2012年08月24日

anecdote / 雨色のレシピ File-W -Page:1-






         :港近くのとある倉庫内 -----

         :その一角の小部屋に、拉致状態のジン ---

         :どこからか聞こえる蛇口から落ちる水滴の音 ---



ジ ン(Na) 鈍い痛みを後頭部に感じながら ... 俺はゆっくりと意識を取り戻した。
      灯りのないせいもあってか、ぼんやりとした目の前の光景は、およそ初めて
      見るものばかりで、自分が監禁状態であることに察しがついた ---

      「と言うことは ... 」

      やはり予想どおり、手足は見事に縛られている ---
      俺はサンドリオンを出た直後に、不意に後から一発くらい、それからここへ
      運び込まれたと言う流れを、まだはっきりしない意識の中で反芻した ---

      「一体ここはどこなんだ ...? 何のために、誰が俺をここへ ...?」

      厄介なことに、また一つ謎が増えた ---

      その時 ... ドアの向こう側で、男の声が聞こえるのに気がついた ---
      微かだが、確かに誰かと話す男の声だ ... 俺は耳をそばだてる ---
      どうやら電話で話してるようだ -----


ドアの向こうの声(男)「わかりました、ミスター・ルー ... それでは」

ジ ン  「ミスター・ルー ...?」


         :電話が切られる ---
         :やがてドアの方へ近づいてくる靴音 ---

        SE:ドアが開く音 -----







 - ナレーション それは静かに始まった ...
          眠りについたばかりの無表情な街を ...
          優しく照らす月のように ---

          それは静かに始まった ...
          穏やかに波打つ琥珀色の海の中に ...
          どこまでも沈んでいくコインのように ---

          それは静かに始まった ...
          その姿を銀色に輝かせた雨の雫が ...
          人知れずそっと消えていく中で -----


        SE:浴びせかけられるバケツの水 -----


男    「お寝覚の時間だ ... 探偵さんよ」

ジ ン  「フッ ... 二日酔いにはもってこいのシャワーだ ... 最高の気分だよ」

男    「そりゃちょうど良かった ... じゃ、その気分がいいうちに、フロッピーを
      渡してもらおうか」

ジ ン  「フロッピー ... 何のことだ、一体 ... 」

男    「何だと ...?」

ジ ン  「スヌーピーなら、よく知ってるんだがな ... 」

男    「ふざけるんじゃねえ!」


         :男、ジンを殴る -----


ジ ン  「 ... 二日酔いなんだから、もう少しお手柔らかに頼むぜ ... 」

男    「それならくだらねえこと言ってねえで、さっさとフロッピーを渡すんだよ」

ジ ン  「その前に ... タバコ一本、いいかな ... 」

男    「チッ ... 高いぜ、この一本はな ... 」


         :男、タバコを取り出し、ジンにくわえさせる ---

        SE:ライターの音 -----


ジ ン  「(一口喫い)このタバコも、不味くはないんだな ... 」

男    「さあ言ってもらおうか ... フロッピーはどこにある ...?」

ジ ン  「だから言ってだろうが ... スヌーピーなら知ってるってな」

男    「この野郎 ... ふざけやがって!」


         :男、今度はジンに殴る蹴るの連打 ---

         :やがてぐったりとなるジン -----


男    「(少し息を乱し)... さあ、どうだ? ... これでもまだ言う気にはなれねえか?
      ... 探偵さんよ」

ジ ン  「(苦しそうに)... ああ、もったいねえな ... せっかくのタバコが台無しだ ... 」

