2012年08月12日

anecdote / 雨色のレシピ File-U -Page:3-








         :走る車の車内 -----


ジ ン(Na) あの病院の優秀な看護婦さんとの会話で、更に細かい情報を仕入れた俺は
     診察を受ける事を条件に、急患で運び込まれた『額に大きなホクロ』のある男の
     住所を聞き出した ---

     色男が成せる技か ... はたまた情緒不安定なこの俺への、あの看護婦の優しい
     心遣いなのか ---

     ちなみにその約束どおり、俺は神経科の診察を受けてみた ...
     医者の色んな質問に適当に答えてたら、情緒不安定というよりも躁鬱の兆候が
     あると言われ、出来ればしばらく通院をとアドバイスされた ---

     俺はバカバカしくなり、言ってやった ...
     金欠病が治ったら、その時には ... と -----


        SE:とあるマンションの前 --- 車の停車音

         :ドアが開き、ジンが降りる -----


ジ ン  「ここか ... 」


         :靴音が鈍く辺りに響く、マンション内 ---
         :やがて靴音が止まり -----


ジ ン  「ここだな ...」


         :ゆっくりとドアのノブを回すジン -----


ジ ン  「ン ...?」


         :ドアが開く -----


ジ ン  「先客がいるのか? それとも ... 」


         :ジン、用心深く部屋へ入る ---
         :次の瞬間、部屋のハト時計が時を告げる -----


ジ ン  「! ... ハト時計だけに、ハッとさせるな ... ああ、くだらねぇ ... 」


         :リビングへ入ったその時 ---
         :電話が鳴る --- 電話を見つめるジン ---
         :やがて留守番録音に切り替わり、スピーカーから受話器の声が -----


男    「そこにいるんだろ ... 」

ジ ン  「! ... (咄嗟に受話器を取り)いたらどうなんだ!」

男    「あの女には近づくなと言ったはずだ ... 
      命が惜しければ今すぐに手を引け ...!」

ジ ン  「お前は誰だ?!」


         :電話が切れる ---
         :繰り返し流れる通信音 ---
         :ジン、受話器を置き -----


ジ ン   「フッ ... 誰だと聞いて答える奴は ... 中々いねえか ... 」





タグ:電話
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。