2011年06月16日

止まり木 / 第一夜 -scene:1-


この話は、マスターの...
こんなメッセージから始まった-----



   --- 止まり木とは.....
     それは流離い飛ぶ鳥の、翼休めし静寂の場-----

     また止まり木とは.....
     それはつかの間の微睡みに、刹那の夢見し安逸の場-----

     そして止まり木とは.....
     それは夜の帳に覆われた街に、ひっそりと佇む静穏の酒場-----

     さて.....  今宵、その止まり木に訪れし方は-----


辺りに響く、ヒールの音.....
その夜、一人の女性が想いを馳せていた-----


回想-----


   男 「どうやら俺は、お前を不幸にする男だったな... 」

   女 「どうして...?」

   男 「一緒になって15年... 何ひとつ、まともなことしてやれなかったからな... 」

   女 「何言ってるのよ、今更... そんな柄にもないこと云って」

   男 「そうかな... おかしいか? 俺がこんなこと云うと」

   女 「少なくとも、額面どおりには聞こえないわ」

   男 「(少し笑い)それじゃ一体、どういう風に聞こえるんだ?」

   女 「そうね... 何か下心ありって感じのセリフに聞こえる」

   男 「おいおい... そういう解釈はないだろう... 」

   女 「でも、そう聞こえてよ。何しろいきなりそんなこと云いだすんだから」

   男 「そりゃ確かにそうかも知れないけが... でも本心なんだ... 絶対嘘じゃない」

   女 「またそんなこと云ってる... 何だかあの頃、想いだすな... 」

   男 「あの頃... ?」

   女 「あなたが私にプロポーズした時のこと」

   男 「え? どうしてまたそんなこと... 」

   女 「だってあの時もあなたは今みたいに、柄でもない気障なセリフを淡々と、私に
      云ってたんだもの... 」

   男 「そうだったかな... 」

   女 「俺はお前と出会った時から、こいつしかないと思ってたんだ... 本心なんだ
      嘘じゃない... だから一緒になってくれって... そう云ったのよ、あなたは」
 
   男 「よく覚えてるな... そんなこと」
 
   女 「当然でしょ... 自分の人生を捧げた人の言葉なんですからね... 」

   男 「人生を捧げた人か... 」

   女 「そうよ...
      だから私はどんなことがあっても、決して不幸じゃないのよ... 」

   男 「こんなウダツの上がらない男と暮らしててもか...?」

   女 「それが全てじゃないでしょ... 男と女って... だって夫婦だもの... 」

   男 「..... 」

   女 「でもひとつだけ、不幸なことがあるかもね... 」

   男 「... 何だ?」

   女 「あなたと一緒にお酒が飲めないこと... それだけかな、あえて云うなら不幸って」

   男 「そうか... 確かにそうかもな... お前はホントに呑めないからな... それだけが
      玉にキズだな... 」

   女 「本人目の前にしてよく云うわね... まったく... 」

   男 「でも... そんなお前と酒を呑むことが、今の俺の夢かもしれないからな... 」

   女 「え...?」


不意に雨が降り出した...
辺りを覆い尽くすような、この季節のには少し珍しい冷たい雨...


   男 「いや、本当さ... 出来るならお前と一緒に飲んでみたいもんだ...
      そう... どうせならあの酒をあの店で、呑んでみたいな... 」


次の瞬間、彼女はその想いから解き放たれ.....

ヒールの音が止まった-----


   女 「バール、サンドリオン..... 」


彼女がそのドアを開いた.....


マスター 「いらっしゃいませ、ようこそ..... 」






[ Message ]
posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。