男    「テメエの命は、もったいなくねえのか?」

ジ ン  「何だと ...?」


         :男、ピストルをジンのこめかみに突きつける ---

        SE:ピストルのセット音 -----


男    「ロシアンルーレットは、好きか?」

ジ ン  「ああ ... 悪いが、あまり好みじゃないな ... 」

男    「そうか ... それは残念だ」


        SE:引き金を引く音 --- 空音


ジ ン  「 ... 」

男    「だが ... 」


        SE:ピストルのセット音 -----


男    「なかなかスリルある、遊びだぜ ... 」

ジ ン  「 ... たしかに冷汗もんだな ... 」


        SE:引き金を引く音 --- 空音


男    「引き金を引くたびに ... 」

         
        SE:ピストルのセット音 -----


男    「ゾクゾクさせてくれる ... 」


        SE:引き金を引く音 --- 空音


男    「それがたまらなく ... 」


        SE:ピストルのセット音 -----


男    「快感なんだ ... 」


        SE:引き金を引く音 --- 空音


男    「どうだ? 探偵さんよ ... 」


        SE:ピストルのセット音 -----


男    「最高の気分だろ ...?」


        SE:引き金を引く音 --- 空音


ジ ン  「なかなかのもんだぜ ... だがちょいとばかり、心臓に悪いな ... 」

男    「その心配は無用だぜ、探偵さんよ ... その心臓を今、止めてやるからな」


        SE:ピストルのセット音 -----





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

anecdote / 雨色のレシピ File-V -Page:final-








         :サンドリオンの店内 -----


マリコ  「 ... それじゃ行きましょうか、佐山さん」

佐 山  「はい」

マリコ  「 ... マスター、私これで失礼するわ ... おやすみなさい」

マスター 「ありがとうございました」


         :マリコ、店を出ようとして立ち止り -----


マリコ  「今度はもう少し、実のある質問をお願いね ... 期待してるわ。それじゃ ... 」


         :マリコと佐山、店を出る ----- ドアの閉まる音


ジ ン  「また遣り込められたな ... あの女に」

マスター 「ただならぬ雰囲気を、お持ちの女性ですね ... 」

ジ ン  「それにしてもあの女 ... このフロッピーには、さして執着はなかったようだ
      な ... 」

マスター 「そのようでしたね ... 」

ジ ン  「それとも、そんな振りをしていただけなのか ... ?」

マスター 「いずれにしても ... そのフロッピーに纏わることは何一つとして、お話し
      されませんでしたね」

ジ ン  「そういうことだな ... 」


         :ジン、グラスのバーボンを一口飲み -----


ジ ン  「この仕事、引き受けてから今日で三日目 ... その間に色んな事件が起こった
      な ... 」

マスター 「そのようですね ... 」

ジ ン  「振り返ってみれば謎だらけだ ...
      まず第一に、俺の命を狙った奴は誰なのか ... 依頼者は ...?」

マスター 「事務所へ届けられた時限爆弾 ... それに、この店の前での車による犯行 ... 」

ジ ン  「 ... 第二に、俺を襲った相手と、いつかの尾行の男とは、同一人物なのか ...
      それとも別人 ...?」

マスター 「謎の男からの電話での脅迫と、怪しい尾行の男 ... 」

ジ ン  「そして第三の ... 『立原』と名乗る、あの女の亭主らしい男からの謎の電話と
      逃げ出した男との関係は ...? 何故、俺に居場所を知らせてきたのか ... 」

