2012年04月15日

épisode / パール来人 -scene:1-




バーテン(Na)今宵の出来事もまた ...
       この店がまだ、海岸通りにあった頃のお話しだったと
       マスターから聞かされました -----





         :サンドリオンの店内 -----

        SE:電話が鳴る -----
         :マスター、受話器を取る -----


マスター  はい、サンドリオンです。

      ----- どうも今晩は。

      ----- いいえ、生憎とお見えになっていらっしゃいませんが ...
         で、お約束は?

      ----- そうですか ....

      ----- いいえ、とんでもございません。

      ----- はい、何なりと。

      ----- かしこまりました。

      ----- いつでもどうぞ。お待ちしております。

      ----- はい。ありがとうございました ... それでは失礼致します。


         :マスター、受話器を置く -----


      長針と短針 ... 彼と彼女 -----
      長針だけでは時を知る術もなく
      短針だけでは時を刻めるはずもない -----
      互いが互いの存在に気がついて
      はじめてそこで知らされる -----
      互いがかけがえのない存在であることを -----
      けれど ...
      彼と彼女の二人の時計は
      今はまだほんの少し .....


        SE:微かな波の音 -----

         :ゆっくりと女性が歩いている ---
         :さやがてサンドリオンの前 --- 立ち止まる


マスミ  「サ・ン・ド・リ・オ・ン ... 」


        SE:ドアの開く音 ----- 一人の女が入ってくる


マスター 「いらっしゃいませ、ようこそ ... 」

マスミ  「こんばんは ... 」


         :女、スプリングコートを脱いで掛ける -----


マスミ  「今夜は少し、冷えますね ... 」

マスター 「そのようですね。皆さんそう云いながらいらっしゃいますから」

マスミ  「そっか ... マスターはずっとここにいるからわからないんだ。
      いいですね、ここはオアシスみたいで」

マスター 「オアシス、ですか...?」

マスミ  「そう、過ごしやすくて静かで ... 心落ち着く場所だもの」

マスター 「お褒めに与り、ありがとうございます ... ご注文は何になさいますか?」

マスミ  「今夜は ... そう、マルガリータを」

マスター 「マルガリータ ... かしこまりました」


         :グラスが用意され、カクテルベースがシェイクされる -----
         :やがてグラスに注がれ ----- 女性のもとへ置かれる


マスター 「どうぞ ... 」

マスミ  「どうも ... 」

マスター 「いつものジンベースではないんですね、今夜は」

マスミ  「エッ? ええ、まあ ... 今夜は少し気分を変えようかと思って ...
      そう ... 一人でここへ来ましたからね ... 」

マスター 「お一人で、ですね ... でも、つい今し方、お電話がございました」

マスミ  「私に ... ですか?」

マスター 「そう、ご伝言を伺っております ... いつもご一緒にいらっしゃる方からです」

マスミ  「それって、彼 ... まさか、ジンからの伝言 ...?! 」



posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。