2012年07月19日

épisode / シンデレラ イマージュ part-T -scene:final-






         :サンドリオンの店内 -----       


マスター 「どうしていらっしゃらないとわかるんでしょうか ... ?」

イツカ  「何となくそんな気がするの ... 今。
      今夜だってそう ...
      いつも不意にそんな予感がした時は、決まって彼は来ない ...
      来たためしがないの ... 」

マスター 「予感 ...?」

イツカ  「あーあ ...
      せっかくこんなにいい雰囲気のお店で、ユウと会えると思ってたのに ...
      残念だなぁ ... 」

マスター 「本当にいらっしゃらないんでしょうか ... 今夜、彼氏は」

イツカ  「うーん ... しゃくだけど来ないと思う ... ユウは」

マスター 「しゃく?」

イツカ  「多分、他の子とデートしてるんだと思う ... 」

マスター 「他の子と ...? どうしてそうだと?」

イツカ  「いつもそうなんですよ ... 彼は。
      時々というか ... 近頃、まともに会ってはくれないし ... 」

マスター 「何故そうなんでしょうか ... 」

イツカ  「それは私にもわからない ... わからないけど、仕方ないとも思う ... 」

マスター 「仕方ない ...?」

イツカ  「だって ... 人の心って、鎖でつなげられるようなものじゃないと思うから ...」

マスター 「鎖でつなぐ ... 」

イツカ  「それに ... ここへ来るまでのいつものヒール占いも、今夜は中途半端だったし
      ... 今夜は仕方ないと思う ... 私」

マスター 「満足されてるんでしょうか ... 今のままで」

イツカ  「満足なんてしてませんよ ... 私。
      でも ... 」

マスター 「でも ...?」

イツカ  「それでも私、好きなんですよ ... ユウのことが。
      (あどけない微かな笑い)うふ ...
      マスター ... おかしいですかね、私って」


         :グラスの氷が揺れる音 -----


マスター(Na)屈託のない笑顔とグラスに氷だけを残して、その女性はこの店をあとに
      されました ... 
      その夜、彼氏とは会えないままに ...

      それでも彼女には ... 淋しさや悲しみの彩りを漂わせる雰囲気のかけらも
      ありませんでした ...
      あるのはただ ... 午前零時までに帰ってしまわれるという、シンデレラの
      ような可憐なイメージが漂っていただけ ...

      ちなみに、彼女は最後に ...
      こんなセリフを残して、ドアの向こうへ消えて行きました ...

      「マスター ... また来ますね」... と -----





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。