2011年06月17日

止まり木 / 第一夜 -scene:2-


   --- 止まり木とは.....
     それは流離い飛ぶ鳥の、翼休めし静寂の場-----


このマスターのメッセージに、翼休めし迷い鳥は...
今宵、何を求めこの止まり木へ-----



バーテン 「ご注文は、いかがいたしましょう...?」

   女 「あのう... ウイスキーをいただけますか?」

バーテン 「ハ? ハイ... 何かご指定のものはございますか?」

   女 「銘柄...?」

バーテン 「はい... ウイスキーにも色々と種類がございまして、スコッチ、アイリッシュ
      カナディアン、アメリカン、そして国産物と概ね5つのタイプとなるのですが... 」

   女 「そんなに種類があるんですか... 」

バーテン 「それぞれにおのおのの特徴がありますので、お好みのものをご指定頂ければと
      思いまして... 」

   女 「そうですか... でも私... 」

バーテン 「...どうかなさいましたか...?」

マスター 「失礼ですが、お客様..... もしかしてウイスキーを口にされたことがないのでは?」

   女 「エ? エエ... 実はそうなんです... 私、元々お酒は駄目な方で..... 」

バーテン 「それでしたら... カクテルにでもなさった方が... 」

   女 「いいえ、それには及びません... それより私、どうしてもウイスキーを飲みたいん
      です... 」

バーテン 「ハァ... 」

マスター 「あくまでもウイスキーに拘られるのですね... 」

   女 「今夜だけはどうしても... 私、飲みたいんです..... 」

マスター 「... 余程のご事情なんですね... 」

   女 「いいえ... そんな大した理由でもないんです... ほんの些細なことなんですよ...
      ほんの些細な... 」

マスター 「... 承知いたしました」

バーテン 「マスター...」

マスター 「それでは、そのお飲みになりたいウイスキーですが、何でもよろしいのでしょうか?
      それとも銘柄か何かをご存知ではないでしょうか...?」

   女 「そういえば... 確かメーカーズだとか何とか... 」

バーテン 「それなら多分、メーカーズマークのことじゃないでしょうか?」
  
   女 「そう... そんな名前だった... メーカーズマーク... そう、それです」
  
バーテン 「しかしそのメーカーズマークにも色んな種類があるんですが... 」
  
   女 「それは... ゴールドタイプと聞いた気がします... 」

マスター 「おそらくそれは、ゴールドトップのことでしょうね... 」

   女 「メーカーズマーク、ゴールドトップ.... そうです... それに間違いないわ...」

バーテン 「かしこまりました... 今、ご用意いたします...」


ロック・グラスにランプ・オブ・アイス... つまり握りこぶし大ぐらいの氷が入れられ
そこへゆっくりとバーボンが注がれる-----


マスター 「それにしましても... お酒を召し上がらないお客様が、よくご存知でしたね...
      こんなお酒を」

   女 「いいえ... 私が知ってたわけじゃないんです... これは受け売りなんですよ... 」

マスター 「だとすればその方は、余程バーボンのお好きな、かなり通のかたですね... 」

   女 「そうですね... 確かにお酒が好きな人ですね... 」

バーテン 「お待たせいたしました... どうぞ」


彼女の前に、グラスが置かれた-----


   女 「どうも... 」

バーテン 「失礼ながら... 元々はお酒は飲まれないとお聞きしましてので、水割りでお出ししようかと
      思ったんですが、それではこのお酒の折角の味わいが半減いたしますので、あえてオンザ
      ロックでご用意いたしました...
      ですので、もしお口に合わないようでしたら、その時にはお申し付け下さい... 」

   女 「それはどうも... ありがとうございます... 」

マスター 「こちらが、バーボンウイスキーの逸品と云われるメーカーズマークのゴールドトップで
      ございます... 」

   女 「これがそうなのね... いい香りがする... 」


彼女はゆっくりと、一口----


マスター 「いかかでしょうか... お味の方は...?」

   女 「... こんなに... こんなに美味しいなんて... 」




- Recommended menus 1 -
- Recommended menus 2 -

- Recommended menus 3 -
- Recommended menus 4 -



posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。