2011年07月03日

information - 2 -


今宵も「バールサンドリオン」へお越し頂き、誠にありがとうございます...

ここで皆様にお知らせがございます。
このブログでご紹介させて頂いた「ギムレットの誘惑」(2011-06-11〜15)が
「風見鶏の街から」というar_k_様のブログにて、当時のO.Aされた音声で紹介されて
おります。

タイトルは「ギムレットの嫉妬」となっておりますが、一度お聞き頂ければ幸いです。

それでは... よろしければ、どうぞこちらへ -----

http://blog.livedoor.jp/ar_k_-bar_cendrillon/


posted by マスターの知人 at 12:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bar friend 〜 希 望 〜 -scene:3-


静かに語ることが弱いわけじゃない...
むしろ力強いかもしれない---

綺麗ごとを云ってる訳でもない...
ただ素直に感じたことを伝えてるだけ---

心のアクシデントで出逢った男と女には
そこに偽るものは何もなかった---

ただあるのは...
互いの声と匂いと、その存在だけ...


そんな情景に、今宵交わされる会話は-----



   女 「私、思うんですよね... 季節にも色々あって、輝いてる時期やどうしようも
      なく淋しい時期があるんだなって... 」

   男 「どうしてそう?」

   女 「今朝、何気なく窓から空を見てたら、風が光ってて雲が眩しく感じて、ああ
      この時期はみんな輝く季節なんだなって... 何となくそんなふうに感じて... 」

マスター 「素敵ですね... そういう心持ち... 」

   男 「ここしばらく... そんな感覚、忘れてるな... 」

   女 「人にもきっと... それぞれに輝く季節がありますよね... 」

   男 「人にも、か...」

   女 「多分それって... 
      初めて人を好きになった時にも似て、その人の言葉や瞳は眩しくてその瞬間
      輝いてる... 」

   男 「たとえばそれは ...
      ファーストキスの時や愛する人と一緒になった時のように...?」

   女 「そうですね... そんな感じでしょうね... 」

   男 「なるほどな... でもどうしてそんな時、人は輝くんだろ... 」

   女 「きっとそれは... そこには希望があるから... 」

   男 「希望...?」

   女 「どんな時にも、どんなも事にも... 人は希望を持てるから... だから輝けるん
      じゃないかなって... 」

   男 「希望ね... 俺の場合は今... 逆に色褪せてるな... 」

マスター 「そうでしょうか... どんな些細なものにでも、人は希望を持てると思うのです
      が... 」

   男 「些細なものにでも... 」

   女 「その人にしかない些細なもの... その人にしか判らない些細なもの... 
      それだけで輝ける瞬間が生まれる... そう思いませんか? マスター」

マスター 「そうですね... 
      少なくとも人々が皆平等に、明日という時間を迎える事ができる限り ...
      希望が絶えるこということはないと思います... 」

   男 「明日への希望か... 」

   女 「そう... 
      こんな私でも、そのささやかなものを信じて頑張ってるんですから... 」

   男 「ささやかなものって... ?」

   女 「それはルール違反... 」

   男 「エ?」

   女 「野暮なことは聞いたりしない... それがマナーです... 」

   男 「そっか... そうなんだ... (少し笑う)」

   女 「素敵ですよ... その方が... 」

   男 「エッ...?」

   女 「やっぱりそれなりに、楽しく飲む方がいいですよお酒は... 
      ねえ、マスター」

マスター 「そうですね... 」


   男  彼女の笑顔は素敵だった...
      彼女の声は爽やかだった...
      そして彼女のその瞳は... 確かにあの時輝いていた---

      その夜をきっかけに、彼女とのバー・フレンドとしての関係が始まった-----


マスター  これがちょうど... 半年程前の、この店での出来事でした-----




posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。