2012年04月29日

épisode / パール来人.part:U -scene:1-






         :シーサイドを走るクルマの中 ---
         :男と女 ---
         :カーコンポから流れるBGM -----


マスミ  「今夜は楽しかったです。 どうもありがとう ... 」

男    「いいや、こちらこそありがとう。楽しかったよ」

マスミ  「あ、この辺でいいです」


         :クルマが止まる -----


男    「ここでいいの?」

マスミ  「ええ ... ここから歩いてすぐですから ... 」

男    「ホントに?」

マスミ  「ええ ... 」

男    「こんな時間は物騒だから ... 」

マスミ  「大丈夫です。知り合いがすぐそばにいますから ... 」

男    「すぐそばって ...?」

マスミ  「あそこにいるんです ... 素敵な知人が ... 」

男    「サンドリオン ...?」

マスミ  「そうです ... だからご心配なく」

男    「(少し笑って)夜遊びが過ぎるかも ... 早く帰るように」

マスミ  「はい。了解です ... それじゃ ... 」


         :助手席のドアが開く -----


男    「また会えるかな ... 今夜みたいに、二人きりで」

マスミ  「... それは ... 」

男    「それは?」

マスミ  「今夜、考えてみます ... 」

男    「そっか ... それじゃ、期待してるよ」

マスミ  「 ... 」

男    「おやすみ ... 」

マスミ  「 ... おやすみなさい」


         :女、クルマから降りてドアを閉める -----
         :走り去るクルマ ---

         :微かな波の音 -----

         :ゆっくりと歩きだす女 ---
         :ヒールの音にまぎれて -----


      長針短針 ... 彼と彼女 -----
      長針が時のリズムを狂わせれば
      短針が時の流れを見失う -----
      自分の居場所に戸惑いながら
      早すぎるのか遅すぎるのか -----
      気が付けばいつの間にか
      手探りで歩いている自分がいる ----
      彼と彼女の二人の時計は
      今はまだほんの少し -----


マスミ(Na) 私は今夜、彼以外の男性と同じ時間を所有した -----
      お決まりのデートコースといえばそれまでだけど
      何か忘れかけてたものが、私の胸を時めかせた -----

      本来なら、心にある隙間から吹き込む風に震えて、見失いかけてるのもに
      必死に目をこらしているはずなのに ...

      私は彼以外の男性を、この心の隙間に埋め込んでしまったようだ ...

      これは恋なんだろうか ...
      もう一人の自分がそっと耳元で囁く -----

      これでいいの ...?
      同時に二人の男性を、心の中に宿らせたままで ...
      罪の意識とは別に意識が私を覆っていく ...
      怖い .....

      小さい頃、何も怖いものがないと言えたら、大人になれるんだと
      思ってたけど ...
      あれは嘘だった -----


         :ヒールの音 ---
         :サンドリオンの前 --- 止まる
         :ドアの開く音 -----


マスミ  「今晩は、マスター」

マスター 「いらっしゃいませ ... ようこそ」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。