2011年06月11日

ギムレットの誘惑 -scene:1-




         誘惑 .....

         それは心を迷わせ、戸惑い、誘い込まれること...
         そして、心がおびき出されること...

         時として人は、それによって悲しみ...
         それによって喜びに浸る...

         さて、今宵の彼女は果たして-----



女(Na)  ここではない、どこか遠くへ... そう思いながらたどり着いたのが
      この街だった---

      当たり前のように横たわる青い地平線は私の心をやさしく包み込み
      微かに潮の香りを含ませた風は私の耳元で静かに囁く...

      やはりここが、私の終着駅なのだと....


         そう物思いに耽る彼女の手元でグラスが倒れた -----

         グラスの割れる音-----


女    「アッ、ごめんなさい...」

マスター 「いいえ、お気になさらずに ... それよりお召し物は大丈夫でしょうか?」

女    「ええ ... 私の方は何とも ... 」

マスター 「お飲み物はいかがいたしましょう ... 同じものでよろしいでしょうか?」

女    「そうね ... すみません ... そうしていただけますか」

マスター 「かしこまりました」


         マスターは手際よくカクテルを作り出した -----


女(Na)  3年前の夏... 
      確かに終りを告げたはずのあの人への想いは、私の胸の中で今日まで色褪せる
      ことはなかった...

      そう...
      彼と言う名の別の男性がいつもそばにいてくれていたにもかかわらず-----

     「所詮、私には無理たっだんだ... あの人を忘れれてしまうことなんて... 」

      そんな台詞を自分で口にした瞬間から、私は彼との距離を感じはじめ
      日に日にその距離は広がっていった。

      そして私は、彼の元から旅立った...
      自分に素直に生きるため-----


         グラスにカクテルが注がれ、差し出された---


マスター 「お待たせいたしました... どうぞ」

女    「ありがとう ... 」


         彼女はゆっくりと一口飲み...
         それから、微かなため息をついた...


マスター 「 ... お疲れのご様子ですね ... 」

女    「エ ...? そんな風に見えます?」

マスター 「失礼ながら ... お元気がないようにうかがえますので... 」

女    「そうかもしれませんね...
      大事なカクテルグラス、割っちゃったんですものね...
      疲れてるのかな、やっぱり... 」

マスター 「物思いにふけられる方にはよくあることです。それに.... 」

女    「それに?」

マスター 「そんな時には、決まってグラスのカクテルは嫉妬しています... 」

女    「嫉妬...?」

マスター 「本当の自分を、知ってほしいと ... 」

女    「本当の自分?」

マスター 「カクテル一つ一つにも名前があり、それぞれに色んな味わいがある ...
      その中からわざわざ自分をオーダーしたのなら、その味わいをしっかり
      嗜んでほしいと ... カクテルが嫉妬するんです... 」

女    「それって... おもしろくて、それでいて説得力のあるお話ですね、マスター」

マスター 「そうおっしゃって頂くと、幸いです... 」

女    「それじゃ差し詰め私の場合は、ギムレットの嫉妬かな... 」

マスター 「アルコールの強いカクテルですから、嫉妬深いかもしれませんね... 」

女    「ギムレットは嫉妬深いか... あの人も、やっぱりそうなのかな... 」

マスター 「 ... エ ...?」



posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。