2012年08月29日

anecdote / 雨色のレシピ File-W -Page:final-








         :サンドリオンの店内 -----

         :オヤジは少し酔った様子 -----


オヤジ  「 ... それじゃな、ジン」

ジ ン  「すまなかったな、オヤジさん」

オヤジ  「気にするな、ジン。それよりお前の頼みならいつでも聞いてやるから、また
      店に顔を出すんだぞ ... わかったか ...!」

ジ ン  「わかったぜ、オヤジさん ... 」


         :オヤジ、ドアを開けて出ようとするが、立ち止まり -----


オヤジ  「あ、それからマスター ... 」

マスター 「はい、何か ...?」

オヤジ  「ワシはあんたに一目惚れしたよ ... こんなのは何十年ぶりのこったろうな。
      あんた、いい女だね ... また寄せてもらうよ」

マスター 「光栄です ... 是非ともまた、お越し下さい ... お待ちしておりますので」

オヤジ  「それじゃ、おやすみ ... 」

マスター 「ありがとうございました ... おやすみなさいませ」


        SE:ドアの閉まる音 -----


マスター 「とても優しい方なんですね ... 」

ジ ン  「ああ見えても昔はウルフと呼ばれ、みんなから恐れられた腕利きのデカだった
      んだ ... 」

マスター 「そうなんですか ... 」

         
        SE:ドアが開き、マリコが現れる -----


マスター 「いらっしゃいませ ... 」

マリコ  「私に何か御用かしら? 探偵さん」

ジ ン  「用があるから、わざわざ御足労願ったんだが ... 」

マリコ  「そうね ... マスター、私にいつものやつを」

マスター 「かしこまりました」


         :マスター、ブラディマリーを作る -----


マリコ  「それで、用件は?」

ジ ン  「この間、ここでこうしてあんたと別れてからすぐに、俺はまた襲われた ... 」

マリコ  「今、ここでこうしてるんだから ... 無事だったのね」

ジ ン  「どうやらフロッピーがお目当てらしく、今度はいつもより手間暇かけてらって
      監禁までしてくれたよ」

マリコ  「大層なお持て成しだったのね」

ジ ン  「それで ... その大層な持て成しを指示してくれた奴が、ミスター・ルーって
      男らしいんだが、あんた ... 心当たりはないか?」

マリコ  「ミスター・ルー ... 初めて聞く名前ね。... 悪いけど、心当たりはまったく
      ないわ」

ジ ン  「フフ ... あんたも近頃、あの弁護士同様 ... 俺の期待に応えてくれるように
      なったな」

マリコ  「どういう意味かしら、それは」

ジ ン  「言ったままの、意味さ」


         :マスター、マリコにカクテルを差し出す -----


マスター 「お待たせいたしました ... どうぞ(グラスを置く)」

マリコ  「ありがとう ...(カクテルを一口)」


         :その時、マリコの携帯電話が鳴る ---
         :マリコ、バッグから電話を取り出し -----


マリコ  「 ... はい、もしもし --- --- そう ... わかったわ。それじゃ今からそっちに
      行くわ。 --- --- ええ、そうね ... 30分ぐらいかしら ... それじゃ ... 」


         :マリコ、電話を切る -----


マリコ  「ごめんなさい ... 急用が出来たから、私はこれで失礼するわ」

ジ ン  「話しの続きはどうするんだ ...?」

マリコ  「日を改めて ... ゆっくり聞かせてもらうわ。それじゃ、失礼 ... 」

マスター 「ありがとうございました ... 」

マリコ  「ごめんなさいね、マスター。カクテル、残したままで ... 」

マスター 「いいえ ... お気になさらずに ... 」

マリコ  「それじゃ ... 」

ジ ン  「もう一度だけ聞くが、ホントに知らないのか? ミスター・ルーを」

マリコ  「何度聞かれても応えは同じよ ... 」


         :マリコ、店を出て行く --- ドアの閉まる音


ジ ン  「 ... あの女はホントに知らないのか ...
      それともあの女自身も奴らの仲間で、しらばっくれてるのか ...?
      ... マスター、どう思う?」

マスター 「もともとポーカーフェイスの方ですから、どちらとも判断しかねますね ... 」

ジ ン  「同じ見解か ... 」


         :その時、ジンの携帯電話が鳴る -----


ジ ン  「今度は俺の携帯か ... 」


         :ジン、電話に出る -----


ジ ン  「 ... もしもし ... 」

アサミ(電話の声)「アッ、先生?!」

ジ ン  「どうしたんだ? 慌てて ... 」

アサミ(電話の声)「事務所が! ...事務所が! ... 」

ジ ン  「 --- --- 何だって ...?!」



マスター(Na) 雨色のバラに咲き誇るいくつもの疑惑は ...
      その花びらを一枚一枚散らすかのように、真実を語り始めた ...
      甘く危険な香りを漂わせながら -----

