2012年08月18日

anecdote / 雨色のレシピ File-V -Page:2-








         :探偵の事務所 -----

         :数人の警官を引き連れた刑事と村岡がいる -----


アサミ  「だからもう少し待ってくださいよ! すぐに今、先生が帰って来ますから!」

村 岡  「先生? あいつが? (嘲笑い)笑わせてくれるな ... 」

アサミ  「先生のことを先生って言って何がおかしいのよ! あなた刑事のくせして
      おかしいんじゃなくて?!」

村 岡  「おかしいのはお前の先生の方だろうが!」

アサミ  「どうかしてよ? どうして先生がおかしいのよ!」

村 岡  「あいつは昔からそうだったんだ ... 」  

アサミ  「何よ、その昔からって ... あなた先生を知ってるの?!」

村 岡  「さあ、つべこべ言ってないで、さっさとその鑑札を渡すんだ!」

アサミ  「嫌です! ... お断りよ!」

村 岡  「これ以上逆らうと、公務執行妨害で逮捕することになるぞ」

アサミ  「逮捕でも何でもしなさいよ! 死んでもこれは渡さないから ... 」

村 岡  「気の強いお嬢さんだな ... 類は友を呼ぶって言うのも、満更でもないんだな」

アサミ  「どういう意味よ、それ」

村 岡  「どういう意味でもいいんだよ。とにかく寄越すんだ! その鑑札を!」


         :村岡、アサミから無理やり鑑札を取り上げようとする -----


アサミ  「やめてよ ...! キャーッ!」


         :事務所のドアが開き --- ジンがいる


ジ ン  「止せよ、インテリ ...!」

アサミ  「あ、先生!」

村 岡  「ジン ...!」

ジ ン  「久しぶりの再会が、こんな場面とは ... あまりカッコ良くねえな ... 」

アサミ  「再会って ... 先生、この人知ってるんですか?」

ジ ン  「ああ ... 昔一緒に、派手にドンパチやってた仲さ」

アサミ  「ドンパチって ... ?」

村 岡  「貴様だけだ ... 派手にやってたのは」

ジ ン  「そう言われれば、そうだったけな ... お前は慎重派で、説教たれるのが
      趣味だったからな ... 」

村 岡  「人を殺す趣味よりはましだ ... 」

ジ ン  「おいおい、せっかくのご対面にそんなセリフはなしにしようや ... 無粋だぜ」

村 岡  「 ... 無粋なのは貴様の方だ。貴様のおかげで俺はしがない県警の刑事に配属され
      こうして日々、くだらんヤマを追う羽目になったんだからな」

ジ ン  「そんなお前が、一体何をしにここへ来たんだ ...?」

村 岡  「貴様の鑑札を没収に来たんだ」

ジ ン  「俺の鑑札を ...? 容疑は何だ? 鑑札を取り上げる容疑は?」

村 岡  「家宅不法侵入」

ジ ン  「不法侵入だと ...?」





タグ:探偵 刑事 再会
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。