2011年12月25日

spin-off / Père Noël -recipe-






バーテン  今宵は「バード・バー」へお越しいただき、誠にありがとうございました。      
      ではまず始めに、今回登場いたしましたカクテルをご紹介させていただきます ...

      カクテルの名は『ホット・バタード・ラム / Hot Buttered Ram』-----
      グラスから立ち籠める湯気の中に、ほんのりラムとバターの豊かな香りを
      漂わすホット・ドリンクの代表で、少し寒い夜のナイト・キャップには
      最適のカクテルとして知られています ...

      そもそもこのカクテルはその性質上、温かくて栄養があり、その上寝つきも
      良くなることから、海外では疲労回復や風邪気味の時に良く飲まれている
      そうです -----

      レシピは ... あらかじめ温めておいたホルダー付きのタンブラーグラスに
      ダークラム(45ml)と角砂糖を1個入れ、そこにグラス7分目程度まで熱湯を
      注ぎます ...
      次に同じく角砂糖ぐらいの大きさのバターを入れ、マドラーを添えれば
      出来上がりで ... お店によっては、そこへクロープを3、4個入れる場合が
      あるようです ...
      いずれにしましても、添えられたマドラーで温かい内に飲まれることが
      秘訣であるカクテルです。

      ちなみにこの『ホット・バタード・ラム』 ... 専門的に分類しますと
      ハイボールの一種になると聞いております。
      ... 皆様も、寒い夜には是非一度、ご賞味いただきたいカクテルです ...
      きっと心まで温めてくれる一杯になることと思います -----


マスター  さて今宵はクリスマス ...
      私から皆様へ、今宵にぴったりなカクテルを一品、ご紹介させていただきます ...

      カクテルの名は『ビジュー / Bi jou』...
      宝石を意味する言葉でネーミングされたこのカクテルは、その名のとおり
      深く澄んだその色合いが輝く宝石のようにグラスを染め、その美しい姿は
      まるで『カクテルの宝石』と呼べるような一品です .....

      そのレシピは ...
      ドライ・ジン(1/3)とシャルトリューズのグリーン(1/3)、それに
      スィート・ヴェルモット(1/3)とオレンジ・ビター(1dash)を加え
      絞りかければ出来上がりです -----

      甘口でありながら、それでいてアルコール度数が高いというバランスを持つ
      このカクテルは ... いかにもそのネーミングからイメージ出来るステイタス
      だと言えるでしょう .....

      この『ビジュー』...
      別名を、エメラルド・カクテル、ゴールデン・グロー・カクテル、または
      アンバー・ドリームとも呼ばれているこのカクテルの宝石ですが ...
      今宵クリスマスに大切な人へプレゼントされてみてはいかがでしょう?
      少しお洒落なプレゼントになると思いますが ....

      それでは ...
      素敵なクリスマスをお過ごし下さい ...

      ありがとうございました -----





posted by マスターの知人 at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

spin-off / Père Noël -final-






         :バード・バーの店内 -----


バーテン 「そうでしたか ... そんなことがあったのですか ... 」

マスター 「それから数日後に ... 予定日だったクリスマスの夜にちょうど
       元気な男の子が生まれたんだ ... 」

バーテン 「それじゃ、何よりも嬉しいクリスマスプレゼントになったんですね ... 」

マスター 「そう ... あの彼もそう言ってたな ... それにイシハラさんは自分にとって
       サンタクロースだとも ... 」

バーテン 「イシハラ様が、サンタクロース ... 」

マスター 「何もかもを捨てようとした自分に、もう一度新しい命の息吹をプレゼントして
       くれた ... 彼にとってイシハラさんは命の恩人であり、サンタクロースでも
       あるわけなんだ ... 」

バーテン 「確かにそういえるでしょうね ... 」

マスター 「だから、彼にとって処女出版であるこの本を、イシハラさんには絶対読んで
       もらいたかった ... 」

バーテン 「それでこの本をイシハラ様にと、置いて行かれたんですか ... 」

マスター 「きっと ... イシハラさんをイメージして、書かれたものなんだろうな ... 」

バーテン 「どうしてそう ...?」

マスター 「この本のタイトル「Pere Noel(ペール・ノエル)」は、フランス語でサンタクロースって
       意味なんだ ... 」

バーテン 「そうでしたか ... でも、どうするつもりなんですか? この本を ... 」

マスター 「このままこの店で預かろう ... 」

バーテン 「でも、マスター ..... イシハラ様はもう ... 」

マスター 「いいや ... この本がこのままこの店に置かれている限りは ... 少なくとも
       イシハラさんは「Pere Noel(ペール・ノエル)」として、彼や僕たちの胸の中で
       生き続けるんだから ... 」

バーテン 「 ... そうですね ... きっとそうですよね ... 」


        SE:店のドアが開き、何人かの客が入ってくる -----


客1   「今晩は、マスター」

客2   「メリークリスマス、マスター!」

マスター 「いらっしゃいませ、ようこそ ... 」

バーテン 「いらしゃいませ ... 」


マスター(Na) Pere Noel(ペール・ノエル) .....

      それはこの店「バード・バー」に実在したサンタクロースでした ...
      残念ながら今ではもう、お目にかかることは出来ませんが、この本の中では
      お元気にされてるようです ...
       
      Pere Noel(ペール・ノエル).....
      それはこの店だけに存在した、サンタクロースの名前です -----



posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。