2012年07月12日

épisode / 6oz.(オンス)の告白 -scene:final-






         :サンドリオンの店内 -----       


女    「ここへ来るようになってはじめてですね ... こんな話するのは」

マスター 「そうですね ... いつもはもっと違う別の話題が多いようですから ... 」

女    「そうそう、今の彼氏がどうだとかこうだとか ...
      でも結局私って ... その人を好きになることよりも、彼がいない淋しさを
      紛らわすために、恋に恋してるみたいだな ... 」

マスター 「恋に恋するですか ...?」

女    「そう ...
      だからいつも彼との違いを感じ始めると、自然に私から離れていくような
      態度を取ってた ... 」

マスター 「そして ... その度に彼の面影を追い、そのカクテルを口にされていた ... 」

女    「アドニス ... 私にとってこのカクテルは、彼への想いそのもの ... 」

マスター 「やはりこれからも、オーダーされるのでしょうか ... そのカクテルを」

女    「どうなんでしょう ...
      口にしたいのかしたくないのか ... 自分でもよくわからない ...
      ただ ... ふと淋しくなった時に気がつくと、私の手の中にあるカクテル
      だから ... 」


         :女、グラスのカクテルを空ける -----


マスター 「そのうちにいつか ...
      ご自分でその答えが出されるようになれば、よろしいですね ... 」

女    「マスター ... 」

マスター 「おかわりはいかが致しましょうか ... ?」

女    「いえ ... 今夜はもういいです。ありがとう ... 」

マスター 「それにしましても今夜はいつになく ...
      2杯目でオーダーストップされましたね」

女    「私にすれば、めずらしいですよね ...
      普通なら軽く3杯ぐらいはお願いするのに ... 」

マスター 「今夜は特別なのかも知れませんね」

女    「そう ... きっとそうだと思う ... だって私、今夜マスターに ...
      カクテル2杯でとんでもない告白をしちゃったんですから ... 」

マスター 「カクテルグラス2杯の告白 ...
      つまりそれは ... 6oz.(オンス)の告白ということですね ... 」

女    「そうっか ... そうなるんだ ... 今夜の場合は」


         :女、帰り支度をしながら -----


女    「それじゃマスター ... 今夜はごちそうさまでした ... 」

マスター 「どうもありがとうございました ... 」

女    「あ、マスター ... 」

マスター 「はい?」

女    「このお店と、マスター自身も ... 私にとってはオアシスなんですよ ... 」

マスター 「光栄です ... 」

女    「それじゃ、おやすみなさい ... 」


        SE:ドアの閉まる音 -----



マスター(Na) 彼女が今夜オーダーされた「アドニス」と言うカクテルは ...
      シェリーの上品で香りの高い味が生きたアペリティフ・カクテル ...
      つまり食前酒の傑作と言われているカクテルで、その名前の由来は
      遠くギリシャ神話にまつわったものと伝えられております ...


      そもそも「アドニス」とは美と愛の神アフロディア ...
      つまり、ヴィーナスに愛された美少年の名前で ... 狩りが好きな彼は
      巨大な猪の牙にかけられ、その命を落としてしまったのです ...

      ところが春になると、その彼の血が流れた土の上に赤い花が咲いた ...
      それが赤いアネモネの花 ...

      つまりそれがギリシャ語でいう「アドニス」だったということです ...

      ちなみにその「アネモネ」の花言葉は ... 





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。