      まるでそれは ...
      静寂を司る夜の海が、突然の嵐に見舞われるかのように ...
      不意に訪れた出来事だった -----


        SE:突然の雨と雷鳴 -----





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

anecdote / 雨色のレシピ File-W -Page:5-








         :サンドリオンの店内 -----

         :ジンは人を待っている様子 -----


マスター 「まだお見えにならないようですね ... 」

ジ ン  「道にでも迷ったかな ... 詳しく説明したんだが ... 何せもういい年だから
      な ... 」

マスター 「かなりご年配の方なんですか?」

ジ ン  「そうだな ... 俺がこの商売始めた頃に、定年で退職したからな ...
      もう相当だな ... 棺桶で正座してるぐらいなもんだな」

マスター 「まあ、なんてことを ... 」


         :その時、ドアが開き --- オヤジが入ってくる


マスター 「いらっしゃいませ」

オヤジ  「誰が棺桶で正座してるって?」

ジ ン  「オ、オヤジさん ... 聞いてたのか?」

オヤジ  「まったくなんて奴だ ...! 人に散々ものを頼んでおきながら、大概なこと
      言いやがって ...!」

ジ ン  「冗談だよ、冗談。そう怒るなよ、オヤジさん ... 」

オヤジ  「ったくもう ... けしからん ... 」

マスター 「何かお作りいたしましょうか ...?」

オヤジ  「おお、そうだな ... 気分直しに一杯もらおうか ... 」

マスター 「何になさいますか ...?」

オヤジ  「バーボンのダブルを、ロックで頂こうか ... 」

マスター 「それでは ... メーカーズ・マークで、よろしいでしょうか ... 」

オヤジ  「おっ、気が利くね ... それで結構だ」

マスター 「かしこまりました」


         :マスター、オーダーのバーボンを用意する -----


ジ ン  「ところでオヤジさん ... 早速で悪いんだが、詳しいことわかったかい?」

オヤジ  「ああ ... お前に頼まれて色々調べてみたんだが、残念ながらそれらしい
      情報はつかめんかった ... 悪いな」

ジ ン  「そうか ... 」

オヤジ  「ただな ... 」

ジ ン  「ただ?」

オヤジ  「どうやら奴には、組織が絡んでるらしい ... それもかなりでかい組織だ」

ジ ン  「組織 ...?!」


         :マスターがオヤジにグラスを差し出す -----


マスター 「お待たせいたしました ... どうぞ(グラスを置く)」

オヤジ  「ああ、どうもありがとう ... (ゆっくりと一口飲み)一説によると、マフィア
      だという話もある」

ジ ン  「マフィア?」

オヤジ  「どんな仕事を引き受けたかは知らんが ... 気をつけるんだな、ジン。
      あのルーと呼ばれる男は ... なかなか手強い奴だからな」

ジ ン  「そうだろうな ... なかなかの悪党だと思うぜ ... 」

オヤジ  「 ... ところでジン ... 」

ジ ン  「なんだい、オヤジさん」

オヤジ  「悪いが ... タバコ一本、もらえるか ... 」

ジ ン  「(微かに笑い)フッ ... まったくオヤジさんには、かなわねえな ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

