2011年07月11日

止まり木 / 第二夜 -scene:1-




この話は、マスターの...
こんなメッセージから始まった-----



マスター(Na)止まり木とは.....
     それは流離い飛ぶ鳥の、翼休めし静寂の場-----

     また止まり木とは.....
     それはつかの間の微睡みに、刹那の夢見し安逸の場-----

     そして止まり木とは.....
     それは夜の帳に覆われた街に、ひっそりと佇む静穏の酒場-----

     さて.....  今宵、その止まり木に訪れし方は-----



氷を入れたロック・グラスが、軽くステアされる音.....
やがて-----


マスター 「お待たせ致しました... どうぞ」

女    「どうもありがとう...(ゆっくりと一口)... 美味しい...
      ここで飲むお酒って、何だか少し違う... 」

マスター 「ありがとうございます... ですが、そのお酒はどちらで口にされても、同じ味だと
      思いますが... ]

女    「それが違うんですよ... 微妙に」

マスター 「と、申されますと...?」

女    「このドランブイ... 確かにどこのバーでも同じボトルで同じ味がするはずなんだけど
      少しだけ違うことがあるような気がする... 」

マスター 「少しだけ違うこと...?」

女    「それはきっと... このお店の雰囲気のせいかな... 」

マスター 「雰囲気... 」

女    「こうしてカウンター越しに女が一人でグラスを傾けてても、ちっともおかしくなくて...
      それでいてゆっくりとお酒が飲めるこの店の雰囲気が、どこでも同じはずのお酒の味を
      より一層引き立ててるような... そんな気がするんです」

マスター 「そうでしたか... お褒めに与り光栄でございます... 」

女    「これはやっぱりマスターのせいでしょうね、きっと」

マスター 「わたくしの、ですか...?」

女    「そう... 普通、お店の雰囲気なんてそこで働く人の色合いで決まるものだと思うの... 」

マスター 「少なからず、仰るとおりかもしれませんね... 」

女    「だからこの店の雰囲気イコールそれは、マスターのカラーってことになるんじゃないかと
      そう思うんです... 」

マスター 「そうですか... 何かしら説得力がおありですね... お客様のお話には」

女    「すみません... 仕事柄、ついつい思ったこと口にしちゃう癖がついちゃって... 
      聞き流して下さい、マスター... 」

マスター 「いいえ、お気になさらないでください... お客様の貴重な声を聞かせて頂いているの
      ですから... 」

女    「そう云って頂くと助かります... 実は私、ルポライターやってまして... 」

マスター 「ルポライター... そうでしたか... 」

女    「それでって訳でもじゃないんですけど、物事に対して正確にかつ忠実に判断して
      事実を広く知らしめる... そんな思考回路が身についちゃってるんですよね... 」

マスター 「それで... それなりの見識と含蓄を持ち合わせていらっしゃるというわけですね... 」

女    「いいえ... そんな大したものは持ち合わせてはいませんよ... ただ... 嘘やお世辞
      なんかで、ものは云わないことだけは確かですけどね」

マスター 「失礼ながら... お客様はきっと... 真っ直ぐな方なんですね... 」

女    「?... それはどういう意味でしょう?」

マスター 「何事にも囚われることなく、素直な気持ちで物事を見れる... お客様はそんな方では
      ないかと思いまして... 」

女    「この場合は、お世辞として聞くべきなんでしょうか...?」

マスター 「及ばずながらわたくしも、嘘とお世辞とは、うまく付き合えない方でして... 」

女    「(少し笑って)さすがですね... マスターは」

マスター 「恐れ入ります... 」


女、ふと腕時計に目をやり-----


女    「(呟くように)...にしても、遅いな... 」

マスター 「お待ち合わせでしょうか...?」

女    「エエ... そうなんですけど... 」


店のドアが開く-----


マスター 「いらっしゃいませ... 」

男    「今晩は、マスター... 」

マスター 「...先生...?!」





- Recommended menus -

posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。