2011年08月15日

クリスタル ナイト -final-





マスター  今宵も「バール サンドリオン」へお越しいただき、誠にありがとうございました...

      ではここで... 今回登場致しましたワインを、改めてご紹介させて頂きます...

      ワインの名前は、「ダム・ロゼ・ダンジュ/Dame Rose d'Anjou」.....
      その名のごとく「ダム」とは貴婦人という意味を持ち、格調と気高さを持ち合わせた
      気品のあるロゼであることを表わし、嫌味のないラズベリーや、黒スグリの香りに似た
      後味さわやかなフルーツが、全体を飲みやすくまとめております ...

      そもそも「ロゼ」とはフランス語で「バラ色」という意味で、少しオレンジがかった
      濃いピンクを指し、ロゼワインには「玉ねぎの皮のような」と表現される明るい色から
      「洗い朱」、紫がかった濃いピンクなど、様々な色合いのものがございます ...

      この「ダム・ロゼ・ダンジュ」場合は、貴婦人を意味するサーモン色にその身を染め
      ロワール地方でも代表格のワインとされておりますが、この他にも「ロゼ・ダンジュー
      (アンジュー・ロゼ)」は、明るいピンクでほんのりと甘く、カベルネ・フラン種で
      作られる辛口のカベルネ・ダンジューや、コード・デュ・ローヌのタヴェル(Tavel)
      と呼ばれる濃いオレンジがかったピンクの辛口のものがあり、ロゼ・ワインの中では
      コクがあるという銘柄もございます ....

      最後に ...
      今夜の出来事でキーワードとなった「ワインの涙」...
      これは熟成の行き届いたワインをグラスに注いで傾けてみると、グラスの内壁を伝わる
      ワインが綺麗なラインとなって流れ落ちます ...
      これは「ワインの涙」もしくは「ワインの脚」と呼ばれる現象で、ワインが涙を流して
      いれば、それは熟成が行き届いてる良質の証しといわれております ...

      つまり ...
      そのワインが涙を流せば流すほど、それは熟成していて良質のものと判断されるのです...

      それは ... 例えるなら人も ...
      涙を流せば流すほどに、憂い深く生きていける証しになるのではないかと ...
      そんな風に感じるのは、わたくしだけでしょうか ----

      それでは ...
      またのお越しを心よりお待ちしております .....

      ありがとうございました -----





- Recommended menus 1 -
- Recommended menus 2 -

posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。