特に守って頂きたいと
      そう思いまして ... 」


         :ジン、バーボンをゆっくりと一口 -----


ジ ン  「 ... 相変わらず、シルクのような女だな ... マスターは」

マスター 「失礼いたしました ... 」

アサミ  「さすが ... マスターのレシピは、完璧ね」

マスター 「そう言えば ... 時折、彼女が口にされてましたね ... 私のレシピは完璧だと」

ジ ン  「残念ながら ... マスターのレシピのようにはいかなかったようだな ... 」

マスター 「ちょうどこの季節の雨のように、儚く消え去る運命だったんでしょうか ... 
      彼女のレシピは ... 」

ジ ン  「 ... 雨色のレシピだな ... 」

マスター 「また、振り出したようですね ... 雨が ... 」


         SE:微かに聞こえる雨音 -----


マスター(Na) それは静かに終わりを告げた ---
      一雨ごとに季節の移ろいを忍ばせる時の流れが ...
      微かに耳元で囁くかのように ---

      それは静かに終わりを告げた ---
      琥珀色したグラスの中で、透き通った輝きを見せる氷が
      そっと寝息をたてるように ---

      そしてそれは、静かに終わりを告げた ---
      人知らずしてエピローグを告げるかのような
      微かな雨音に紛れて -----




posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

anecdote / 雨色のレシピ Last File -Page:6-









         :ジンに向けられる銃口 -----


ジ ン  「その前に ... 死刑囚にだって、最後の一服の楽しみは残されてるって言うぜ ...
      タバコ1本、いいかな ...?」

マリコ  「そうね ... この世の名残に、どうぞ ... 佐山さん」


         :佐山はタバコを取り出し、ジンの口元へ -----


佐 山  「最後のタバコだ ... じっくり味わうんだな」

ジ ン  「すまんな ...(とタバコをくわえる)」


         :佐山、ライターを取り出し、火を点けてやろうとする -----


佐 山  「そら ...(ライターの火をを点け、ジンの口元へ)」

ジ ン  「いや、火はいいぜ ... 」

佐 山  「何だと?」

ジ ン  「火ぐらいは、自分で点けられるんでな ...!」

佐 山  「なに?!」


         :次の瞬間、佐山を人質に取るジン -----


佐 山  「貴様ーッ!」

ジ ン  「動くとこの男の頭が、風通しよくなるぜ? それでもいいかな ...?」

マリコ  「どうして ...?!」


         :ジン、ジッポーでタバコに火を点ける -----


ジ ン  「このジッポーで、ちょいと火遊びしてみたんだ ... 」

マリコ  「あなたも中々、小道具を使うのがお上手ね」

ジ ン  「あんたに褒めてもらえるとは思わなかったよ ... 
      さあ、俺の連れのロープを解いてもらおうか ...」

マリコ  「わかったわ ...(男に)言うとおりにして ... 」

男    「はい ... 」


         :男、アサミのロープを解く -----


アサミ  「先生ッ ...!」

ジ ン  「それじゃそろそろ行くとするか ... 」

アサミ  「は、はい ... 」

マリコ  「ここから生きて出られると思って?」

ジ ン  「そのつもりなんだが」

マリコ  「それは多分、無理だと思うわ ... 」

ジ ン  「何故そう思う ...?」

マリコ  「言ったでしょう ... 私のレシピは完璧だって」

ジ ン  「果たしてそうかな ...?」

マリコ  「そうなのよ ... その証拠を今、ご覧にいれるわ ...
      (男たちに)構わないから撃ちなさい ...
      生きてここから出すんじゃなくてよ! 消してしまいなさい!」

男    「ハッ!」

佐 山  「マ、マリコ ...!」

ジ ン  「アサミ! 逃げろ!」


        SE:数発の銃声 ---

         :物陰に身を隠すジンとアサミ ----- 


ジ ン  「ここじゃ殺られる ...! あの窓から隣の部屋へ逃げ込むんだ!
      いいか、わかったな!」

アサミ  「はい!」

ジ ン  「行くぞ ... それ!」


        SE:走り出す二人に何発もの銃声 -----

         :窓に向かって飛び込むジンとアサミ ---

        SE:ガラスの割れる音 -----


マリコ  「何してるの! さっさと始末なさい!」


         :二人を追う、マリコと数人の男たち ---

         :そこへ村岡が、数人の警官を連れてなだれ込んで来る -----


村 岡  「警察だ! 無駄な抵抗はやめろ!」


         :鳴り止まない銃声 -----


ジ ン  「どうしてここがわかった ...?」

村 岡  「変な日系のタクシーのドライバーが ... 変なフィリップ・マーロウが
      危ないと、通報してきたんでな ... 」

アサミ  「先生、それってさっきのタクシーの ... 」

ジ ン  「青い目の運ちゃんか ... 」

村 岡  「何の因果か ... 貴様をこういう形で助けるのは不本意だが ...
      あのマリコと佐山という男は、別件の容疑で追ってた二人だ ...
      貴様には色々と恨みもあったが、これで帳消しだな ... 」

ジ ン  「ありがたいことだ ... 」

村 岡  「鑑札は俺が手配するから、後日、署まで取りに来るんだな ... それじゃ」



ジ ン(Na) そう言い残して、インテリは奴らを逮捕に向かった ...
      様々な思いを巡らせて ---

      程なく、手下共は現行犯で逮捕され ... あの女と佐山は検挙された -----


        SE:手錠をかける音 -----




posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。