マスター 「最後に残された、一枚のフロッピーディスク ... 」

ジ ン  「今のところ ... このフロッピーだけが、唯一の手掛かりだな ... 」

マスター 「単なる失踪事件にしては、少し複雑過ぎるかと思いますね ... 」

ジ ン  「まったく右も左も謎だらけ ... ちょっとしたジグゾーパズルみたいなもんだな
      これは」

マスター 「パズルにしては、少し危険が多すぎるのでは ... 」

ジ ン  「確かにそうかもな ... 日に一度の割合で、確実に襲われてる。下手すりゃ
      もう三度は確実にあの世行きだからな ... 」

マスター 「三度も命を ... 」

ジ ン  「ケリがつくまでに何度あることやら ... これか先が思いやられるぜ ... 」

マスター 「お気をつけになってください ... ジンさん ... 」

ジ ン  「 ... ン? ... 確か前にも一度、こんな話をしたような気がするな ... 」

マスター 「以前に、ですか ...?」

ジ ン  「それもマスター相手に ... 場所もここで ... 」

マスター 「どういうことなんでしょうか? それは」

ジ ン  「あれは確か ... (気がつき)そうか ...! 思い出したぞ。あの時か ... 」

マスター 「あの時とは ... 」

ジ ン  「この間の夢さ ... 夢。あの時の夢の中で今と同じような話をしてて、その揚句に
      マスターに追い出されたんだよ、俺は」

マスター 「そうだったんですか ... それにしても不思議ですね」

ジ ン  「何が ...?」

マスター 「今のような話をしていて、どうして私がジンさんを追い出すような結末になる
      のか ... 私にはわかりませんね、その辺りの経緯が .... 」

ジ ン  「その答えは簡単さ ... 」

マスター 「エッ ... ?」

ジ ン  「俺に対する、マスターの愛さ ... 」

マスター 「私の愛 ... ? ...(微かに笑い)今夜は、それなりに酔われたようですね ... 」

ジ ン  「(軽く笑い)まあ、そういうことにしておこう ... 」


         :ジン、グラスのバーボンを飲み干し -----


ジ ン  「さて ... 今夜はこれで引き上げるとするかな ... それなりに酔ってるらしい
      からな ... 」

マスター 「ごゆっくりおやすみなさい ... お疲れでしょうから ... 」

ジ ン  「そのセリフ ... バーボンより効くよ、マスター」

マスター 「(微かに笑い)ありがとうございました ... 」

ジ ン  「おやすみ ... マスター」

マスター 「お気をつけて ... おやすみなさいませ ... 」


         :ジン、店から出る --- ドアの音

         :やがて歩き出す --- ジンの靴音


ジ ン  「それにしてもこの仕事 ... まだまだ厄介な事が起こりそうだな ... 」


         :その瞬間、突然ジンの後頭部に鋭い一撃 -----


ジ ン  「ウッ! ... 」


         :その場に倒れるジン -----



マスター(Na) 夜空に張り巡らされた星のスクリーンを ...
      怪しげな一連の雲たちが覆いだした .....
      不穏な影が、忍び寄るかのように -----

      やがてすべては闇に包まれ ...
      激しい雨音だけが辺りを支配した -----

      この季節らしく ...
      突然の雨が、不意にこの夜を襲った -----


        SE:激しい雨音 -----






posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

anecdote / 雨色のレシピ File-V -Page:5-








         :サンドリオンの店内 -----

         :ジンとマリコ、佐山がいる -----


ジ ン  「 ... そんな訳で、どこの何方かは知らないが、頼みもしないのに現場で写真を
      撮影してくれて、おまけにご丁寧にそいつを警察まで届けてくれた奴がいる。
      危うくこっちは飯の食い上げをくらうところだったぜ ... 」

