2011年08月18日

canari 〜 カナリア 〜 -scene:3-






         :サンドリオンの店内 -----



女    「どうしてここに ...?」

男    「店に行ったら、ここにいるって教えてくれたんだ」

女    「そうでしたか ... 」

マスター 「ようこそ、いらっしゃいませ ... ご注文の方は、いかがいたしましょうか?」

男    「そうだな ... じゃ、ダイキリを」

マスター 「かしこまりました ... 」


        SE:ホワイト・ラム(3/4)とライム・ジュース(1/4)
           砂糖(1tsp)が入れられ、シェークされる -----


男    「相変わらず、歌ってないんだ ... 」

女    「 ... エエ ... 」

男    「かれこれ1年だろう? ステージに立たなくなって」

女    「そうですね ... 」

男    「オーナーが嘆いてたよ ... 店の格が落ちたってね」

女    「そんなことは ... 」

男    「中々見つからないみたいだよ、君ほどの歌い手が... 」

女    「私ぐらいのシンガーなら、ざらにいますよ ... 」

男    「そうかな ... 僕にはそう思えないけどな ... 」

マスター 「お待たせいたしました ... どうぞ(グラスを置く)」

男    「ありがとう ...(一口飲む)」

女    「今日はまたどうしてここへ?」

男    「来ちゃいけなかったかな ...? それとも約束してなかったから?」

女    「別にそういう意味じゃなくて ... 」

男    「それならいちいち理由を言わなくてもいいだろう ...?」

女    「それはそうですけど ... でも、どうしてかなと思って ... 」

男    「気になるなら言おうか ... ズバリ、君を誘惑に来たんだ ... 」

女    「誘惑 ...? 私を?」

男    「そう、誘惑 ... 」

女    「それって、どういう意味ですか ...?」

男    「男が女を目の前にして、誘惑というセリフを口にしたら ... 答えはひとつだろう?」

女    「ミタさん ... 」

男    「(笑って)冗談だよ ... ホントのところは、君にステージで歌ってもらおうと思って
      交渉に来たんだ ... 」

女    「私に歌を ... ?」

男    「実はこの秋に、神戸で大掛かりなジャム・セッションがあるんだ ...
      もちろん海外からもそうそうたる顔ぶれのミュージシャンが参加してね。
      それで僕の方にも声がかかってきた訳なんだけど ... 
      僕としてはそのステージで、どうしても君に歌ってもらいたいんだ ... 僕のピアノを
      バックにして ... 」

女    「ミタさんのピアノをバックに ... 」

マスター 「素敵なお話じゃないでしょうか ... マリさん ... 」

女    「マスター ... 」

男    「どうだろう ...? 歌ってくれないか?」

マスター 「マリさん ... 」

女    「でも私は ... 」

男    「これはある意味、君にとってもチャンスだと思うんだ ... 
      そう思いませんか? マスター」

マスター 「そうですね ... 二度とないチャンスかもしれませんね ... 」

男    「どうだい? この機会に、君の実力を試してみたら ... 」

女    「でも ... 私は ... 」

男    「この際、つまらない感傷は捨てた方がいいと思うよ、マリさん」

女    「 ... つまらない、感傷 ...?」

男    「彼のことなら、以前にオーナーから聞いたよ... それが原因で君が歌わなくなったって
      ことも ... でもそれとこれとは話が別だよ。
      これは君自身が一人のシンガーとして考えるべきことなんだよ」

女    「(ポツリと)つまらない感傷 ... 」

マスター 「マリさん ... 」

女    「ミタさん ... 私 ... 」





- Recommended menus 1 -
- Recommended menus 2 -

posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。