2011年08月23日

止まり木 / 第三夜 -scene:3-






マスター(Na)止まり木とは.....
     それは流離い飛ぶ鳥の、翼休めし静寂の場-----

     また止まり木とは.....
     それはつかの間の微睡みに、刹那の夢見し安逸の場-----

     そして止まり木とは.....
     それは夜の帳に覆われた街に、ひっそりと佇む静穏の酒場-----

     さて.....  今宵、その止まり木に訪れし方は-----


         :サンドリオンの店内 -----


男    「時を刻めないか ... 説得力のある言葉ですね ... 」

マスター 「そう思われますか ...?」

男    「現に今 ...
      いつも隣りにいるはずの彼女がいないってことに、自分自身戸惑ってますから ...
      待っていて当たり前、言うことをきいて当たり前、気が利いて当たり前 ...
      彼女の在り方、存在自体が自分にとって当然のことだと思ってた ... 」

マスター 「ちょうどそれが、時計の針のように ... 」

男    「そうですね ... 時計の針は長針と短針、2本あって当たり前か ... 」


         :間 -----


マスター 「今度は ... ペースが少し、落ちましたね ... 」

男    「 ... なかなかチェックが厳しいですね、マスターは」


         :男、グラスのカクテルをゆっくりと一口 -----


男    「 ... にしても ... 今夜のカクテルのジンは、いつもより少しスィートな感じですね」

マスター 「いいえ ... 同じジンベースですが ... 」

男    「ということは、ジン・ライムの味がこうなのかな ... 」

マスター 「そうですね ... ジンベースのカクテルの中でも、どちらかといえば甘口のカクテル
      ですから」

男    「それにしても光栄だな ... いつもビーフィーターをジンベースにしてもらってるん
      だから」

マスター 「と、申されますと ...?」

男    「もともとこのジンはロンドン生まれのブリティッシュ・ジンの代表格 ...
      このビーフィーターを出されたら、それは本当に歓迎された証拠だという、ジン党での
      語り草ですからね ... ジン愛好家としては嬉しい限りですよ」

マスター 「よくご存知なんですね ... 」

男    「こと、ジンには拘りがあるんです」

マスター 「 ... やはりそういうお客様ではないかとお見受けし ... ビーフィーターを使わせて
      頂いておりました ... 」

男    「やっぱりマスターにはかなわないな ...」


         :男、グラスのカクテルをゆっくりと一口 -----

        SE:グラスの氷が揺れる -----


男    「(微かな溜め息)フー ... 」

マスター 「やはり今夜は、不自然でしょうか ...?」

男    「 ... どうもいけませんね ... 」

マスター 「失礼ですが ... いらっしゃらないんでしょうか? 今夜は」

男    「そうですね ... 多分、来ないでしょうね ...
      いや、ひょっとしたらもう二度と会えないかもしれない ... 」

マスター 「はい ...?」


         :男、左手の小指から指輪を外してカウンターへ -----

         :小さな円を描いて転がる指輪 ----- やがて止まる -----


マスター 「綺麗な銀の指輪ですね」

男    「ボクの小指のサイズだけど ... 彼女に渡すつもりだったんです ... 」

マスター 「それは ... もしかして ... 」

男    「 ... 彼女の薬指への、プレゼントです ... 」





- Recommended menus -

posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。