2011年07月26日

千夜一夜 / ハートカラー -scene:1- 




埠頭の風景 .....
静かな波の音 .....
遠くに聞こえる海猫の声 ...

そこに一人の女性が佇んでいた -----


涼子(Na) そのお店は以前、メリケン波止場にあったそうです .....

      いいえ... 生憎と私はその頃、行ったことはないんですが ...

      ただ... お店の小窓から時々潮風がやってきては、お酒の香りと戯れたり ...
      埠頭に響く波音が、静かにカウンターを漂ったりする、お洒落なバーだった
      そうです -----

      ... ええ、そうですね... 海猫たちはきっと思ってたでしょね ...
      自分たちにも、そんな止まり木が欲しいって ...

      そうなんです... 酒場はもそもそも、彷徨い飛ぶ鳥たちの止まり木 ...
      だからそのお店はちょうど、人の心が翼を休める、港の止まり木のような
      そんな場所だったんですよね .....

      その頃の私はまだ見習いのバーテンだーで、いろんなお店のことは耳にしてた
      んでが... このお店の話を聞いた時に、ふと思ったんです ...
      その店のマスターに逢ってみたいって... 何だか無性にそう思ったんですよ。

      同じ女性として、港の止まり木といわれるバーでシェイカーを振り、その店に
      訪れる人たちに、どんなエスコートをしながら迎えていたのかが知りたくて ...
      この目で確かめてみたかったんですよ ...

      でも .....
      私がメリケン波止場へ行った時には、そのお店はもうなかったんです ...
      そう... それは仕方のないことでした ...
      どうしようもない現実が、そこにはあったんですから -----

      それは確かにショックでしたね... その頃、すべての出来事に愕然としていた
      私には、もう何もかも失ってしまったような気がしましたね、あの時は ...


        :辺りに響くヒールの音 -----


      けれど、それから二年後 .....
      私はやっと巡り合えました ... 生まれ変わったそのお店と ...

      ... いいえ。残念ながらマスターとはまだお会いしてないんですが ...
      そのうちにお目にかかれるものと思って、時折こうして足を運んでます ...

      ...え? 私ですか? 私は「ヴランシュ・ネージュ」というバーで
      シェイカーを振っている... 涼子と申します -----

      さあ... 今夜はマスターに逢えるかな .....


        :店のドアが開く-----


     「いらっしゃいませ、ようこそ ... 」 





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。