マリコ  「よく無事だったわね ... 」

ジ ン  「警察にはそれなりに顔が利くからな ... 」

佐 山  「いずれにせよ ... 君の仕事を妨害する何者かが確かに存在するわけだ。
      一連の出来事が、それを証明している ... 」

ジ ン  「あんたもたまには、いいこと言うんだな ... だが、それだけじゃないぜ」

マリコ  「と、言うと ...?」

ジ ン  「昨日、俺のところへ、あんたの亭主らしい男から電話があった ... 」

マリコ  「主人から?!」

ジ ン  「助けてくれって、メッセージのな」

マリコ  「それで ... それでどうしたの?」

ジ ン  「居場所を聞き出し、すぐにその場所へ出向いたが ... あんたの亭主は何故か
      俺たちを見て、逃げ出した ... 」

マリコ  「逃げ出した? 主人が? どうして ...?!」

ジ ン  「それはこっちが聞きたいんだよ ... 何故だ?」

マリコ  「私にわかるはずないわ ... 主人が何故逃げ出したかなんて ... 」

佐 山  「それで君たちは、立原さんを保護出来なかったのか?」

ジ ン  「残念ながら ... 見失った」

佐 山  「フン ... 口ほどにもない奴だ ... 」

ジ ン  「そういうあんたも、同じ部類だぜ ... 」

佐 山  「何だと、貴様!」

マリコ  「やめて、佐山さん ...!」

佐 山  「 ... 」

マリコ  「それで他に ... 何か収穫はなかったの?」

ジ ン  「あったね ... 一つだけ」

マリコ  「何なの? それは」

ジ ン  「これさ ... 」


         :ジン、フロッピーを取り出し、カウンターに置く -----


マリコ  「フロッピーディスク ... 」

ジ ン  「あんたの亭主であろう男がいた部屋にあったんだ ... 」

マリコ  「それなら渡してほしいわ ... そのフロッピーをこっちに」

ジ ン  「あんたも欲しいのか? このフロッピーが」

マリコ  「どういう意味?」

ジ ン  「明け方、俺のねぐらにでかいネズミがはいったらしく、部屋の中がものの
      見事に荒らされてた ... それも何かを盗んだという雰囲気でじゃなく、
      何かを探してたという形跡だった ... 」

佐 山  「それがどうしたというんだ ...?」

ジ ン  「つまりそのネズミも、このフロッピーがお目当てだったようだな ... 」

マリコ  「何が言いたいの ... あなたは」

ジ ン  「あんたがこのフロッピーを欲しがる理由を ... 聞かせてもらいたい」

マリコ  「その質問に、答える気はないわ」

ジ ン  「何だって ...?!」

マリコ  「聞こえなかったの? ... 答えはNOと言ったのよ」

ジ ン  「あんた本気で亭主を探す気でいるのか?」

マリコ  「勿論よ」

ジ ン  「それなら何故、協力しない ... 俺たちの努力を踏みにじる気か?」

マリコ  「努力は結果で見せてもらいたいものだわ ... 」

ジ ン  「何だと?」

マリコ  「それでなきゃ、意味がなくてよ ... 探偵さん」

ジ ン  「フフ ... 渋いセリフだな ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

anecdote / 雨色のレシピ File-V -Page:4-









アサミ(Na) それは ... 謎めいた電話だった -----

      それでありながらも先生は、電話の男が言った雑居ビルに向かった ...
      無論、私も同行し、何とか先生の役に立とうと張り切っていた。

      それにしても ...
      あの電話の声の主は一体、誰? ... 電話の真の目的は? 本当の意味は?

      一つの疑惑がいくつもの疑惑を派生させ、そしてそれは大きな謎となって
      私たちの目の前に今、覆いかぶさってきたような気がする -----



         :雑居ビルの前 --- ジンとアサミがいる
         :遠くで微かに聞こえる救急車のサイレン音 ---
         :ピストルをスタンバイさせる音 ---


ジ ン  「 ... 用意はいいか?」

アサミ  「は、はい ... 」

ジ ン  「何だ? ビビってるのか?」

アサミ  「そんなんじゃありません ...! ただの武者震いです!」

ジ ン  「シッ! ... わかったから大声を出すな ... 」

アサミ  「すみません ... 」

ジ ン  「じゃ、行くぞ」

アサミ  「は、はい」


         :ジンとアサミが一歩一歩、ゆっくりと階段を上っていく -----
         :途中、アサミの足元に空き缶が -----


アサミ  「アッ ...!」


        SE:音を立てて階段を転がり落ちる、空き缶 -----

         :遠くで犬の鳴き声が -----

         :やがて辺りは静かになり --- 静寂


ジ ン  「バカヤロ ... 」

アサミ  「ごめんなさい ... 」

ジ ン  「ン? やけに素直な返事だな ... いつもそうだといいんだがな」

アサミ  「先生ったら ...!」

ジ ン  「わかったよ ... 」


         :再び階段を上りだす二人 ---
         :やがて目的の部屋にたどり着き、ゆっくりとドアが開けられる ---
         :その瞬間、中からネズミが飛び出してくる -----


