2011年06月20日

止まり木 / 第一夜 -scene:final-


   --- 止まり木とは.....
     それは流離い飛ぶ鳥の、翼休めし静寂の場-----

     また止まり木とは.....
     それはつかの間の微睡みに、刹那の夢見し安逸の場-----

     そして止まり木とは.....
     それは夜の帳に覆われた街に、ひっそりと佇む静穏の酒場-----

     そして今宵、その止まり木で-----



   女 「そうですか... そんなことを... 」

マスター 「そのような話をされながら、よくこのバーボンを口にされておられました... 」

   女 「かけがいのない存在... そうでしたね、確かに... 」

バーテン 「え... ?」

   女 「いえ... それよりその人は、いつもどの辺りに座ってたんでしょうか... 」

バーテン 「はい... いつもこのカウンターの端辺りで、じっくり味わっておられましたが... 」

   女 「そうですか... 」

バーテン 「何か...?」

   女 「すみませんが... あちらへ移ってもいいでしょうか...?」

マスター 「はい... どうぞご自由に... 」


そう云って、その女性は席を移った...
カウンターの端辺りへ-----


バーテン 「そう云えばマスター... あの方、ここしばらくお見えになりませんね... 」

マスター 「確かにそうね... 」

バーテン 「もし今夜辺りお見えになれば、さぞかし驚かれるでしょうね...
      何しろ、溺愛のメーカーズマークをオーダーされる方が、もう一人現れたん
      ですからね... 」

マスター 「そうでしょうね...
      でも、もう... お見えになることはないでしょうね、きっと... 」

バーテン 「エ?」

   女 「このバーボン... とても美味しいわよ、あなた...
      これならもっと早く、一緒に飲めばよかったわね..... 」






- recipe -
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。