2011年11月22日

spin-off / 酒場小夜曲 -final-





         :バード・バーの店内 -----


男    「実は彼女 ... 音大の出身でね。ピアノが好きなんですよ .....
      例の映画も、テーマ曲のスキャットのバックに流れてたメロディが気に入ってて
      それで見に来てたらしいんです」

バーテン 「あれは確かに、素敵なメロディでしたね」

男    「彼女もよくそう言ってましたよ ... 大学で習うジャンルではないけど、いいものは
      いいんだって ... 彼女、ホントに音楽が好きみたいで ... 」

バーテン 「純粋で直向な方なんですね ... きっと」

男    「そうですね ... ボクが言うのも何だけど ... ホントに純粋な女性ですよ、彼女は」

バーテン 「今時、少なくないでしょうか ... そういう女性は」

男    「どうなんでしょうか ... その辺はよくわからないですが ... でもこれだけは
      はっきりと言えますね ... その純粋さゆえに、このボクも、そして彼女自身も
      悩み苦しむことがあるのだと ... 」

バーテン 「悩み苦しむ ...?」

男    「それはちょうど無邪気な子供が、時として残酷に見えるように ...
      彼女の純粋な気持ち自体が、そうさせてるんです ... 」

バーテン 「純粋な気持ちが、ですか ...? 」

男    「今彼女は、ある決心をしようとしてるんですよ ... 夢であった海外への留学を
      すべきかどうかを ... 」

バーテン 「海外留学 ... 」

男    「愛する音楽であるピアノを取るべきか ... それともこのボクを選ぶべきか ...
      彼女の誕生日である今夜は、その答えが出る夜でもあるんです ... 」

バーテン 「 ... そういうご事情でしたか ... 」

男    「 ... すみません ... ついついつまらない話をしてしまって ... 少し酔いが
      まわってきたみたいですね ... 」

バーテン 「そうかも知れませんね ... カクテル・ピンがもう6本も並んでますから ... 」

男    「6本のカクテル・ピンか ... 」


         :男、ふと腕時計を見て -----


男    「あと10分程で、1時 ... もうこんな時間か ... バーテンさん ... 」

バーテン 「はい」

男    「最後の1杯、いただけますか ... 」

バーテン 「大丈夫ですか ...?」

男    「エエ ... これで最後ですから ... これでね ... 」

バーテン 「かしこまりました ... 」


        SE:カクテルがステアされる音にまぎれて -----


男(Na)  もうすぐ午前1時 ... 彼女はもうこないだろう ... きっと -----


バーテン 「お待たせいたしました、どうぞ」


        SE:男の前に、カクテル・グラスが置かれる -----


男    「これで ... 7本目のカクテル・ピンか ... 」



バーテン(Na) 彼はそう言いながら ... 最後の7杯目のウォッカ・マティーニを静かに
      飲み干しました -----

      結局、その夜 ... 彼は24本の真っ赤なバラと、7本のカクテル・ピンを残して
      この店を後にされました ----

      そして残された7本のカクテル・ピンは、カウンターにこう並べられていました ...
      「F」「I」「N」と...


      それは古いフランス映画のラストシーンが「FIN」の綴りで終わるように ...
      ある「男と女」の結末を、物語っているようでした -----





posted by マスターの知人 at 23:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。