2011年08月27日

天使の夜 -scene:2-






         :サンドリオンの店内 -----



バーテン 「要するに ... お客様だけのオリジナル・カクテルを、ご希望なのですね?」

女 性  「少し無理な注文かな ... 嫌なお客ですね、私って」

バーテン 「そうですね ... 決してありがたいご注文ではございませんが ... 折角ですので
       チャレンジしてみようかと思っておりますが ... 」

女 性  「(少し驚いて)ホントですか ...?」

バーテン 「その代わりと言っては何ですが ... イメージをお話しいただけますか?」

女 性  「イメージ?」

バーテン 「そう ... カクテルのイメージです」

女 性  「カクテルのイメージ ... 」

バーテン 「それを素に、お作りしたいと思いますので ... お客様のオリジナルカクテルを」

女 性  「そうですね ... わかりました。お話ししましょう ... そのイメージを」

バーテン 「お願いいたします」

女 性  「そのカクテルのイメージは .....

      ある男と女がいたんです ... 
      その二人はとても仲が良くて、長い間同じ時間を過ごしてきました ...
      当然、彼は彼女を愛していたし、彼女も彼を愛していた ..... 」

      --- でもその二人に、突然の別れが訪れるんです ---


男    「もう会わない方がいいと思うんだ、俺たち」


女 性   --- 彼女は、変わりない自分の心うちを告白し、彼の気持ちを確かめようとしました ---


女    「私は今でもヒロシのこと好きだよ ... ちょっと危なっかしくて気が短いけど、笑うと笑顔が
      素敵な ... そんなヒロシが好きだよ ... 」


女 性   --- でも彼は ... 彼女のその思いに答えようとはしなかった ---


男    「 ..... 」


女 性   --- 彼女は、ありったけの自分の気持ちを、必死になって彼に伝えた ---


女    「ねえ、ヒロシ ... 」


女 性   --- けれど彼の心にはもう ... 彼女への愛情はどこにもなかった ---


男    「俺もうナオコのこと ... 愛してないんだ ... 」

女    「ヒロシ ... 」


女 性   --- 何故ならそれは ... ほんの昨日まで、彼と彼女結んでいた赤い糸が ...
       切れてしまったから ---



男    「もう ... 愛せなくなったんだ ... 」

女    「そう ... そうなんだ ... 私とあなたの赤い糸が、切れたんだ ... 」

男    「ナオコ ... 」


バーテン 「切れてしまった、赤い糸 ... 」

女 性  「いいえ ... 正確に言えば ... 切れたんじゃなくて、切られたんです ... 」


女    「きっと誰かに切られたんだね ... 私たちの赤い糸 ... 」


バーテン 「切られた ... ? 一体誰が、その二人の赤い糸をきったんでしょうか ...?」

女 性  「それは ... 」

バーテン 「それは ... ?」

女 性  「人を愛してしまった ... 天使の仕業だったんです ... 」

バーテン 「天使の仕業 ...?」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。