2011年07月21日

ソムリエ [ Vintage.U] -scene:1-





        :サンドリオンの店内 -----


男    「聞けば、ソムリエの勉強とやらで彼女をほったらかしで、わざわざフランスへ
      行ったとか ... 
      そんな身勝手な君のために、彼女は2年間という時間を棒に振った... 」

タクヤ  「あんたにとやかく云われる筋合いはない ... 」

男    「確かにそうかもしれない ... だが、彼女にプロポーズをした一人の男として
      また同じソムリエとして、君に問いたいことがあるんだが ... 」

タクヤ  「俺に ... 問う?」

男    「彼女を置き去りにした2年間の成果は、一体どれ程のものなのかをね ... 」

タクヤ  「2年間の成果 ...?」

男    「君にとっての2年間がそれなりに有意義なものだったのなら、それはそれで彼女も
      納得できるだろう ... だがもし、そうでないとしたら ... 君は彼女とここに
      いるべきではないと思うのだが... 」

タクヤ  「何をどうしたいって云うんだ? あんたは」

男    「どうだろう ... テイスティングでその成果を問うというのは ... 」

タクヤ  「テイスティングで...?」

男    「いかがなものかな ...? フランス帰りのソムリエ君... 」

ヒトミ  「イブキさん ... 」

タクヤ  「 ... いいだろう... やってみようか ... 」

ヒトミ  「タクヤ ... 」



マスター  それは .....
      美貌のワインに魅せられた、二人のソムリエの出会いでした ...
      そしてそれは、男として ... またソムリエとしての
      プライドを賭けた駆け引きでもありました ...
      果たしてこのテイスティングの答えの向こうにあるものは -----



男    「マスター ... 聞いての通りです ... 大変恐縮だが、少しの間だけこの場をお借り
      したいんだが ... 」

マスター 「もし、お断りすれば ...?」

男    「そうだな ... 場所を変えて、別の方法で ... 答えを出すしかないかな」

マスター 「別の方法 ...」

男    「多少 ... 荒っぽいやり方になるかもしれないね」

タクヤ  「それもいいかもしれないな ... 」

ヒトミ  「タクヤ ... 」

マスター 「そうですね ... そもそも『ソムリエ』という言葉は、『樽を運ぶ男』という
      意味だそうですから ... 」

バーテン 「マスター ... 」

男    「ほう ... よくご存知なんですね、マスターは」

マスター 「しかし ... それを承知でお二人をこのまま、この店からお出しするわけにも
      まいりません ... 」

男    「となると ... 答えは一つですよね ... 」

マスター 「幸い、他のお客様もいらっしゃらないことですし ... しばらくの間、この場を
      使って頂くのには、問題ないかと ... 」

バーテン 「でもマスター ... 」

男    「よし、話は決まった ... いいかな? ソムリエ君」

タクヤ  「さっさと始めよう ... マスターに迷惑だからな ... 」

男    「では、そうしよう ... 」

ヒトミ  「マスター ... 私は ... 」

マスター 「ヒトミさん ... この状況はあなたの好まざる状況ではないでしょうが ...
      大切な答えを出すには、大事な瞬間と云えるかも知れません ... 」

ヒトミ  「大切な答え ... 」

男    「それじゃ、問題とジャッジはマスターにお願いしたいんですが...
      (タクヤに)君はそれでいいかな?」

タクヤ  「結構だ ...(鼻をすする)」

男    「いかがですか? マスターは」

マスター 「かしこまりました ... 」

男    「じゃ ... はじめようか ... ソムリエ君 ... 」






posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。