anecdote / 雨色のレシピ File-W -Page:4-








         :海岸沿いの道路 -----

         :ジョーカーに車を走らせるジン ---
         :助手席にはアサミがいる ---

         :車内での会話 -----


アサミ  「それにしても感激だな ... 先生とこうしてカジノに行けるなんて」

ジ ン  「馬鹿 ... 遊びに行くわけじゃねえんだぞ」

アサミ  「それぐらいわかってますよ ... でも嬉しいんですよ、私」

ジ ン  「何がそんなに嬉しいんだ ...?」

アサミ  「だって ... たとえ嘘でも、先生の愛人として一緒にカジノに行けるんだもの
      ... 最高だわ」

ジ ン  「誰がいつ、お前を愛人だと言った?」

アサミ  「だって恋人にしては年が離れてるし、奥さんとしても不自然だから ... 」

ジ ン  「どうでもいいだろう、そんなことは。... 単なる連れの女、それでいいんだよ、
      それで」

アサミ  「でも役作りが必要でしょ? そう思って ... 」

ジ ン  「いいんだよ ... そういう小細工は。そもそも俺一人がうろうろしてたら
      怪しまれると思ったから、それでお前を連れて来ただけなんだからな」

アサミ  「そんな言い方、ないと思うな ... 」

ジ ン  「じゃ、どう言えば気が済むんだ ...?」

アサミ  「もういい ...! 私帰りますから、降ろしてください ...!」


         :ジン、車を止める -----


アサミ  「エッ、嘘! ... マジ?!」

ジ ン  「到着だ ... ここがカジノ・ジョーカーだ」


         :車を降りる二人 ---
         :カジノのドアを開ける、ジン -----

         :紫煙漂う中で、ルーレットが回る音 ---
         :やがて止まり -----


チェッカー「赤の5番 ... 」


         :ルーレットを囲む数人の男女の、様々な声がする -----


ジ ン  「またやられた ... くそーっ、今夜はついてねえな ... 」

アサミ  「もう、先生ったら! いい加減にしてくださいよ ...!」

ジ ン  「静かにしてろよ、気がちるじゃねえか ...!」

アサミ  「仕事でここへ来たんでしょうが、仕事で!」

ジ ン  「当然だろうが ... よし、次はここだ ...!」

アサミ  「だったらこんな事してないで、真面目に仕事してくださいよ ... 真面目に!」

ジ ン  「誰に聞いたって、今夜はまだ見かけないって言ってるんだから、そう慌てなく
      たっていいんだよ ...
      それよりアサミ、ボーイにバーボンをオーダーしてきてくれないか」

アサミ  「もう、自分勝手なんだから!」


         :アサミはボーイのそばへ行き、オーダーをする -----


アサミ  「あの、すみません ... 」

ボーイ  「はい、何か?」

アサミ  「バーボンのロックをダブルで ... 」

ボーイ  「かしこまりました」


         :その時、カジノのドアが開き、一人の男が入ってくる -----


ボーイ  「いらっしゃいませ ... 」

男    「 ウン... 」

ボーイ  「先程オーナーが、捜しておられましたが ... ミスター・ルー」

アサミ  「エッ ...?!」

男    「そうか ... で、オーナーは ...?」

ボーイ  「こちらへどうぞ ... ご案内いたしますので」

男    「ウン ... 」


         :ボーイにエスコートをされ、フロアを横切る男 ---
         :アサミは慌ててジンのそばへ行き、耳打ちする ---


アサミ  「(小声で)先生 ... 現れましたよ、例のミスター・ルーが」

ジ ン  「何だと ...!」

アサミ  「あの男がそうです ... 」


         :アサミは気づかれないように、男を指差す -----


ジ ン  「! 佐山 ...?!」

アサミ  「佐山って ... 確か依頼人の弁護士 ...! まさか ... 」

ジ ン  「驚きだぜ ... 」

アサミ  「捕まえましょう、先生!」

ジ ン  「いや、そう慌てなくてもいい ... 」

アサミ  「でも ... 」

ジ ン  「こっちが気づいたと知らない限り ... 奴は決して、逃げないさ」

アサミ  「なるほど ... 」

ジ ン  「これでルーレットで負けた分ぐらいは ... 充分、とりもどせたな ...
      さあ、今夜は引き上げるとするか ... 」


         :ルーレットが回る音 ---
         :やがて止まり -----


チェッカー「黒の44番 ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

anecdote / 雨色のレシピ File-W -Page:3-








         :夜の繁華街の雑踏 -----

         :その中をゆっくりと歩くジン -----



ジ ン(Na) 晴れて自由の身になった俺は、あの時男が話してた相手「ミスター・ルー」
      の事を調べることにした ---

      恐らく、この一連の出来事に大きく関わっている存在であり、俺を襲った真の
      相手であることに違いない ... この読みには狂いはないと思う ---

      だが、なかなかその存在を知る者はいなかった ---
      ひょっとして奴らだけに通用する暗号名なのか ...?

      俺は仕方なく、昔よく世話になったオヤジを訪ねてみた -----



        SE:ビリヤードの玉が疲れる音 ---
         :数回のクッション後、コーナーに入る ---

         :ここは場末の、とあるプールバー -----



ジ ン  「どうだいオヤジさん、景気は ... 」

オヤジ  「ここんところ、さっぱりだな ... お前さんはどうだい ...?」

ジ ン  「似たようなものさ ... 相変わらずだ」

オヤジ  「一杯やるか?」

ジ ン  「そうだな ... 」


         :オヤジ、グラスにアイスを1、2個入れ ---
         :ボトルのバーボンをゆっくりと注ぐ -----


オヤジ  「ところで今日はどうしたんだ? ひょっこり現れたりして ...
      一体何を仕入れに来たんだ?」


         :オヤジ、ジンの手元にグラスを置く -----


ジ ン  「さすがオヤジさん ... 鋭い勘だな ... (一口飲み)ン ...? 久しぶりだな
      この酒。ジン・ビームか ... あの頃はこれをよく口にしてたな ... 」

