2011年06月07日

Live




マスター  今宵も、ここ「バールサンドリオン」へようこそ.....

      ここでお越しいただいた皆様にお知らせがございます....
      それは...

      今夜より、あの懐かしき「 barcendriillon 」のナレーションを聴いて
      頂けるようになりました...
      ar:k様からのご好意によるものです... 改めて心より感謝致します.....

      お客様におかれましては、どうぞあちらの【opening】のお席にて
      お楽しみ下さいませ。

      それでは...
      今宵もどうぞ、ごゆっくりと -----


posted by マスターの知人 at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ア‐ラ‐カルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時 間 -scene:3-




         時間を止める.....
         時間が止まる.....

         人は時に対して色んな想いを寄せる.....
         このままでいたいとか、いたくないとか.....

         身勝手な想いばかりを気分次第で願ったりする.....
         だからこの店では時計が止まっているのかも.....

         そして彼の時間は...

         彼はタバコに火をつけ、ゆっくりと一口喫い -----


男    「マスターはあいつを知らないから、そう思うんですよ...
      それに、あいつはそんなデリケートな女じゃない..... それは一番オレが
      よく知ってること....
      どうせいつものようにオレの気を引こうと、くだらないこと並べ立てて
      言ってるだけなんですよ... いい訳代わりにね」

マスター 「そうでしょうか... 」

男    「じゃマスター... 仮にマスターの言う様に、プロポーズの事があいつにとって
      真剣な話だったとしましょう。
      それで一応、一番身近にいるオレに話す場合、普通に考えても真面目な口調で
      真剣に相談するものだと思うでしょ?」

マスター 「そうですね... 」

男    「でももうそこから、普通じゃないんですよ、あいつの場合はね」

マスター 「と、おっしゃいますと...?」

男    「まずね... やたら明るく伸び伸びと、このオレに話してくれるんですよ。
      それもすごく嬉しそうに、どうしたらいいのかな〜ってね。
      何をどうとってみても悩んでる様子なんて欠片もない... むしろ逆に疑いたく
      なるほど... この女はホントにオレと付き合ってる女なのかなって... 」

マスター 「彼女の... 精一杯の強がりじゃないでしょうか... 」

男    「強がり? それって、誰に対して何のための強がりなんでしょうか? 一体」

マスター 「... 今までの自分に対して、彼女なりのプライドがそうさせたのでは... 」

男    「確かにプライドめいたものは持ってますよ、あいつなりのね...
      でも、ちっとも可愛くないものばっかり...
      人前では泣かないとか... 待ち合わせで10分以上は待たないとか...
      そんな自己中のプライドなんかゴメンですよ... 」

マスター 「多かれ少なかれ、人は誰でもそんな一面があるように思いますが... 」

男    「それでもあいつの場合は特別... 可愛くなさ過ぎる... 」
マスター 「きっと... ほんの少しだけ... 自分に素直になれない方なんですよ、彼女は」

男    「... 素直になれない、ね... 」

マスター 「ですから、改まった形でお話されないんだと思います... きっと」

男    「...そんなもんですかね... 」


         彼はゆっくりとカクテルを口にした.....

マスター 「いえ... もしかすると彼女の場合は..... 話さないのではなくて話せないのかも
      知れませんね... 」

男    「どういう意味なんです? それって」

マスター 「...本気で揺れてるからだと思います... 」

男    「本気で揺れてる...?」

マスター 「彼女の心が、今..... 」





posted by マスターの知人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。