2012年05月19日

épisode / ジン来夢.part:U -final-






         :サンドリオンの店内 -----


ジ ン  「久しぶりにここへ来たのに、すっかり湿った話ばかりで ... 申し訳ないです」

マスター 「いいえ ... お気になさらないでください」

ジ ン  「 ... 正直なところ、彼女のことがよく見えないんです、今は ...
      最低な女だと ... そう思ったりもして ... 」

マスター 「本気なんでしょうか? そのセリフは ... 」

ジ ン  「そうですね ...
      何もかもが知らないところで、勝手に起こってるんですから ...
      そう思うのも、当然でしょう ... 」

マスター 「そういうものでしょうか ... 」

ジ ン  「いいんですよ、もう ... 」

マスター 「そんな時は、ご自分から結論を出されない方が、いいのでは ... 」

ジ ン  「結論を出さない ...?」

マスター 「まだ、何もかも結果が出たわけではないいのですから ... 」

ジ ン  「でもこのままじゃ、自分の居場所さえ見失いそうで ... 」


        :静かに流れるジャズ -----
        :男、おもむろに手元のジッポーでタバコに火を点ける -----


マスター 「どうでしょう ... それならその手元のライターで決めてみては ... 」

ジ ン  「これで?」

マスター 「昔、何かの小説で読んだのですが ...
      ちょうどそのジッポーが、7回連続で火が点くかどうかということで
      賭けをする場面があったんです ... 」

ジ ン  「でも、マスター ... それって可能性が低い賭けだと思うけど ... 」

マスター 「そうでしょうか ... 」

ジ ン  「7回連続だなんて ... このライターの場合は無理だと ... 」

マスター 「いかがなさいますか ...?」

ジ ン  「ちなみにその小説の結末は?」

マスター 「... 最後の7回目は、火を点けませんでした ... 」

ジ ン  「なんだ ... それじゃ賭けにならない ... 」

マスター 「いかがなさいますか ... 」

ジ ン  「 ... 」


         :沈黙の間を、静かに流れるジャズ -----


ジ ン  「 ... いいでしょう、マスター。やってみましょう ...
      で、どう賭ければいいでしょうかね、ボクの場合は ...?」

マスター 「それはご自分でお決めになられた方がよろしいかと ... 」

ジ ン  「... そうだな ... じゃ、もし7回連続で火が点いたら ... 」

マスター 「火が点いたら ...?」

ジ ン  「彼女のことを最後まで信じてみます ... 」

マスター 「ということは ... 」

ジ ン  「... 一度でも火が点かなかったら、別れます ... このまま彼女と」

マスター 「それでよろしいんですか ... 」

ジ ン  「 ... じゃ、始めますね ... 」


         :男、ジッポーを手に取り -----


ジ ン  「1回目 ... 」


         :火が点く-----


マスター 「2回目 ... 」


         :火が点く -----

ジ ン  「3回目 ... 」


         :火が点く-----


マスター 「4回目 ... 」


         :火が点く -----

ジ ン  「5回目 ... 」


         :火が点く-----


マスター 「6回目 ... 」


         :火が点く -----


ジ ン  「マスター ... 所詮、フィクションの世界、小説と現実は違いますよね ... 」

マスター 「ラストですね ...
      小説はここまででしたが、ここからはノンフィクションです ... 」

ジ ン  「 ... そうですね ... それじゃ ... ラスト ... 」

マスター 「7回目 ... 」


         :男、ジッポーを構えて --- 擦る


ジ ン  「 ... アッ ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。