オヤジ  「そんなことより、用件は何なんだ?」

ジ ン  「相変わらずだな、オヤジさんも ... あの頃のまんまだ」

オヤジ  「なかなかシッポのつかめない奴を捜してるんだな ... 」

ジ ン  「そのとおり ... で、本題だが、オヤジさん ... 『ミスター・ルー』って奴を
      知らないか?」

オヤジ  「ミスター・ルー ...? 聞かない名前だな ... 毛唐か?」

ジ ン  「詳しいことはわからねえんだ ... どうやら日本語は話せるようなんだが ... 」

オヤジ  「ミスター・ルーね ... そうだ ... ひょっとしたら ... 」

ジ ン  「知ってるのか? オヤジさん!」

オヤジ  「そう慌てるんじゃないよ ... 」


         :オヤジ、受話器を取り電話をかける ---
         :受話器の向こうの呼び出し音 ---
         :やがてつながり -----


オヤジ  「 ... ああ、ワシだ ... オーナーはいるかい?」


         :ビリヤードの玉が疲れる音 ---
         :数回のクッションの後、コーナーに入る音 -----


オヤジ  「 --- --- そうかい ... ありがとう、恩にきるよ ... また近くまで来たら
      顔でも出してくれ、一杯おごるよ。それじゃな ... 」


         :オヤジ、電話を切る -----


オヤジ  「わかったぞ、ジン。そいつは『ジョーカー』ってカジノに出入りしてる奴だ。

ジ ン  「カジノ・ジョーカーに ...?!」

オヤジ  「木曜の夜には、たいてい現れるらしい ... 」

ジ ン  「木曜の夜 ... 今夜か ... 助かったぜ、オヤジさん。恩にきるよ ... 」

オヤジ  「待ちな、ジン ... 」

ジ ン  「ン? なんだい、オヤジさん ... 」

オヤジ  「勘定がまだだ」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

anecdote / 雨色のレシピ File-W -Page:2-








         :港近くの倉庫内 -----

         :その一角の小部屋 -----



男    「これが最後のチャンスだ ... フロッピーはどこにある?」

ジ ン  「ホントに弾が入ってるのかよ ... その拳銃に」

男    「フフ ... なら、試してやろう ... 」


        SE:次の瞬間、銃声の音 ---

         :だがそれは、男の手元を狙った村岡が撃ったものだった -----


村 岡  「警察だ!」

ジ ン  「インテリ ...?!」

男    「チッ!  ... クソッ!」


         :逃げ出す男 -----


村 岡  「追うんだ!」

警 官  「ハッ!」


         :数人の警官が男の後を追う ---
         :村岡の後ろから、アサミが飛び出してくる -----


アサミ  「先生ーッ!」

ジ ン  「アサミ ... 」

アサミ  「大丈夫ですか、先生 ...! あーあ、随分ひどくやられたんですね ... 」

ジ ン  「お前、どうしてここがわかったんだ ... 」

アサミ  「あの時、ちょうど私 ... サンドリオンの前で先生が捕まったのを目撃して ... 
      それでここまで尾行して、居場所を確認してから警察に連絡したんです」

ジ ン  「どうやらお前も、少しは様になってきたようだな ... 」


         :そこへ村岡がやってくる -----


村 岡  「鑑札もなしに、何をやってる!」


ジ ン  「鑑札があろうがなかろうが、襲われるのは仕方ないぜ」

村 岡  「仕事を続けてるから、襲われるんだろう!」

ジ ン  「 ... 確かに ... そういう解釈も可能だな ... さすがインテリだ」

村 岡  「今度勝手なまねをしたら、逮捕するからな」

ジ ン  「そうカリカリするなって ... 第一、俺のような男逮捕したって、何の手柄にも
      ならないぜ ... 」

村 岡  「手柄にならなくとも、それなりに気分は晴れる ... 」

アサミ  「(小声で)この人、先生が嫌いなんですね ... 」

ジ ン  「少なくとも、愛されちゃぁいないな ... 」


         :村岡、警官たちのもとへ -----


ジ ン  「相変わらずだな、奴は ... 」

アサミ  「あ、先生、それ ...!」

ジ ン  「ドサクサに紛れて、取っておいたのさ ... 」

アサミ  「またぁ ... 先生ったら」

ジ ン  「かのロシアンルーレットの、おもちゃさ」

アサミ  「でも、本物でしょ ...?」

ジ ン  「だが、弾は入ってない ... それが証拠に、俺は生きている」

アサミ  「でも最後の六発目に、弾が入ってるかも ... 」

ジ ン  「それほど俺はラッキーじゃない ... 現にこうして ... 」


         :ジン、ピストルの引き金を引く -----

        SE:銃声 -----


アサミ  「ほらね ... 」

ジ ン  「 ... Oh, my god!」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。