2012年07月07日

épisode / 6oz.(オンス)の告白 -scene:1-



バーテン(Na)それは ...
       この店がまだ、海岸通りにある頃の話しだったと
       マスターから聞かされました -----







         :サンドリオンの店内 -----       

        SE:ミキシング・グラスにキューブアイスが入れられ ---
         :そこへドライシェリー(2/3)とスィートベルモット(1/3)が
          注がれる ---
         :静かにステアされ ---
         :カクテルグラスに注がれる ---


マスター 「お待たせいたしました ... どうぞ」


         :グラスが置かれる -----


女    「 ... どうも」


         :ゆっくりとカクテルを一口 -----
         :女、深くて微かなため息をつき -----
         :グラスを置く -----

         :つかの間の沈黙 -----


マスター 「少し、意味あり気でしたね ... 」

女    「エッ...?」

マスター 「今のため息です ... 」

女    「そうでした ...?」

マスター 「失礼ながら ... 私にはそう感じられました ... 」

女    「そっか ...
      やっぱり、ちょっとしたところで出ちゃうもんなんだな ... 心の模様って」

マスター 「心の模様 ... 」

女    「ねえ、マスター ... 今夜の私の心の模様って、どんな風に感じます?」

マスター 「唐突なご質問ですね ... 」

女    「例えば ... 情熱に燃える太陽だとか ... 逆に淋しさを秘めたつきのようだ
      とか ... 感じたままでいいですから」

マスター 「そうですね ...
      満点の星をきらめかせた、夜の砂漠という感じでしょうか ... 」

女    「夜の砂漠? ... 随分、荒涼としたとしたイメージなんだ ...
      どうしてまたそんな風に?」

マスター 「言葉ではうまく説明出来ないんですが ...
      今夜お客様がこの店へいらっしゃって、先程グラスを傾けられるまでを
      イメージしますと、ただ何となくそんな風に感じまして ... 」

女    「なるほどね ... 」

マスター 「それに ... 」

女    「それに?」

マスター 「今夜はお久しぶりに、そのカクテルをご注文なさいましたので ... 」


         :女、しばらくグラスを見つめる -----


女    「(ポツリと)そうだよね ... 私、いつもこうなんだよね ...
      気がつくとこのカクテルを口にしてる ... 」

マスター 「差し詰め ...
      お客様にとっては、砂漠の中のオアシスなんですね ... そのカクテルが ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。