2011年08月13日

information - 3 -



今宵も「バールサンドリオン」へお越し頂き、誠にありがとうございます...

ここで皆様にお知らせがございます。
このブログでご紹介させて頂いております「クリスタルナイト」(2011-08-11〜 )が
「風見鶏の街から」というar_k_様のニコニコ動画にて、当時のO.Aされた音声で紹介されています。

よろしければ、どうぞこちらの方へもお越し頂ければと思います .....

それではどうぞ ... ごゆっくりお過ごしください -----


【 風見鶏の街から 】

Bar Cendrillon #5-1 - クリスタル・ナイト 前編 -

 http://blog.livedoor.jp/ar_k_-bar_cendrillon/

posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスタル ナイト -scene:3-







          :雨の音 -----


マスター(Na) それは突然の出来事でした .....
      何の前触れもなく降り出した雨は、無防備に仕事を進めようとしていた彼の予定を
      狂わせ、その見返りに ... 彼女との再会する場面を演出したようです -----


        SE:携帯電話が鳴る -----


男    「 -----はい、倉澤です ... 」

電話の声(女)「もしもし ... 私 ... 」

男    「ン ...? 律子? ... 律子か?」

電話の声(女)「 ... 今夜、会えないかしら ... 」

男    「 ... わかった ... 」


マスター(Na) そして彼、二人の思い出が刻まれたこの店で、彼女との再会の約束を
      交わしたのでした .....
      そう ..... ここ、バール サンドリオンで -----



         :サンドリオンの店内 -----


男    「 ... 急に呼び出すなんて、今日は一体、どうしたんだ ...?」

女    「 ... ようやくあなたに ... 話せる気持ちになったから ... 」

男    「話せる、気持ち ...? 」

女    「 ... あれから私、いろいろ考えてたの ..... あなたの事や自分の事 ...
      それに何故私たちはが別れてしまったのかを ... 」

男    「それは簡単なことさ ... 俺たちがお互いに、我がままだったからだろう ... 」

女    「そうかもしれない ... でもあの時は、そんなこと感じる余裕はどこにもなかった ...
      ただ目の前にいる相手に、お互いが求め合う気持ちばかりで、身勝手な男と女が
      向き合ってただけの生活だった ... 」

男    「別れたのはお互いのせいだと ... そう云いたいのか ...?」

女    「少なくても私はそう思ってる ... 」

男    「今頃何だ ... どうしたんだ、一体。こんな話をするために呼び出したのか?」

女    「 ... 怒った ...?」

男    「いや、そうじゃない ... そうじゃないが、久しぶりに会ってこんな話はないだろう
      ... それに今更、何になるんだ ...?」

女    「いまだから... あなたにこうして話せることなのよ」

男    「 ... どういう意味なんだ? それは」

女    「 ... 実は今日あなたを呼び出したのは ... 」


          :女、おもむろにグラスケースを取り出し -----


女    「これをあなたに渡そうと思って ... 」

男    「そのケースは確か ... 」

女    「そう ... これはあなたが私の誕生日にくれたウォーターフォードのグラスよ ... 」

男    「持ってたのか ... 今でも」

女    「これだけは ... 何故だか今でも、大切にしまってたの」

男    「お前 ... 」

女    「 ... 今日は ... これをあなたに返そうと思って ... 」

男    「俺に返すって ...? 何でまた今になって ... 」

女    「私、あなたと別れたこと、後悔してたの ... ずっと」

男    「後悔 ...?」

女    「あんなに仲が良かったのに、あんなに楽しかったのに、どうしてこうなったんだろうって
      ずっと悔やんでた ... 」

男    「律子 ... 」

女    「でも云えなかった ... 私から別れるって口にしておきながら、その私から今度は
      やり直そうなんて ... 死んでも云えなかった ...
      一度ひび割れたグラスが元に戻らないように、私たちはもう昔のようにはなれないん
      だって ... 自分にそう言い聞かせてた ... 」

男    「そんなこと思ってたのか、お前 ... 」

女    「今だから話せるのよ ... 」

男    「今だから ...?」

女    「このグラスは ... そんな私の唯一の未練だったの ...。そう ... 証しでもあった ...」

男    「そのグラスが、証し ... ?」

女    「そう ... 」

男    「 ... 知らなかった ... そんなお前の気持ちなんて ... 」

女    「だけどもうこのグラスと ... さよならするの、今夜」

男    「さよならする? それでこれを俺に?  ... どういう意味なんだ? それは」

女    「私 ... 今度、結婚するの ... 」





- Recommended menus -
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。