2011年12月22日

spin-off / Père Noël -scene:2-






         :バード・バーの店内 -----
         :ホルダー付きのタンブラーグラスが、それぞれに置かれる -----


マスター 「お待たせしました ... どうぞ 」

イシハラ 「ありがとう ... 」

ハジメ  「 ... どうも」

イシハラ 「さあ、とにかく乾杯だ。これを飲めば少しは暖まるからな ... ねえ、マスター」

マスター 「そうですね ... 今夜のように少し冷え込む夜には、まさにうってつけの
       カクテルですからね」

イシハラ 「それじゃ、君との出会いを祝して ... 乾杯」

ハジメ  「 ... どうも ... 」


        SE:グラスが鈍く重なる音 -----

         
イシハラ 「ウーン ..... 申し分ないね、このカクテルの味は」

マスター 「ありがとうございます」

ハジメ  「 ...これは、何というカクテルなんですか?」

マスター 「ホット・バタード・ラムというカクテルで、海外では風邪気味の時に良く飲まれる
       カクテルなんです」

イシハラ 「まあ、日本で言う玉子酒みたいなものかな」

ハジメ  「外国の玉子酒 ... 」

イシハラ 「もっとも、君に合わせてオーダーしたんだがね」

ハジメ  「エ ...?」

イシハラ 「少し心が、寒々としてたようだったからな ... 」

ハジメ  「 ..... 」

イシハラ 「本当は ... そのつもりだったんだろ? 君」

ハジメ  「 ..... 」

イシハラ 「大の大人が、信号無視もないだろ ... 」

ハジメ  「 ..... 」

イシハラ 「それとも余程何か悩んでいたか、気を取られてたかだよな ... 」

ハジメ  「 ..... 」

イシハラ 「立ち入るようだが ... よかったら話してくれないかな、その訳を」

ハジメ  「 ..... 」

イシハラ 「勘違いしないでほしい ... 興味本位で聞いてるんじゃないから ...
       ただ気になるんだよ ... 君のその淋しそうな背中がね」

ハジメ  「背中が ... 淋しい ...?」

イシハラ 「男って、ある程度年齢を重ねると、背中がものを云い出すんだ ...
       多分、それまでの生き様が背中にのしかかってるからだろうな ...
       だから男は、背中で人生を語るってよく言うじゃないか ... 」

ハジメ  「背中で人生を語る ... 」

イシハラ 「 ... あの時、たまたま君の後ろに居合わせてその背中を見た時、確かに
       その背中は淋しそうだった ... この上なく淋しそうだったよ」

ハジメ  「 ... そうでしたか ... 」

イシハラ 「そう思ってた矢先に、君は車道へ歩き出した ... まるでその命を投げ出すかの
       ようにしてね ... 」

ハジメ  「 ... そうでしたね ... 確かに」

イシハラ 「そんなに粗末にしちゃいけない ... 大切なもんだからな、命ってヤツは。
       ... ねえ、マスター」

マスター 「そうですね ... 間もなくクリスマスですが ... さすがに人の命までプレゼント
       してくれるサンタクロースはいないでしょうね、きっと ... 」

イシハラ 「意外にシビアなセリフだな、マスター」

マスター 「いえ、決してそんなつもりで云ったんじゃないんです ... ただ ... 」

ハジメ  「 ... ただ、なんでしょう?」

マスター 「 ... 人が思い悩むということ ... それはある反面、いいことじゃないかと
       私は思うんですが ... 」

ハジメ  「それはどういう意味なんでしょう ... ?」

マスター 「目的があるから ... 目標があるから、人は悩む ... 私はそんな風に思うん
       ですが ... 」

イシハラ 「なるほど ... 」

ハジメ  「目標があるから、人は悩む ... 」

イシハラ 「確かにそうかも知れないな ... 」

マスター 「 ... 以前、あるお客様がこんなことを話されてました ...
       希望は人を見捨てたりしない ... 人が希望を見捨てるのだと ... 」

イシハラ 「 ... 君の場合は、どうなのかな ... 」

ハジメ  「 ... ボクは ... ボクは ... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。