アサミ  「(大声で)キャーッ!」


         :すると同時に、裏口から慌てて男が飛び出して行く -----


ジ ン  「待て!」


         :逃げる男と、追いかけるジンの靴音 -----


ジ ン  「待てーっ! 俺はあんたを助けに来たんだ! ... 逃げる必要はないんだ!
      止まれーっ! 止まるんだーっ!」


         :やがて息切れして、立ち止まるジン -----


ジ ン  「(激しい呼吸)ハァハァハァ ... クソーッ、なんて足が速い奴だ ...
      ハァハァハァ ... それとも、この俺が遅いのか ...?」


         :そこへアサミがやってくる -----


アサミ  「すみませんでした、先生 ... 私のために ... 」

ジ ン  「お前はしばらく ... 給料ナシだ ...!」

アサミ  「それは勘弁してくださいよ、先生 ... その代わりあの部屋で、手掛かりに
      なりそうなものを見つけましたから ... 」

ジ ン  「何だって ...?」

アサミ  「これです」


         :アサミ、ジンにフロッピーを渡す -----


ジ ン  「フロッピーディスク ... ?!」




posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

anecdote / 雨色のレシピ File-V -Page:3-








         :探偵の事務所 -----


村 岡  「二日前 ... 貴様は波止場町のとあるマンションに潜り込んだろ ...?
      ネタは上がってるんだよ」

アサミ  「ちょっとあなた! 証拠はあるの?! 証拠は!」

村 岡  「これを見れば、納得してもらえると思うが ... 」


         :村岡、上着のポケットから一枚の写真を取り出して見せる -----


アサミ  「アッ、この写真! (取り上げて) ... 先生が写ってる!」

村 岡  「ご理解戴けたかな ... それじゃこれはもらって行く」


         :村岡、鑑札をアサミから取り上げる -----


アサミ  「先生 ...!」

村 岡  「これでしばらく、探偵ごっこもお預けだな ... 」


         :村岡、ドアを開けて出て行こうとするが、立ち止まり -----


村 岡  「精々そのお嬢さん相手に、次の商売でも考えることだな ...
      時間はたっぷりあるんだからな(嘲笑い)アハハハハ ... 」


        SE:ドアの閉まる音 -----


アサミ  「(情けなく)先生 ... 」

ジ ン  「アサミよ ... 」

アサミ  「はい ... 」

ジ ン  「俺は意外に ... 写真写り悪いんだな ... 」

アサミ  「もうーッ、先生ったら! そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!
      これから一体、どうするつもりなんですか?!」

ジ ン  「どうするって ...?」

アサミ  「鑑札を取り上げられたんですよ?! あれがないと手も足も出せないんです
      よ?」

ジ ン  「よせよ、亀でもあるまいし。無けりゃ無いで別にどうってことあるまい ...
      今までと何の変わりもないさ ... 」

アサミ  「でもこのまま仕事続けたら、違反ですよ?! 社会のルールに反します!」

ジ ン  「フン、柄でもない ... ルール違反は探偵の十八番だろうが」

アサミ  「そりゃあ ... そうですけど ... 」

ジ ン  「ならガタガタ言ってねえで、資料の整理でもしろよ。それでなくともこの仕事
      結構、根が深いんだからな」

アサミ  「は〜い ... 」


         :アサミ、気を取り直して仕事を始める -----


ジ ン  「とは言ったものの ... さてどこから手をつけるべきか ...
      手がかりと言えば ... 」


        SE:その時、事務所の電話が鳴る -----

         :アサミが受話器を取る -----


アサミ  「はい、こちら加納探偵 ...?! (ジンに)先生! この電話 ... 」

ジ ン  「どうした?」

アサミ  「お、男の人が、苦しそうに ... 」

ジ ン  「なに?!」


         :ジン、アサミから受話器を取り -----


ジ ン  「--- --- もしもし ... 何とか言えよ! ... どうしたんだ、一体?!
      --- --- 何だと? ... 聞こえにくいんだよ! もっとはっきりと話せ!
      はっきりとな!」

電話の声(男) 「た ... 助けてくれ ... 」





タグ:探偵 電話
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。