2012年07月25日

épisode / シンデレラ イマージュ part-U -scene:final-






         :サンドリオンの店内 -----

         :女、カクテルを一口飲み ---
         :グラスを少し揺らす --- 氷の音


イツカ  「今夜もマスターのおかげで、素敵な夜を過ごせたな ... 」

マスター 「ありがとうございます ... そう言って頂けると光栄です」

イツカ  「ホントのところ ... 今夜はすっごく淋しかった ...
      5分10分と、待ち合わせの場所で時間はどんどん過ぎて行って、一人また一人
      と隣りで待ってる人たちまでが時間と一緒に私の目の前を通り過ぎて行く ...
      いつもならそんなことないのに、今夜は ... 今夜だけは、自分だけがこの世の中
      で取り残されていくような、そんな気がして ... 」

マスター 「それでも待たれていたんですね、彼を」

イツカ  「私にはそれしか出来ない ...
      待つこと以外、何も出来ないから ... 」

マスター 「強がりだったんでしょうか? 直角は」

イツカ  「直角どころか ... 下降線でしたね ... 」

マスター 「待つこと以外、本当に何も出来ないんでしょうか ... 」

イツカ  「私の場合は、そう。それ以外のことはしたくないし、出来ない ...
      怒ることも憎むことも、私の性には合わない ...
      変わってるとか、騙されるタイプだとかってよく言われるけど、私自身これで
      いいと思ってる ...
      綺麗ごとで世間知らずだといわれそうだけど ... 私は騙すより、騙される方で
      いたいと思うから ... 」

マスター 「騙すより、騙される方ですか ... 」

イツカ  「ねえ、マスター ...
      こんな女が、この世の中にいたっていいと思いません ... ?」

マスター 「そうですね ... 確かに貴重な存在かも知れませんね、イツカさんは」

イツカ  「アッ ... マスター、2度目ですね。私を名前で呼んでくれたのは。
      感激だな ... ウフフフフ ... 」


         :グラスの氷が揺れる音 -----



マスター(Na) それから彼女はいつものように、午前零時をここで迎えることもなく
      ドアの向こうへ消えて行かれました ...

      屈託のない笑顔と ... グラスの氷に、今夜はほんの少しの淋しさを残して ...

      それはちょうど、汚れない心に儚い夢を抱えたシンデレラのように、この店を
      後にされしました ...

      やはり彼女に漂っているのは、シンデレラのようなイメージ ... 

      そして今夜の彼女は、最後にこんなセリフを残されました ...

      「今度は彼と、ここへ来ます ... 」と -----





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。